注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

【号外】投資顧問ベストプランナーで騰落率503.7%!売買を分析

 | 0件のコメント

 

投資顧問ベストプランナーで驚愕の騰落率での売買が行われました。

買いの推奨から503.7%上昇し942万円の利益が確定したALBERT(3906)です。マスタープラン(50万円)で推奨されたため、利益から50万を差し引いても純利益892万円。

今回は号外として「売買のタイミング」「急騰の背景」を分析したいと思います。

 

投資顧問ベストプランナー ALBERT(3906)の検証

3月8日に推奨のALBERT(3906)が、500%強の株価騰落率で取引完了しました。

銘柄名   :ALBERT(3906)

推奨日買値 :2018/03/08 1,870円

推奨日売値 :2018/09/14 11,290円

騰落率   :+503.7%上昇

利益確定額 :+9,420,000円

 

株式会社ALBERT(アルベルト)HP

株式会社ALBERT(ALBERT)HP

ALBERTは、AI、ディープラーニング技術活用したビッグデータ分析を主幹事業としている企業で、自社開発のアルゴリズムを有しています。

ALBERT(3906)の業績を確認する

主幹事業はデータソリューションで、ビッグデータ分析によるビジネスモデルの提案、精度評価などを受託。また、前衛的に提案したビジネスモデルのロードマップを描くためのコンサルタント業務も担っています。

具体的には、顧客ごとに設計したアルゴリズムをシステムとして実装し、AIによる最適化や予測等を自動化した上でクライアント企業に提供。さらには、クライアント企業内におけるデータサイエンティスト候補者育成のための育成支援も行っています。

 

この時の直近の決算発表は、2017年12月期の通期決算となりますね。 内容としては、前年同期比で小幅な増収となるも経常損失は拡大。

しかしこれは、AI やIoT領域への本格参入、並びに事業拡大を視野に入れた積極的な研究開発と人材投資を推進していたため、想定内であるとしています。

2018年12月期に対しても、アルベルトの得意領域である先端技術を活用したビッグデータ分析に注力する事を挙げており、売り上げ予想は前年同期比で37.6%の増収。

利益に関しては、自社プロダクト開発における研究開発コストのさらなる最適化を前提とした、データサイエンティストの育成スキームの増強、ならびに人材採用施策に向けた投資を実施する計画を立てているとし、各利益部門共、黒字転換が見込まれています。

ALBERT(アルベルト)業績推移

ALBERT(アルベルト)業績推移

アルベルトはその事業内容から莫大な開発費と人件費が掛かりやすい企業でもあります。

 

ALBERTの事業内容は、昨今の株式市場でもまさにテーマとされるワードを多く含んでいますね。

 

セクターという点だけ抽出してみても、投資顧問ベストプランナーは良質な銘柄を選定していると言えます。

 

投資顧問ベストプランナーが、ALBERTを会員に推奨したのは今年の3月です。

まだまだ途上の会社であるため、業績が赤字になのも驚くことではないですが、その分今期の黒字予想はそれだけ市場の期待を煽ることになります。

 

投資顧問ベストプランナーは、そのような市場背景に目を付けたのではないでしょうか。 今まで通り、その洞察力は流石です。

 

それではALBERT(3906)の分析ポイントはこちら。

POINT

1:大手自動車メーカーと提携の好材料!

2:市場の思惑とサイクルの分析

3:最良の売り判断

ひとつずつ具体的に解説していきます。

 

1:大手自動車メーカーと提携の好材料!

元々、ALBERTは低位株でしたが2月14日に発表された2018年12月期の通期決算の発表により一段階ゾーンを上げています。

特に3月8日は、2月後半の上値を超え年初来高値を付けました。

ALBERT(アルベルト)チャート

ALBERT(3906)チャート

この前日に株価は一目均衡表の転換線も上抜けており、投資顧問ベストプランナーはこの動意を見逃さなかったという事でしょう。

 

本格的な動意を見せたのは5月16日からですが、この日はトヨタ自動車がALBERTと提携した自動車運転用「AI」開発に4億円を出資する事が報じられた日です。

20180515ニュースリリース

20180515ニュースリリース

投資顧問ベストプランナーは、恐らくこの材料が出ることを承知で低位の内に購入推奨を利用者に行ったのでしょう。

 

「早すぎる」という意見もありますが、この材料が出るまでもALBERTの株価推移はしっかりしたものだったので、むしろその間の利益も含むことができたと言えます。

 

 

2:市場の思惑とサイクルの分析

投資顧問ベストプランナーが売り判断をした9月14日までに、ALBERTの株価は上昇しつつも大きく波打っています

 

動意が顕著になってきたのは5月に入った辺りからですが、その後ALBERTの株価はサイクルに沿った推移を見せています。

ALBERT(アルベルト)チャート2

ALBERT(アルベルト)チャート2

一つ目のサイクルの終点が7月17日ですね。本来であれば、このサイクル内の高値を付けた6月25日に売り推奨しても良いと思われるところです。

この時点で株価は既に、買い推奨時から5倍を超えています。

 

しかし投資顧問ベストプランナーは、7月17日が雲の下支えにより押し目となり、次のサイクルに移行することを見通していたのでしょう。

後にそれが、遅行線が実線に交わる寸前であったことからも合点がいきます。

 

そして現実のものとなるわけですが、サイクルの終盤になっても6月25日の高値を超えずにいたところ、8月30日の急騰で突破となりました。

投資顧問ベストプランナーは、緩やかな2回目のサイクルの上昇に、買いのエネルギーが溜まっていたことまでも見込んでいたのかも知れません。

 

 

3:最良の売り判断

9月14日は8月30日の急伸の調整幅を差し引いた分が、8月30日の高値から加算された位の水準で陰線が出ています。

 

サイクルの一端の終了とも取れるため、投資顧問ベストプランナーは売り判断を行ったのでしょう。

 

この時点で含んでいる利益の大きさと、調整地合いに入る可能性を考慮したら最良の判断と言えるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

投資顧問ベストプランナーは、利益を伸ばすことに長けていることを過去の検証でも実証してきましたが、その際にも数多くの要素を包括して判断していることを思い知らされました。

 

6ヶ月間で942万円利益確定のコストパフォーマンスは申し分ないでしょう。

 

毎度投資顧問ベストプランナーの分析力・判断力には驚かされます。ALBERTに次ぐ急騰銘柄を事前に仕込みたい投資家の方は、業界No.1の実力を試すことをおすすめします。

 ベストプランナー 公式サイト

 

サイト名 投資顧問ベストプランナー
URL http://best-pln.com/
アナリスト名 高見 英治
利用料金 50,000円~
運営会社 株式会社スマートアセットマネジメント
所在地 東京都中央区新川1-28-33 Glanffice2F
運営責任者 高見 英治
メール info@best-pl.com
電話番号 03-6231-1509
金商 関東財務局長(金商)第2767号

コメントを残す

five × 2 =