注目のキーワード サンバイオ ニチダイ 株探

マスターズトレードの推奨銘柄を分析。損切り多発?【口コミ殺到】

 | 25件のコメント

マスターズトレードの情報の質がひどいと2chなどでも話題になっています。

「そんな急なタイミングで売れない」「そもそも買い日が高値日だった」といった口コミ評価が非常に目立ちます。

私もこれまでの推奨銘柄を分析しましたが、現実的には難しい売買指示などが浮き彫りになり、怖い投資顧問なのかもしれない印象を持っています。

シェアテクノロジー(3989)の分析

マスターズトレードからは、登録すると毎日メルマガが送られてきます。

その中には「本日のデイトレ銘柄」という無料推奨サービスがあります。今回はその中に掲載がされていた、シェアテクノロジー(3989)を分析していきたいと思います。

マスターズトレード

銘柄名 シェアテクノロジー(3989)
買い推奨 2017年11月20日/2,356円
シェアテクノロジー(3989)の業績を確認する
マスターズトレード シェアテクノロジー(3989)業績推移

シェアテクノロジー(3989)業績推移

2016年度はインターネット業界において、スマートフォンを柱にインターネット普及率、インターネット広告市場は、引き続き順調な成長が見込まれています。

マスターズトレード シェアテクノロジー(3989)HP

シェアテクノロジー(3989)HP

このような状況の下、シェアテクノロジーは、バーティカルメディアサイトの運営においてコンテンツ強化や、更なるサービス提供範囲の拡充等による既存事業の継続的な強化、及びポータルサイトである「生活110番」のコンテンツ強化等による新たな成長基盤の確立に取り組んできたと主張。

以上の結果、当事業年度の業績は、売上高は1,754,467千円(前事業年度比53.7%増)、営業利益は400,603千円 (前事業年度比602.8%増)、経常利益は389,928千円(前事業年度比598.7%増)となりました。また、当期純利益 は268,128千円(前事業年度比1153.4%増)となっています。

マスターズトレード シェアテクノロジー(3989)決算

シェアテクノロジー(3989)決算

2017年度においても、スマートフォンを柱として、インターネット普及率、イ ンターネット広告市場が引き続き成長することが予想されています。

このような市場環境の中、シェアテクノロジーは、バーティカルメディアサイトのコンテンツ強化や、更なるサービス提供範囲の拡充等による既存事業の継続的な強化、及びポータルサイトである「生活110番」のコンテンツ強化を継続するとともに、新規事業への積極的な投資を行うことで、企業価値向上に尽力していく方針。

以上より、売上高3,189,547千円(当事業年度比81.8%増)、営業利益469,473千円(当事業年度比17.2%増)、 経常利益450,000千円(当事業年度比15.4%増)、当期純利益326,887千円(当事業年度比21.9%増)を見込まれています。

逆張りでも良かった局面

シェアテクノロジーは、水回り修理、害虫駆除など生活サービスのマッチングサイトの運営を行っている企業です。施工完了後の成果報酬で稼ぐスキームを採用しています。

マスターズトレード シェアテクノロジー(3989)株価

シェアテクノロジー(3989)株価

マスターズトレードがシェアテクノロジーを買い推奨した2,356円は、直近で見ると2017年11月20日です。

この日の株価推移は明らかに動意の発生と見られます。11月15日に波の下限を付け、20日は25日移動平均線から一気に3σボリンジャーバンドに到達しています。

これが、マスターズトレードの買い判断の要素だったのでしょう。

しかし、以前の推移から考察すれば、11月13日の急伸が今後の上昇サインとも取れます。したがって、その後の下降で25日線に到達した11月15日か16日の逆張りを行っても良かったと思われる局面です。

利益確定は出来た?

