フィデリア株式投資顧問の評判・悪徳・詐欺を推奨銘柄から徹底検証

 | 0件のコメント

【3624】アクセスマークについての検証

前回検証した藤崎慎也氏率いる、フィデリア株式会社の運営サイトであるフィデリア株式投資顧問の進捗です。

口コミサイトでの藤崎氏の評判は、時期によってもマチマチですが、フィデリア株式会社は、分析者でもあり代表も務める藤崎慎也氏に依存する部分が多いと思われます。

 

他の株価予想サイト等で、藤崎氏の不調時を察知する事が出来れば、フィデリア株式投資顧問により損失を被る被害を回避できるかもしれませんね。

フィデリア株式投資顧問のメルマガより、過去の推奨銘柄の報告の中から【3264】アクセスマークを検証してみたいと思います。

銘柄名 【3624】アクセスマーク
推奨 8月14日/1,800円

アクセスマークは、スマホ向けゲーム開発、配信事業を行っている企業です。自社オリジナルの企画開発に強みがあり、モバイル広告事業も展開しています。

 

【3264】アクセスマークの業績を確認する
【3624】アクセスマーク業績推移

【3624】アクセスマーク業績推移

2016年度は、まずモバイルゲーム事業において、「ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-」の2016年4にサービス開始。

広告事業においては、「ADroute」、「BRAND SCREEN」の商品力の向上、販売の強化に努めた事により、前年同期比で売上は大きく伸長するも、人員の強化を行ったための人件費等が増加、同業他社による買付強化の影響に加え、販路拡大に向けた施策のため一時的に利益率が低下しています。

コンテンツ事業については、セグメント利益については前年同期と同水準となっています。この結果、売上高は前年同期比4.2%増となるも、各損益部門は赤字転落。

コンテンツ事業の譲渡による事業譲渡益の計上、Game Creator Incubation有限責任事業組合において、想定収益の回収が見込めなくなったソフトウェアの減損損失を計上しています。これらを踏まえ、業績予想は増収減損とされています。

 

【3624】アクセスマークチャート

【3624】アクセスマークチャート

アクセスマークの7月末からの上昇は、完全子会社のアクセルゲームスタジオが開発中の新作スマートフォン向けゲーム「ディアホライゾン」が事前登録を開始したと発表した事によるものですが、見事にエリオット波動に則した上昇、下降を見せています。

フィデリア株式投資顧問の買い推奨日である8月14日は、3段目の上昇における押し目となっています。

 

この上昇は、フィデリア投資顧問のメールの文言にもある様に、8月15日から逆日歩がついた事による買戻しにも要因があるとの事です。

これは事前の信用倍率の推移や情報、アクセルマークの株価の低迷しやすい性質から導き出したのかもしれませんが、タイミングを間違うと、さらなる下落リスクを伴う判断でもあります。

 

【3624】アクセスマーク

【3624】アクセスマーク

また15日は日経平均株価が下降しているとの綴りもありましたが、15日は下降中の戻りとなっていますので、結局はアクセスマークは全体相場に沿った事になっています。

 

藤崎慎也氏のスタイルはデイや短期的スイングを主としているので、15日でも変化日で高値を付けた16日でも良い判断となっています。

7月28日の売り落としのあった後の30日に明確な材料が出ているので31日、若しくは出来高が信用残を超えた8月3日と、もっと良い買い判断が出来る場面もあったかと考えられます。

 

むしろ手堅くはあっても8月14日で買い判断が出来るという事は、逆を返せばそれ以前の上昇に確信を持てていたからという事になるのではないでしょうか。

 

【6033】エクストリームの検証

今回は【6033】エクストリームをピックアップして検証してみたいと思います。

【6033】エクストリーム

【6033】エクストリーム画像

エクストリームは、ゲーム開発事業に加え、ゲーム開発業者への技術者派遣や受託開発も行っている企業です。

近年はM&Aによりゲーム以外の事業にも進出しています。その影響もあってか、今期の業績予想は「増収、減益」となっています。

 

