テクニカルインジケータが機能する検証と評判の理由とその多用性

 | 0件のコメント

デジタル背景

テクニカル分析の必要性

株式、債券、金利、商品、通貨、価値や数量が変動するもの全てにチャートが使える。マーケットに対峙するアナリストやトレーダーは、チャートを大きな手掛かりとして、過去の分析から未来の予測をしている。

マーケットに対峙するテクニカルアナリストやトレーダーは、過去の価格や時系列パターンから将来の値動きを予想する。この分析方法を、テクニカル分析と呼ぶ。そしてテクニカル分析には、実数を表す値の他に、指標とする値を導入する事が一般的だ。

その指標を、マーケットの世界ではテクニカル指標若しくはテクニカルインジケーター(以下、インジケーター)と呼ぶ。これは非常に役に立つツールで、世の中ほとんどのトレーダーが何かしらのインジケーターを利用している。

インジケーターは大きく分けて2種類

またインジケーターは、大分類としてトレンド系とオシレータ系に分かれる。トレンド系とは、いわばその名のとおり、現在の相場のトレンドを視覚化したものである。もっとも馴染みがあるのは移動平均線だろう。対してオシレーターは、現在の値がどのような水準なのかを視覚化したものであり、「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を計るものである。

他にもボリューム系などもあるが、この二つを使っているトレーダーが大半だろう。基本的に、トレンド系は順張り、オシレーター系は逆張りに適している。まず、トレンド系インジケーターには、もっともメジャーな移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表などがある。

先述のとおり、主に順張りで効果を発揮するものであるが、比較的中長期スタイルのトレードで使うほうが効果が高い。トレンド系を使うと、現在の相場の方向性が判るものなので、トレードにおいて非常に心強い。

一時の反転があったとしても、それが調整なのか、本当の反転なのかを判断出来る材料ともなる。ただし相場が、揉み合うレンジ相場には総じて弱く、表示をしている事でかえって惑わされてしまうという難点もある。

オシレーター系とトレンド系インジケーター

対して、オシレーター系インジケーターは、トレンド系とは全く逆である。トレンド系が順張り向きなのに対し、オシレーター系は逆張りでのエントリーに向いている。短期トレーダーが重宝する傾向が強いが、常時そういったわけでもない。ただトレンド系は、ある程度以上短い時間足では、示す向きがコロコロ変わるため、トレーダーが混乱し易い。

オシレーターは、その難点をある程度クリアできるため、トレンド系の消去法のように短期向きと認識されているのである。また、オシレーター系はレンジ相場で効力を発揮する。これも、トレンド系の難点をクリアしていると言われる要素である。相場全体の割合は、トレンド3割、レンジ7割とされているので、優位性は高いように感じる。

しかし、ブレイクしてトレンドが発生したりすると、基準線が、上限(下限)に張り付いて全くに使いものにならない。水準の「高い」「安い」の概念は、その時によって変わるのが相場というものだ。

以上の事から鑑みると、インジケーターは併用する事がベターだ。最低でも、トレンド系とオシレーター系を一つずつ表示しておけば、レンジとトレンド両方に対応する事ができるだろう。

だが、その他にもダマシと呼ばれるインジケーターのセオリーどおりに値が動かないケースもある。したがって、トレンドであれオシレーターであれ、インジケーターに依存し過ぎると、自身の相場観すら壊す危険性もあるのだ。

世界に無数と存在するインジケーター

ちなみにインジケーターは、マイナーなものまで合わせれば、無数に存在する。存在すると言うよりは、インジケーターは日々世界のどこかで新しいものが創られているため、数がどんどん増えているのだ。したがって開発者が自分専用に創ったようなインジケーターも多々存在する。

だがこのグローバルな市場で、誰も知らないようなインジケーターが実相場で通用するだろうか。言わずと知れたことだが、相場とは多数決で成り立っている。全体の需要が大きくなれば上昇し、小さくなれば下降する。

統計学等を組み込んだトレーディングシステムが機能するのも、市場にその背景があるからだ。したがってインジケーターも使う市場参加者が少なければ、機能性は低くなるという事になる。

例えば、移動平均線のようなメジャーなインジケーターは多くの市場参加者が見ている。多くの人が見ているという事は、多くの人が移動平均線の水準や動きを意識しているという事だ。

実線が「移動平均線で跳ね返った」という場面は頻繁にあるが、それは多くの人がその水準を意識し、多くの人が移動平均線の水準で「逆の取引を行った」という事になる。必ずしもそれが起こるわけではないが、世界中の人間が意識しているのだから、統計的にともなった取引をする人は多くなる。だから、メジャーなインジケーターは効果が出やすいのだ。

ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロスやデッドクロスもそうだ。トレーダーの間では「発生した時はもう相場が進んでしまっている」等とよく言われるが、これらが起こった後は、さらに相場が進む傾向がある。

これは、クロスした事により、世界中の参加者が「このトレンドは強い」という事を再認識したからだろう。したがって、ゴールデンクロスなら「買い」、デッドクロスなら「売り」が増すというわけだ。