ただ、マスターズトレードの推奨はデイトレなので、11月20日のような1日の値幅が広い日は打ってつけでしょう。特段の材料による躍進ではないため、立ち合い中に買い判断を行ったのだと思います。

推奨時の価格である2,356円は、11月15日の高値を上抜け1σボリンジャーバンドを上抜けた水準です。これを確認しての買い判断だったと考察され、3σの水準である2,500円まで、160円ほどの利幅を狙ったのでしょう。

無料推奨銘柄なのでマスターズトレードは売り推奨を行わないでしょうが、利用者が自身の判断にてここから当日中に利益確定するのは非常に困難かと思われます。

さらにもし2σの水準で売りが入ってきたりしていたら、そこも当てられません。リスク判断とデイトレにする必要はなかったのではないか?という考えも浮かびます。

インフォテリア(3853)の分析

今回は銘柄実績の中から、インフォテリア(3853)を分析します。

インフォテリア(3853)は、ソフトサービスを担っている企業です。

銘柄名 インフォテリア(3853)
買い推奨 2017年5月29日/870円
売り推奨 2017年6月1日/1,243円
騰落率 175%
インフォテリア(3853)の業績を確認する
マスターズトレード インフォテリア(3853)業績推移

インフォテリア(3853)業績推移

2016年度の経営概況は、まず日本国内においては、主力製品「ASTERIA」において売上をさらに伸ばすことに尽力しつつ、インフォテリアグループが得意とするクラウド、スマートデバイス製品「Handbook」においてマーケティング活動に注力、さらにIoT製品として「Platio」の出荷開始など、積極的な事業展開をしていました。

マスターズトレード インフォテリア(3853)HP

インフォテリア(3853)HP

その結果、売上収益は前期比2.1%増、営業利益は10.5% 増、税引前利益は19.2%増、親会社の所有者に帰属する当期利益は、76.5%増となっています。

2017年度は、売上収益が前期増減率:60%増、 営業利益が36%増、 税引前利益が35%増、 当期利益が22%増とインフォテリア側は予想していますが、アナリストのコンサンセスでは、より大きな増収、増益が見込まれています。

話題銘柄なのにチェックが甘かったのでは?

マスターズトレードからのメールの買い推奨値870円を推移しているのは5月29日。

売り推奨値1,243円を推移しているのは6月1日となっており、この日は、上昇の高値を付けた日となっています。

マスターズトレード インフォテリア(3853)株価

インフォテリア(3853)株価

買い推奨を行った5月29日は出来高が急増しているため、動意発生として判断できたでしょう。

しかしその2営業日前に出来高は増えており、かつ5月12日の高値を超え、75日移動平均線も上抜けています。

したがって、買い判断を行うのに5月29日は遅かったのではないかと考えられます。

もっともマスターズトレードが5月29日までインフォテリアに対しノーマークだったのかもしれませんが、インフォテリアはこの時期、サイバーステップ等と並んで話題になっていた銘柄です。

それをノーマークだったとなると、マスターズトレードのチェックの甘さを感じます。

もう一段上昇が見込めたのにされた売り推奨

売り推奨についてですが、6月1日は下値水準から株価が概ね2倍の水準まで上げています。

もちろん一旦の上昇の終わりですので、ここで売り仕切ることは良いと思いますが、この6月1日までの上昇の間はほとんど押し目もなく一本調子で上がっています。

薄商いの瞬間的に急騰する銘柄とは性質も異なるため、次の上昇があると目論むのが普通でしょう。上昇からの調整期間もサイクルにほぼ合っています。

また、6月1日までの上昇幅と、その後の高値更新時の上昇幅は概ね同等なので、もう一段の上昇があったということになります。

実際に短期スタイルの投資顧問ではこの期間インフォテリアを回転させている業者も多く、もしマスターズトレードが6月1日のみの取引で完結していたとしたら、このような値動きをする銘柄に対する目論見が甘いのではないかという印象を持ってしまいます。

リミックスポイント(3825)の分析

マスターズトレードの推奨実績にある、リミックスポイントを見てみましょう。

リミックスポイントは、4月から6月にかけて株価が7倍にもなった2017年上半期の急騰銘柄として非常にメジャーです。

多くの投資顧問でも推奨していますが、今回はマスターズトレードでのリミックスポイントの推奨銘柄を検証してきたいと思います。

マスターズトレード リミックスポイント(3825)

リミックスポイント(3825)

推奨前後のリミックスポイントの株価は?

