最もメジャーなテクニカルインジケータの多様性とは

 | 0件のコメント

PC

テクニカル分析とは?

株式に限らず、相場トレードにおける分析方法として、テクニカルがある。テクニカルは様々な数値計算により、将来の値動きを予想する分析手法であるが、その数値計算方法の一部を視覚化したインジケータというツールがある。

インジケータは、日々新しいものが開発されており、マイナーなものまで含めたら、今や全てを把握出来ない程存在している。その数多のインジケータの中でも、首位の知名度を誇っているのが移動平均線であろう。

移動平均線は、元々統計分析などで広く使われていたが、アメリカのJ・E・グランビルによって相場分析に利用出来るとした事が広まりメジャーとなった。移動平均線は、過去の一定期間の株価の平均値から求める。

例えば、5日移動平均線であれば、過去5日間の終値の平均値を連続して算出し、それを結んだ線である。テクニカル分析の指標として最も基本的なものであり、多くの投資家によって用いられている。

移動平均線

一般的に移動平均線は、長期と短期の2種類をチャート上に表示させて分析を行う。長期移動平均線は、週足では26週線、日足では25日線、日中足では4時間線を示す事が多く、短期移動平均線は、週足では13週線、日足では5日線、日中足では1時間線を示す事が多い。

特に長期移動平均線は、株価のトレンドを暗示する場合が多く、これが上を向いているか、下を向いているかを見るだけで、株価の今後の変動を予測することが可能である。

長期移動平均線は、週足では26週線、日足では25日線、日中足では4時間線を示すことが多い。
短期移動平均線は、週足では13週線、日足では5日線、日中足では1時間線を示すことが多い。

特に長期移動平均線は、株価のトレンド(基調)を暗示する場合が多く、これが上を向いているか、下を向いているかを見るだけで、株価の今後の変動を予測することが可能である。

パラメータを利用した移動平均線

またこれ以外にも、昨今のIT技術の進歩により、独自分析したパラメータを使用した移動平均線を用いる事も多く、3つ以上の移動平均線を同時に表示させて、判断する手法を取る投資家も少なくない。

例えば、日足であれば、5日線や20日線に加え、70日線や200日線を加えると加えるといったところだ。また、短期移動平均線が、長期移動平均線を下から上に突き抜けることをゴールデンクロスと呼び、一般的には買いの目安とされている。

逆に、上から下に突き抜けることをデッドクロスと呼び、売りの目安とされている。なお、長期移動平均線が下降している場合のゴールデンクロス、及び上昇している場合のデッドクロスは、トレンドの中の一時的な逆光である場合が多く、この場合に買い向かったり売り向かったりするのは危険である。

一方、短期寄りのトレーダー等には、ゴールデンクロスやデッドクロスが発生してから買いや売りを入れる事はタイミングとしては遅いとされており、MACD等、他のインジケータと組み合わせて、より早い取引が成される事が多い。

種類が豊富な移動平均線

こんな背景もあり、実は移動平均線は何種類もある。世間で一般的となっている移動平均線とは、単純移動平均線であるが、単純移動平均線は、直近の値に対する反応が弱く、そのサインを待っていると遅すぎるという難点がある。

それをカバーするために、値動きにもっと敏感に反応して、より素早くトレンドの発生を捕捉する移動平均線が考案されてきたという経緯がある。

つまり、直近の値により敏感な移動平均線が開発されたわけだが、これにはトレンドを早く捕捉できる反面、難点も存在する。移動平均線の本来の利点は、直近の値動きに惑わされないという点にあるが、値動きに敏感に反応するという事は、その利点と相反する事になる。

そうなると必然的にダマシが多くなり、移動平均線の確度を下げるという事にもなる。したがって、使用する移動平均線の種類に正解というものは存在しない。

それぞれの利点と難点を考慮しつつ、自身ののトレードスタイルや、移動平均線を利用する目的に応じて使い分けていけば良いという事になる。

移動平均線の平均計算方法

移動平均線は、平均計算の方法によってほぼ無限に作り出す事が出来、現段階でも相当数の種類が存在している。その中でもメジャーなところを挙げれば、単純移動平均線(SMA)、加重移動平均線(WMA)、修正移動平均線(MMA)、指数平滑移動平均線(EMA)となるだろう。

これらの概要は下記のとおりである。

※便宜上、日足を前提とした説明とする。

単純移動平均線(SMA)

