注目のキーワード株探TMJ投資顧問525%上昇↑

こんな時代においてのFXとの向き合い方とは・・・

 | 0件のコメント

外貨

副業を始める者が急増中

昨今、政府が後押しする「働き方改革」が如実に世の中に反映されてきている。主としては残業を抑制するという事。

その分、趣味に興じたり、家族とすごしたりする時間が増やす事ができる。一方で、「残業代が既に生活費の一部」となっている労働者も、日本では少なくないだろう。時間給で働く非正規雇用員であれば尚更だ。

預金や国債をもって手持ちの資金を増やそうと思っても、マイナス金利でままならない。そこで副業に着手しようとする人が、現在世の中で増えている。以前の日本では考え難い事象だが、企業すらそれを後押ししている。

企業からしてみれば、残業の抑制をした事で、支払い賃金の減少から生じる従業員からの不満を逸らしたいという思惑もあるだろう。今や時代に、自力で資産を増やす力が要求される事になってきたというわけだ。かといって、本業が終った後にアルバイトをするといった苦学生さながらな事は、もう出来ないだろう。

主に選ばれるのは、PCを使った販売やアフィリエイトだ。基本的に「副業でも体力を使う」となると、長く続けるのは辛い。したがって、頭で稼ぐという選択肢を採るのは自然な事だろう。本業での会社に従事している時とは違い、「報酬がダイレクトに自身に入ってくる」という面白味も長く続けられる要素となる様だ。

今注目のFXとは?

PCを使った媒体として、これらとは別に、「FX(Foreign Exchange=外国為替証拠金取引)」が注目されている。一言で言ってしまえば、外貨の証拠金取引だ。

FXは、販売やせどりのように物を仕入れたり、作ったりする必要がなく、アフィリエイトのように、運営元と煩わしい交渉や契約も無く、拡散媒体を準備する必要もない。作業と言えば、取引口座の開設位で、それが出来れば入金をしてすぐにでも始められる。

今や数多のFXブローカーが存在するが、ネットで検索すればいくらでも参考サイトが出てくる。海外のブローカーまで視野に入れるとなると話は別だが、基本的にどの比較サイトでも日本国内での上位のおすすめブローカーはある程度固定されているため、入門者でも迷う事は少ないハズだ。

また自身の取引利益が、そのまま現金となるため、「稼いでいる」という実感を持てるのが早い。物販や運営元が存在するアフィリエイトは、決済時期が定められており、実際の売上げや報酬が手元に渡るのが何ヶ月も後になるところもある。

ある程度サイクルが出来ればそれでも良いかもしれないが、「今から始める」という人にとって、手元にお金が届くまでの道のりは非常に長く感じるだろう。その点FXは、確定した利益を、早ければ翌日に手にする事が出来る。

副業を始めるにおいて、実際に手元にお金が届くまでの期間は、モチベーションに大きく左右する。またFXの源となる為替相場は、海外旅行などをした事がある人なら誰でも関わっている世界なので、イメージもし易いという点もある。

そして為替相場だから、24時間動いている。つまりいつでもチャンスがあるわけだ。本業が終ってから、自身が「自由に決めた時間の間トレードをする」、これがFXが副業として人気を獲得している大きな要素であろう。

多くの人がFXに夢中になる理由のひとつ「レバレッジ」

極め付けに、レバレッジを掛ける事ができるため、「少ない資金から始められる」という敷居の低さもある。しかし、このレバレッジは、多くのトレーダーを狂わせてきた曲者でもある。人間は、どうしても良い事ばかりを見たがる生き物なので、レバレッジのリスクを正しく理解できない。

「利益が倍増する」という事ばかりに意識が行き、「損失も倍増する」という事には耳を貸したがらないという事だ。また一時期、世間に蔓延していた勘違いがある。レバレッジは掛けた分だけ仮想資産が大きくなるが、それにより「被った損失が仮想資産に掛かる」というものだ。

どんなにハイレバレッジで出した損失でも、それは「実際の証拠金に掛かる」のが正解なのだが、それを都合よく解釈してしまっているという事だ。どういう事かと言うと、例えば100万円に10倍のレバレッジを掛けると、単純計算で1000万円分の取引が出来るという事になる。1000万円分丸ごと取引に当てれば、ドル/円が100円から99円になれば10万円の損失となる。

本来であれば、自身の身銭である証拠金は90万円に目減りするのだが、それを(1000万-90万)÷10と計算してしまうのだ。そんな都合の良い話は無いし、それなら、そもそもレバレッジを掛ける意味が無い事は冷静に考えればわかる事だ。その理解が無いまま、ハイレバレッジの取引をするのだから、何とも恐ろしい話である。

FXがここまで浸透した背景とは?