リミックスポイントは、元々中古車査定システムの開発などを手掛けていましたが、現在は主力を売電事業に移しています。2016年度は赤字となりましたが、2017年は黒字転換予想とされています。

マスターズトレード リミックスポイント(3825)HP

リミックスポイント(3825)HP

そもそもリミックスポイントの上昇は、関連会社であるビットポイントが仮想通貨の大口OTC(相対)取引に関するサービスを強化すると発表されたことによるもの。

1月6日に最新の仮想通貨取引システムの事業者向け提供開始の発表に続く好材料として注目され、かつビットコイン相場の急騰も後押しをしたと見られています。

なぜ買い推奨値を正確に表記しないのか?

マスターズトレードが推奨した買い推奨日は5月2日となっていますが、この日は、前日に動意が見えた後の陰線で終るも下値の堅さが見受けられています。

マスターズトレード リミックスポイント(3825)株価

リミックスポイント(3825)株価

気になるのが上記の推奨値がアバウトということですが、これは何か意図があるのでしょうか。

上昇の目論見が甘い?

売り推奨日は6月9日となっています。二日前から見て、三空になりそうな気配があるのと、出来高が減少傾向であったため、そこを懸念したのでしょうか。

利益は確保できているでしょうが、当日は高値引けとなっているので、当日の動きから鑑みてもまだ上昇があることもうかがえ、かつ、縦軸の波動では、丁度1750円辺りまでの上昇を目論むこともできたと思えます。

したがって、この売り推奨日に対してはあまり高い評価は出来ないと考えます。

マスターズトレードの基本概要

マスターズトレード HP

HP

マスターズトレードは、以前から名前は聞くもののサイトを丸々リニューアルすることが見受けられます。

また、サイト内には「金融庁登録の投資顧問だから安心」という文言がありますが、それは当たり前のことです。金融庁登録が無い時点で運営していること自体が、実質的な被害を及ぼさなくても詐欺行為に該当することがあります。

安心を謳おうとするその行為が、かえって裏目に出ていると感じます。

マスターズトレードのメルマガ

マスターズトレードに登録すると1日に5通程のメルマガが届きます。

概ねの内容は推奨銘柄の実績。それと大半が有料コンテンツへの誘導となっており、正直言って自分の投資のために活かせる情報が送られてくる訳ではありません

マスターズトレードの銘柄選定基準は、「資金が集中した時の値動き率が大きい」「業績が上がったときの伸びが大きい」「値動きのペースが速く短期間で利益が出やすい」という点に着目しているとのことです。

つまり、中小型株に特化するということであり、その短期急騰性によって「利益効率と安全性が高い」銘柄を抽出しているということになります。

マスターズトレードのように急騰が見込める中小型株を選定する投資顧問は評判が良くなりがちですが、反面、中小型株は買いのタイミングを間違うと、大きな損失を被るリスクもあります。

その見極めも、メルマガ内の情報を鵜呑みにするのは危険でしょう。

コラム提供者、濱村比呂史とは何者?