エクストリーム業績推移

エクストリーム業績推移画像

新事業への投資やゲーム事業とは違い原価率がかさむ事による減益かと考察できます。

そして株価も今年は軟調地合いが続いています。そんな中、フィデリア株式投資顧問は買い推奨を入れています。

 

【6033】チャート

【6033】チャート画像

推奨日である2月21日に買ったとして現在までの間に利益が出せるとしたら、その後は大体4日程しかありません。

藤崎慎也氏の取引手法は元々短期スイングという事ですので、利益確定ができている可能性は考えられます。

 

ただ気になるのが「3月13日まで掲載」をしているという表記です。

3月13日は直近安値をブレイクしている日です。もしかしたら、下降後に買っている顧客もいるのでしょうか。そうなれば大ダメージです。

 

そもそも何を「掲載終了」したのかハッキリしませんが、どんな意味であっても良い結果を想像する事ができません。

 

フィデリア株式投資顧問の基本概要

今回取り上げるフィデリア株式投資顧問ですが、実はあまり「印象が無い」というのが正直な感想です。

実際にサイトを検証しても、被害報告や評判が悪いといったところは特別無いのですが、同時にこれといって目につくポイントも一点を除いてありません。

 

その一点とは、フィデリア株式投資顧問の運営会社である「フィデリア株式会社」の代表取締役が「藤崎慎也」氏だという事です。

藤崎慎也氏は金融業界の従事経験などは無い個人投資家上がりでありながら、一時期「Yahooファイナンス」などで、「最も当たる株価予想の達人」と称されています。

 

藤崎慎也氏にインサイダー疑惑

全体相場の流れを読みながら、「新興、IPO等資金効率を重視したスイングトレード」を武器とするそうです。

藤崎慎也氏

藤崎慎也の個人説明

しかし別の口コミサイトで見つけた情報ですが、2017年6月16日に藤崎慎也氏が買い推奨したリミックスポイント【3825】に「インサイダー疑惑」があるという書き込みがありました。

 

しかも推奨理由に「未発表のIRの内容」が書かれていたとの事。これが事実なら、投資家の買いを誘うために「違法行為」を行った事になります。

既にそれは修正されたのか、削除されたのか分りませんが、確認する事はできませんでした。

 

藤崎慎也氏はメンタル面が弱い?

他には予想は当たれど、「実取引のパフォーマンスが弱い」などという意見も耳にします。こういうことを言う人の基準は「千差万別」なので、鵜呑みにするには軽率とも思える部分もあります。

ただ、もしそれが本当であれば、当初に予想したとおりの取引を忠実に行えないメンタル面の弱さでもあるのでしょうか。たしかに取引における精神的負担は、その頻度が高くなるほど増していきます。

 

藤崎慎也氏の取引スタイルは、短期のスイングです。

しかも藤崎慎也氏の銘柄選定は資金効率の良い「新興株」に傾倒しているとの事。

「資金効率の良さ」を求めていくと、俗に言う「短期急騰銘柄」に行き着く事になります。

 

たしかにそういった銘柄は「短い期間で、何倍もの利益を獲得」できる可能性があるので、人気もあります。

その反面反落も速く、そんな中で高値を見極める事は非常にストレスの掛かる作業です。

 

 

フィデリア株式投資顧問の総評

フィデリア株式投資顧問の推奨根拠はイマイチ解りません。たしかにスイングやデイであれば、このような下落の戻りを狙う手法もアリです。

ただそれは、個人のトレードでこそ行えるので、顧客への配信というビジネスモデルにはそぐわないでしょう。

少なくとも一週間以内の保有を、配信して顧客にこなしてもらうには、配信に気づくのに遅れたケースも考慮しないと、売り遅れで大怪我をさせてしまう懸念が生じると考えられます

サイト名 フィデリア株式投資顧問
URL https://fidelia.unifas.co.jp/
アナリスト名 藤崎慎也
利用料金
運営会社 フィデリア株式会社
所在地 大阪府大阪市西区江之子島1-1-9 エルベロワイヤル16-524号
運営責任者 藤崎 慎也
メール contact@swing-trade.jp
電話番号 06-7502-5791
金商 近畿財務局長(金商)第384号

コメントを残す

18 − 6 =