そもそも為替取引とは、銀行のみが行える取引であったが、1998年の新外為法の施工により、あらゆる企業や個人にも解放される事となった。

これによりFX(外国為替証拠金取引)が、日本でも一般に取り扱われるようになったのだが、個人はインターバンクと取引を行う事など当然できないため、ブローカーを介さなければならない。

この頃のFX市場は無法地帯であったため、ドル/円のスプレッドが10銭といったり、入金したら連絡が取れなくなる詐欺も横行していたが、数々の法整備により、環境は格段に改善している。

その効果もあり、日本でもFXがどんどん浸透していった。特に2007年のサブプライム問題勃発以前の円安相場は、認知度を格段に上昇させたと言ってよいだろう。多くのメディアが、FXを株式に代わる投資媒体としてもてはやした。FXブローカーが格段に増えたのもこの頃だろう。

この頃に、人間心理に対して一点の不可解を感じた場面があった。やや年配の方であるが、その人はバブル崩壊時まで株式投資を行っていた。代替投資に至っては後進国の日本だが、現物の株式投資は以前より古くから存在している。

バブル崩壊により株で損失を出し、一部はまだ塩漬け状態であったが株は怖いからもうやりたくないと言っていた。たしかにバブル時は異常に株価は上昇していたので、当時からの下落率はトラウマになる程大きかっただろう。対してその人の友人は、当時も信用取引や株価指数や商品の先物取引を行っていた。

FXにハマった堅実派のAさんと怖いもの知らずのBさん

仮に前者をAさん、後者をBさんとするが、Aさんはハイリスクな取引をするBさんを「怖い物しらず」と称していた。そう感じるのは、取引にレバレッジを掛ける事だと言う。特に先物に関しては、日本に長く蔓延った「客殺し」を行う悪徳な業者のイメージが強かったようだ。

Bさんは大手の比較的まともな先物業者で取引していたため、財産を失い借金を背負わされるような事も無かったのだが・・・。そんな事を言っていたAさんが、2007年当時FXに夢中になっていた。

FXは、信用取引の取引規制、先物取引の期日が無いだけで、基本的に仕組みは一緒だ。しかし当時のFXは、個人でも掛けられるレバレッジが高く、信用取引や先物の比ではない。

Aさんが行っていたFX取引は、Bさんが行っていた信用取引や先物取引より遥かにハイレバレッジを掛け、大数量を張ったものだった。どうやら、適正な数量が分からなかったようだ。この不可解についてたずねると「FXはTVでも推奨されていて皆がやっていているからだ」と言う。

FXの取引業者は、一時期横行した悪徳先物業者とは違うというのも理由だった。当時のFXブローカーは、必ずしもそうとは言い難かったが、たしかにこの頃は、なかなか止まらない円安に日本中が熱狂していた。既に、この後に訪れるサブプライム問題の兆候は随所で報道されてもいたが、熱狂中は大半の人がそれを見ようとはしない。

反転する」という想像が出来ないのだ。Aさんのポジションは大数量を張っていたので、大きな利益を含んでいた。しかし、その後のBNPパリバのサブプライム商品の凍結報道により、一気に円高に向く事となる。Aさんは、幸い少しの損失を確定し相場から撤退したとの事だった。あの数量を、その後もずっと持ち越していたと思うとゾッとする。

FXはなぜそこまで人々を惹きつけるのか?

Aさんに限らず、2007年の後半は日本中がFXの怖さを始めて知った年となっただろう。その後のリーマンショックからなる世界金融危機においても、資産を目減りさせFXから撤退した人は大勢いる。そもそもFXとは、本来プロのディーラーでも8割以上がリタイヤしていくような過酷な世界だ。

取引の質は違えど、簡単に勝ち続けられるものではない。皮肉な事に、この時FXは売りからも参戦できるという事が、本当に日本に浸透したと言っても間違いではないだろう。

しかし今や、ネットの中の発達も発達し、FXに関してもトレードの助けとなる様々なツールがたくさん存在する。専業トレーダーという自宅や個人事務所にこもって、トレードにより生計を立てている人種も大勢いる。

FXに限らずトレードは、取引の仕方や気の持ち方次第で、難解なものにも、そうでないものにも変わるが、冒頭で述べたような副業に当てはめた時の利便性という点では間違いなく長けているだろう。

また「FXを始めた事により経済に興味を持ち、世界の情勢を常にチェックする様になった」という意見もよく聞かれる。これは間違いなく、「世界の中の一国の国民として自分は生きている」という意識付けにFXが役立っている。

さらに面白い話だが、FXを「メンタルコントロールの特訓に使っている」等と言う話も聞く事がある。FXのトレードは、数ある相場投資の中でも特にストレスが溜まる。あえてそのような過酷な環境の中に自身を置いて、精神力の向上を目指すそうだ。

このような話を聞いていると、やり方さえ間違えなければ、それなりの収入を得続ける事も可能であり、このような時代には、非常に良い媒体なのではないだろうか。

コメントを残す

three × one =