コラムの提供者と思われる「大和証券OB」を調べてみたいのですが、紹介などが無く誰だか分かりません。

別のサイトで調べると「濱村比呂史」という方らしいのですが、、その名前で再検索すると、下記のようなエピソードが出てきました。

マスターズトレード 濱村比呂史氏

濱村比呂史氏

ある中小企業の役員から退職金約2000万円の運用を頼まれた際、持田製薬の株にすべての資金を投げ入れ、短期間で1億円以上の利益を生む。同時にすべての顧客の資金も同銘柄に集中させ、大きな反響を得る。

独自の人脈から得る特殊な情報と素早い判断力で次々に同様の実績を積み上げ、その神がかり的な運用法からついた異名が「日本株大明神」。

また、どんな状況でも淡々と話す口調やその容姿から「利食い仙人」との異名も。中小型株をメインポートフォリオを組み、その銘柄がことごとく高騰する様は当時のご本人を知る証券マンの間で今も語り草となっている。

濱村比呂史氏の伝説的なエピソード

濱村比呂史氏が特に優れていた点として、1990年のブラックマンデー時のエピソードが挙げられる。

株式が下がれば債権が上がるのは今も昔も変わらないが、即座に100億もの資金をすべて株式から引き揚げ(損切)、それを全て債権に集中させるという素早い判断力、根性こそ濱村氏が伝説的存在として兜町で語り継がれている理由なのかも知れない。

・・そもそも、濱村比呂史氏は運用畑の方なのでしょうか。

上記の文章から考察すると、運用において相当な決裁権を持った方であったと思われます。

ただこの文章からは、アセットアロケーションがあまりにも極端だと思われます。事実なら逸話ですが、正直あまり現実的ではない印象を受けますね。

相談などをしたら、どのような返答がくるか聞いてみたいものです。濱村比呂史氏の名前は聞いたことがありませんが、もしかすると証券業界という範囲で知られていた方なのかもしれませんね。

マスターズトレード HP②

HP②

マスターズトレードのサイト上には「中小企業銘柄を専門に扱っている」という表記がありますが、全体的に内容がイマイチ曖昧な印象を受けます。

まずは、マスターズトレードの運営会社である「株式会社アクセラ」の運営概要を見ていきたいと思います。では、マスターズトレードの運営状態を検証するため、下記の項目に当てはめてみます。

  1. 登録番号の表記がある ○40
  2. 代表者名の表記がある ×20
  3. 分析者名の表記がある ×5
  4. 事業範囲の表記がある ○5
  5. 住所表期がある ○10
  6. 連絡先表記がある ○10
  7. その他、特商法の表記がある ○10

総計で75点となりました。

代表者ではなく、運営責任者となっています。法人なので、登記上の代表取締役は存在するハズですが、この「鈴木康平」氏がそうなのでしょうか。

「鈴木康平」の名前で検索しても特にそれらしいヒットはありませんでした。口コミサイトでも、マスターズトレードの関連部分しか出てきません。

マスターズトレードの総評

マスターズトレードは、まずサイトの内容が伝わり難い感があります。

今やこれだけ沢山の投資顧問のサイトを目にしますので、具体性に欠ける広報は良くない印象を招きかねません。

あとは取引力において、特にリミックスポイントにおいては、高値の目安はわかりやすかったと思われます。

多くの投資顧問が推奨している銘柄でもあり、高値付近まで利幅を確保している投資顧問も多く存在するため、経験の浅い顧客が見比べたとしたら、それだけでパッとしない印象も受けてしまうかもしれません。

現時点での評価としては、どうしても「実態が見えない会社」というのが正直な感想です。

代表者の経歴や評判が無い、定番の推奨銘柄、口コミなどの評判の少なさから推測すると、今はまだ利用を控えるのが賢明かもしれません。今後のマスターズトレードの動向を引き続き検証していければと思います。

サイト名 マスターズトレード
URL http://masters-trade.jp
運営会社 株式会社アクセラ
所在地 東京都新宿区百人町1-23-3 亀井ビル10F
運営責任者 鈴木 康平
メール support@masters-trade.jp
電話番号 03-6908-7462
金商 関東財務局長(金商) 第2972号 株式会社

この記事へのコメント(25)

  1. 匿名

    情報を売るときには「確率95%で 2倍!3倍!極秘情報有り!」とかで毎週毎週しつこく勧誘しているくせに 情報料を払って買った後下がっているので「全然違うじゃ無いか!」と問い合わせると返ってくる答えが「目標は目安ですから確約ではありません」だと。じぁあの勧誘ページの 90% 95%で 何倍になるとか極秘情報で短期2倍!とか 単なる絵空事と言うことですね。
    そんな情報を情報料数十万で売っているんだから酷いもんだ!