さらに面白いのが、クロスをする直前には、それを妨害するかのように逆の取引が入ってくる事が多い。いわゆる、ゴールデンクロス直前には売りが、デッドクロスなら買いが入ってくるという事だ。

これは、元々トレンドとは逆のポジションを持っていた市場参加者が、これ以上の逆行を防ぐためにクロスを妨害するというものだ。また、それを織り込んでポジションを持っていないのに、クロスの逆のポジションを新規で入れてくる勢力もいる。

相場とは、このような群集心理のぶつかり合いで形成されているものなのである。このように、ゴールデンクロス、デッドクロスは、メジャーなサインで有効に機能することも多い。

しかし、タイムラグというクセもあり、そこに入り込む逆の思惑もあるという事だ。こんなクロスのタイムラグを、極力回避する方法が実は存在する。実はクロスとは移動平均線同士だけで起こるものではない。

オシレーター系インジケーターであるMACD

他にも様々なインジケーターにも起こり得る。例えば、オシレーター系インジケーターであるMACDにもクロスが存在する。そもそも「MACDの移動平均線は、移動平均線のサインが早く出る」ように改良されたインジケーターなのだ。

ただ、反応が早いという事は、ダマシも出やすいという事も先に付け加えておく。この差は、移動平均線とMACDを併用すれば、一目瞭然である。実際、この組み合わせを利用しているトレーダーは多い。

この併用が役立つのは、先述のように移動平均線がクロスしそうなところで逆の勢力に負けてしまう場合である。この手法は、イグジットのタイミングを見定める上で効力を発揮する事になるのだが、MACDの移動平均線は、移動平均線より速くサインが出るので、イグジットが早くなる事になる。

先程も述べたが、移動平均線がクロスに至らなかった場合は、相場が反転する傾向が強い。となると、もしMACDがクロスを成立させ、移動平均線がクロスを成立させなかった場合は、反転以前に利益確定ができる事になる。

しかし、損切りという事であれば逆に時期早尚であったという事にもなる。対して、もしMACDがクロスを成立させ、移動平均線もクロスを成立させた場合は、利益確定が早尚となり、思惑と逆行していたのであれば、損失拡大を防げたという事となる。

結局は、「早く勝負をつけたい」場合に役に立つ、という事であるが、トレードの概念として、「利益を伸ばす事よりも、損失を伸ばさない」事の方が重要であるため、この手法は優位性があるという事になる。

インジケーターの多用性

次にインジケーターそれぞれの多用性について述べたいと思う。インジケーターの種類は様々あり、それぞれに適した使い方があるが、一つのインジケーターの中でも使用方法は一つではない。

例えば、ボリンジャーバンド等は、地合いによって全く逆の使い方ができる。ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えたインジケーターである。

1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が考案した指標で、「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したインジケーターの一つだ。

繰り返すが、ボリンジャーバンドの中心となっているのが移動平均線である。相場とは、上昇と下降を繰り返すが、移動平均線辺りで推移する事が多く、移動平均線から極端に離れることは比較的少ない。

この考えに基づいているのがボリンジャーバンドであり、移動平均線からの乖離が大きくなり、行き過ぎた状態の時に、高い場合は売り、安い場合は買いという逆張りに使われる。

ボリンジャーバンドの使い方には2種類ある

ボリンジャーバンドの中央には移動平均線があるが、統計学的にその移動平均線の上下のバンドの間で株価が動く確率が、それぞれ想定されている。ボリンジャーバンドは、移動平均線を取り巻くように、通常上下に3本外側に推移するバンドを形成する。

そして、移動平均線から近い順にその上の線を1σ、下の線を-1σと呼び、外側にいく程、その数字が大きくなっていく。実線が、その間で推移する確率は以下のとおりである。

一番近い上下線の間で株価が動く確率(1次標準偏差、1σ)=約68.3%
二番目の上下線の間で株価が動く確率(2次標準偏差、2σ)=約95.5%
三番目の上下線の間で株価が動く確率(3次標準偏差、3σ)=約99.7%

もっと言えばこの確率が、そのまま反転をする確率なのである。したがってそのバンドに到達したら、逆張りを仕掛けるという使い方が王道となる。ただ、ボリンジャーバンドはトレンド系のインジケーターである。そうなると先程の「トレンド系は順張りに向いている」という説明が矛盾してくる事になる。

実は上記の使い方の他に、ボリンジャーバンドにはもう一つの使い方がある。それは、トレンドが出ていると、実線はバンドで跳ね返らずにそのまま張り付いて推移する事がある。これは短い時間足になるほど、如実に表れる。これも一部、トレンド系インジケーターの概念に反してしまうのだが、長めの時間足でも起こる事象だ。

例えば、σ3でほとんど反落せずに張り付いている上昇するのだとしたら、相当に上昇力が強い事が確認でき、この先も値が延びると考えられる。なので、本来のボリンジャーバンドの使い方とは真逆に、上限に達したらあえて買いを入れるという事だ。

ボリンジャーバンドの他にも、このように本来とは真逆の使い方をする事により、利益を獲得に役立つインジケーターはたくさん存在する。その地合いごとに、適したインジケーター、適した使い方を模索するのも面白いものである。

コメントを残す

2 × two =