TMJ投資顧問|306.7%↑の小田原エンジニアリングの銘柄分析

 | 0件のコメント

今回はTMJ投資顧問の推奨で299万の利益確定をした小田原エンジニアリング(6149)の分析・検証を行いたいと思います。

「騰がるポイント」や「売買のタイミング」を、管理人自身の経験・小田原エンジニアリングの株価分析と合わせて公開します。

小田原エンジニアリング(6149)の検証

TMJ投資顧問は小田原エンジニアリング(6149)の推奨で306.7%の上昇率をはじき出しています。

銘柄名   :小田原エンジニアリング(6149)

推奨日買値 :2017/8/10 1,451円

推奨日高値 :2017/9/15 4,450円

騰落率   :+306.7%上昇

利益確定額 :+2,990,000円

 

小田原エンジニアリング(6149)の業績を確認する

小田原エンジニアリングは、モーター用自動巻線機で国内首位、かつ世界第二位を獲得している企業です。用途は主に自動車用と家電用です。

 

業績は右肩上がりとなっていましたが、2017年度予想では、原価率が上昇している模様です。一方で、大幅に特別利益が上がっているようで、最終利益は2016年度の二倍程度になると予想されています。

TMJ投資顧問 小田原エンジニアリング(6149) 業績推移

小田原エンジニアリング(6149) 業績推移


 

本格上昇の直前で買い推奨

TMJ投資顧問の買い推奨日である8月10日の小田原エンジニアリングの株価チャートを見ると、出来高が大きく、また2日前の上値抵抗ラインを超えたため、上昇の兆しが現れています。

TMJ投資顧問 小田原エンジニアリング(6149) 株価 買い推奨

TMJ投資顧問 小田原エンジニアリング(6149) 株価 買い推奨

買い推奨日の二営業日後に2,000円を大きく抜け、反落もほとんど無く陽線で引けているため、上昇後一段上のゾーンに移行したと見受けられます。

 

小田原エンジニアリングの株価上昇は2016年8月から始まっていましたが、約1,000円上昇→半値押し→1,000超円上昇となっていました。

つまり、上昇力は仕上げに向かって加速していられると見られます。

小田原エンジニアリングのトレンド発生は少なくとも8月初頭から起こっているので、買い推奨日に関しても、本格的な上昇にしっかり乗れていることがわかります。

 

上昇ピークで売り!8日間で+299万

TMJ投資顧問 小田原エンジニアリング(6149)株価  売買判断 利益

TMJ投資顧問 小田原エンジニアリング(6149)株価 売買判断 利益

仕上げに向かった上昇は、8月15日起点から8月22日の高値である3,650円までを計算すると、2016年8月からの上昇幅のほぼ1.5倍となっています。

しかし、1段目の上昇ピークでは売り推奨は出されていません。そしていったんの下落の後、小田原エンジニアリングの株価はさらに二段目の上昇に入ります。

TMJ投資顧問はこれを待っていたのでしょう。株では利確と損切りが特に難しいとされていますが、TMJ投資顧問は最大まで利益を伸ばすために二段目・三段目の上昇ピークで売り推奨を出す傾向があります。

今回の小田原エンジニアリングに対するフォロー期間は、最終が9月15日。つまり二段目の上昇のピークである9月15日にが売り推奨しています。

売り推奨後の株価を見ると、翌日から綺麗に株価は下落傾向となり、調整期間に入っています。つまり、売り判断として正解のタイミングだったということですね。

結果として騰落率は306.7%上昇、299万の利益確定となりますので、申し分ない結果でしょう。

 

次の田中化学研究所(4080)では、絶妙な買いポイントに注目です。

 

TMJ投資顧問 公式サイト

サイト名 TMJ投資顧問
URL https://www.kabu-tmj.com/
アナリスト名 渡邉 誠二
利用料金 50,000円~
運営会社株式会社フラム
所在地東京都中央区日本橋小舟町9-4 イトーピア日本橋小舟町ビル3F
運営責任者渡邉 誠二
メールinfo@kabu-tmj.com
電話番号03-3527-9430
金商関東財務局長(金商)第2931号

コメントを残す

seventeen + 1 =