    返信
  2. 匿名

    ここまで提供された銘柄の質が悪いと本当に騙されたのか?と本気で疑ってきてます。MTは無料情報でも儲けられたとか、まして有料使ったらすごい儲かったとか書いてあるサイトを見て信じてしまいましたが、こちらに書いてる皆さんの方が本当だと分かりました

    返信
  3. 宮本

    スタートアッププラン 短期1.5倍 中期 6倍 公表時株価@¥2,770  本日の株価 @¥1,021
    情報料を払って買った株が ¥2770→ ¥1021 ってあり得ないだろ? 買った翌日から下がり続けこの状態、酷すぎる

    返信
  4. 宮本和則

    被害者を減らしたいと思い書きます。不信感を決定付けた出来事です。会員なら思い当たる人はいると思います。いついつまでにある材料がでるという文言を信じて待ってましたがその材料、なんとマイナスの材料でした。信じられます?当然急落ですよ。これって大元の情報源になめられているか情報精査能力レベルが相当低いということでしょう。私には大変ショックな出来事でした。ちなみに、いついつまでという期間を何ヶ月も過ぎてからの材料ありましたが上昇は微々たるもの。何十%も下がった状態でこのことを言ってたとしてもタイムラグはあるしマイナス材料のインパクトが勝ってるし。元○村証券の営業崩れがやっているだけ有って個人を食い物にするやり方だ 特に宮本は騙しのプロフェッショナルだ

    返信
  5. 「インサイダー情報」「大型の極秘材料発表後すぐに株価は2倍になる」というスポットに高い情報料を払いました。 買い付け指示価格より下がり続け、それでも「材料発表まで損切りせずにホールド」と言っていたのに半年経った今 半値以下になりました。そして本日「損切りしてください」と連絡が来ました。 162万円損しました。半年のチャートを見ると最高値で買い付け指示をされていました、 明らかに嵌めこみですね。 情報料数十万払わせた上に顧客を嵌め込むというのは悪質きわまりないと思います。

    返信
  6. 関根

    スポット「金脈」銘柄 情報料 ¥175,000 1ヶ月 目標2.5倍 最長半年 目標8倍 (極秘の大型材料有り)と言う銘柄の情報を買いました。 買った直後から下がり続け半年経った現在 買値の半値になりました。 この状態になっても「極秘の大型材料」の件は「インサイダーになるので言えない」とのことです。 263万の損失です、ここが無能なのか詐欺なのか分かりませんが、ハッキリ言って 糞です!

    返信
  7. 匿名

    悪徳投資顧問です!派手な広告で利用者を煽りどんどん金を使わせるようにしてきます!次なら勝てる次なら勝てるっていううたい文句で次々に銘柄を渡してくる!常とう手段ですよね!絶対に利用しない方が良いと思います!金をどぶに捨てる様な物で、絶対勝つことは出来ません

    返信
  8. 「今回の案件は過去最強の物!」と毎週毎週勧誘が来るけど、後から出る物が毎回「過去最高の案件!」って、 そんなにしつこく勧誘しなくても実績が伴えば自然と顧客はついてくるでしょう?ここの投資顧問が問題なのは今迄の案件ほとんど全て全敗だと言うことです。そもそも毎回「2倍、3倍、5倍、8倍!」などと嘘八百並べて居ますが、有料情報銘柄がほとんど全て数十パーセントマイナスなのはどう責任取るのか?

    返信
  9. スポット単発プランの広告を見てこれは絶対儲かると確信したが結果が全然違っていた、あのギラギラした自信はいったい何だったのか。目標株価なんて全然届かなくて騰がるどころか下がり続け全損だった、「極秘の材料があります!」って毎回言っているけど半年経っても出てこない「極秘の大型材料」って何だ?「その材料はいつ頃出るのか?」と問えば「インサイダーになってしまうので言えない」の一点張り、もう騙されない。

    返信
  10. pp

    2018年5月に「短期利益確定…」という銘柄購入から代替銘柄、補充銘柄で7連敗。その後、現在は5銘柄が継続中です。銘柄1は±0、銘柄2は-22%、銘柄3は-9%、銘柄4は-63%、銘柄5は-20%。一度も利益確定できていません。ロスカットせずとにかく「継続保有」ばかり、資産は当初の3割程度に目減り。金取る資格・才能はないですね。同じ口コミを他のサイトにも投稿。削除されているようなら、そのサイトも怪しいと判断できますよ。継続的に投稿します。

    返信
  11. とし

    ここの予想を買うようになってから赤字だ。一人でやってたほうが本当にマシ。何であんなにロスカットが多いの?サイトの実績絶対に都合の悪いデータを隠してるよ。あんなにマイナスが少ないはず無い。勝率が不自然に良すぎ。そんなわかりやすいのに騙されたこっちが悪いのか

    返信
  12. 匿名

    まぐれで騰がったときのことをしつこく「実績!」と得意げに書いていますが、その何十倍も酷くハズレ損しまくりのことはスルーですか?

    返信
  13. 匿名

    入会してから全敗 「確実に騰がる」「チャンスは今しかない」「極秘情報がある」との有料情報推奨銘柄の すべて下がり続け、勿論 損切りのみ。問い合わせをしても 「今はホールド」「材料待ち」とか言葉のあやではぐらかし、全く誠意感じられず。損害を与えるばかりで 申し訳ないとの微塵の気持ちも感じられず、結論として無能、詐欺としか言えない

    返信
  14. 匿名

    実績凄いですよみたいなアピールばっかりしてるけど全然勝てないじゃないですか。私の取引が実績に載るのはいつですか?これじゃいつまで経っても載せられないでしょうね。負けてばっかりですから。そういう都合のいい事ばかりしかHPには載せないですもんね

    返信
  15. bad

    デイトレ銘柄をチェックしてるけど、寄り付きから高値がついてしまって推奨買値では全然買えない銘柄が多い。実力を示すとか言って時間外取引で値上がりした銘柄をわざと提供してるんじゃないのか?8時提供だからPTS見てれば窓が開くのはわかるよな

    返信
  16. 匿名

    こんな事あんまり言いたくないですけどここまでクオリティの低い投資顧問は初めてですね、投資顧問を利用して過去最高の損失がでました。利益を出す事を前提に利用しているのにこれはいけませんね、お金返してくださいって切実に思っちゃいましたよ

    返信
  17. 匿名

    「株情報サイト投資顧問比較.com」 では マスターズトレード(MT) はおすすめ優良投資顧問とのことらしいです。 悪い評価(全て事実)を書き込んでも全て弾かれてしまう上、評価欄に書き込まれている口コミの人はほぼ全員儲けていらっしゃるとのことです

    返信
  18. mt

    嫌な投資顧問でしたよ。予想は全然当たらないですし外れた時は地合いのせいにして言い訳から始まります。あなたのその実績はほんものなんでしょ?なら結果で証明してみてくださいよ。このままじゃ騙されているも同然です

    返信
  19. 匿名

    去年代表の鈴木から「特別なプランがあります、詳細はホームページに書けないので電話で話をしたい」との連絡が有り「同業者が集まり有る銘柄に集中投資する、順番で今回は当社が仕切ることになっている」「1ヶ月目途で投資金額の8.35倍迄の利益が見込める」「特別案件なので広く告知が出来ない」「是非参加して欲しい」との電話内容でした。私は「それって仕手株の初期に参加できると言うことですよね?」鈴木「そうです、100%確実に儲かります、但し情報料は¥1,200,000です、明日までに決済していただく必要があります」とのことで即日120万を決済すると3日後に銘柄の連絡が来ました。即日から板を壊さないように買い進めていくと翌週いきなりストップ安になりました。私「いよいよ動き始めたな!」と期待に胸を躍らせて買えるだけめいっぱい買いました。
    翌日も朝から又S安気配で更に追加買いをしました、前場が終わり後場開始前に鈴木から電話があり 鈴木「後場成りで全部損切りしてください!」 私「は? えぇぇ? 何で? どういうこと?」
    結局情報料120万と損失375万の約500万を失いました。
    その時の全てのやりとりのメール、決済資料、電話内容(録音)は手元にあります。 「確実に儲かる」「当社仕切りの仕手株なので100%間違いない」とはっきりと録音されています。

    鈴木!! お前だよ!! 許さんからな! 怯えていろ!!

    返信
  20. 木村

    予想が完璧に当たるはずはないのは当たり前だが外れるにも限度がある、あまりに予想との差が激しいとそもそも予想の意味があるのか?ちゃんと調べたのかが疑わしい。どうも情報を買わせたいがために現実を全く無視した投資予想を書いてるのではないかと思う。
    とにかく結果が酷すぎる、有料情報なのに全敗、騰がるどころか20%30%の下落ってあり得ないだろう?前回買った情報の「他の投資顧問で出た損失を取り返すためのプラン」の銘柄なんて公開から一度も騰がらず翌週ストップ安に張り付き全市場内下落率1位になった。逆神と笑えないのは その銘柄を信じて買って出した損失が▲95万だったこと、たった2週間で....

    返信
  21. 騙し

    「今迄の損失のお詫び銘柄 情報料¥50000」で買った銘柄が買い推奨価格からすでに▲25%も下がっています、日経崩れたとは言え他の銘柄よりもダントツに2日続けての下落です。
    今迄の損失を取り返すための銘柄(情報料)なのにさらに大きな損失を出すって 外すにも程がある! こんな信用買い残の多い銘柄を選定すること自体悪意を感じる、ここは能無し揃いだ!!!

    返信
  22. 騙し

    株価2倍3倍になるという美味しいことばかり書かれているスポット有料情報を買うと銘柄の連絡と買い付け価格の指示が来る、その銘柄を見て「こんな銘柄かよ...」というような物が来る。前回買った銘柄は日々の出来高が少なく信用買い残が溜まりきった銘柄だった、案の定「一ヶ月で2倍になる」という前提だったはずなのに1ッヶ月半経った今では半値以下になっている。
    悪質なのは情報を買った瞬間にその美味しいことばかり書かれた勧誘ページが見られなくなること(証拠隠滅だよね) 皆さんもし騙されてここの有料情報を買うとしたら決済する前にページのスクリーンコピーを必ず取るようにした方が良いよ。 詐欺だから

    返信
  23. de

    有料情報料¥300,000 1ヶ月 株価4倍 確率95% (極秘情報有り) 公開時株価@¥1800

    公開後下がり続けても「極秘材料があるのでそのままホールド」との指示有り。
    半年以上経って今日の株価 700円以下です。
    あまりに酷い、酷すぎる

    返信
  24. 最悪投資顧問

    推薦理由に材料豊富とか書いてあったが購入して数ヶ月たつが一回も材料発表とかないんだけど
    クソみたい銘柄掴まされて最悪だ

    返信
  25. ケン坊

    ここの単発プラン購入後に下落しまくり
    電話すると単発プランの問い合わせは電話ではしてませんとのこと
    推薦銘柄の質もサポートも最悪です

    返信

コメントを残す

one × 4 =