最もシンプルかつ基本となる平均計算で、対象日数の終値を単純に平均したもの。現在、最も多く利用されているテクニカルインジケータと言われている。

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均は「現在に近い値のほうが重要」という考えのもと、単純に平均するのではなく新しい値に加重をかけて平均計算するというもの。初日を基本とし、日数毎に倍掛けして最後に日数割りするというもの。そのため、単純移動平均に比べて直近の値に敏感に反応するという事になる。

修正移動平均線(MMA)

修正移動平均は、前回時点でのMMAの値と直近の終値を使って計算する。終値が日毎の終値が確定する度に、される度にその前日終値を差引いた値をの前回のMMAの値として毎日修正をしていく。直近の終値は、対象日数に対して除した値とする。

前回のMMAの値を繰り返し使いながら計算するので、現在のMMAの値の中には直近以前の終値もずっと含まれ続けることになるっていうのが特徴であり、結果として、単純移動平均線よりも滑らかなラインが描かれる事になる。

指数平滑移動平均線(EMA)

指数平滑移動平均は、修正移動平均と同じ考え方の平均計算方法だが、直近の値にも加重を加えて計算します。対象期間のうち、直近の1日前の終値に対してはは前回のEMAを使用して、直近の終値には、1日前の終値の2倍の加重をかけて平均する。

直近の終値に加重をかけているため、これも修正移動平均線に比べて直近の値に敏感に反応することになります。なお、単純移動平均線に比べると直近の値の影響が大きく敏感に反応するが、加重移動平均線よりは反応は遅いという事になる。

それぞれに多様性が有り、こうでなくてはならないという使い方は無いが、基本的な用法は存在する。

単純移動平均線や修正移動平均線

まずトレンドを見極める事を目的とするなら、単純移動平均線や修正移動平均線であろう。

何故ならこの二つはブレが小さく、直近の値動きに大きく惑わされない、という特性がある。対して、トレンドの発生を早い段階で捉えるという目的であれば、加重移動平均線や指数平滑移動平均線となる。

この二つは、直近の値動きに敏感に反応するため、トレンド発生が発生した場合、いち早くそれを確認する事が出来る。ただし、先にも挙げたが、敏感に反応するということはダマシも多くなるという点は背中合わせで存在する。

実はこの難点をカバーするために、移動平均線を単独で使うのでなく、オシレーター系のテクニカルも併用するという方法もある。勿論それで補完出来るわけではないが、何重にもサインを確認する事によって、ダマシを回避出来る確率を上げていこう、という事である。

ただその中でも移動平均線の認知度はやはり高い。そもそもインジケータの優位性とは、認知度の高さにそのまま比例する。

それは、それだけ多くの市場参加者が移動平均線を意識しているからに他ならない。同じインジケータでも、その使い方はトレーダーによって様々である。しかし、それも王道的な使い方が一番反映され易い。

優位性の低いインジケーター

よく「インジケータの新しい使い方」、などという文言をネットや雑誌で見かける事があるが、それらは殆ど優位性が無い筈だ。何故なら、裏をかいた様なその文言の内容を知っている市場参加者がどれだけいるかという事になってくる。

中には、王道の法則の異なる方面から観た様なロジックはあるだろう。しかし、大半は王道の利用方法には敵わない。勿論、相場はいつかは反転するのでどこかでインジケータが機能しなく時があるのだが、それならそれで知名度の高いインジケータの王道的な利用方法が重宝される。

いわゆる機能しなかった時に「反転した」という判断が出来るからである。ネット上などでは、様々な移動平均線の使い方も載せられているが、やはり王道的な長めの期間にて、「価格の推移が移動平均線の上下どちらで保たれているか」を注視する事が大事であろう。

そして移動平均線にはもう一つ、「乖離率」という市場参加者に注視される判断材料がある。元々、移動平均線は基本的に、トレンド系のインジケータなので、レンジ相場となった場合に、本来の目的であるトレンドの判断が効かなくなる側面がある。

しかし、この乖離率という概念を用いる事で、移動平均線をレンジ相場に対する判断材料として利用する事も可能である。乖離率の概念は、価格が移動平均線から乖離すると、その後是正されるという傾向だ。

価格が移動平均より高い場合には、乖離率はプラス、価格が移動平均より低い場合には、乖離率はマイナスとなる。いわゆるプラス、マイナスが一定以上拡がった場合に「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」と判断され、逆の値動きが働きやすいという事である。

移動平均乖離率

移動平均乖離率は、市場の中で水準となる下記の様な数値が存在している。乖離率が+5%以上になると、相場が短期的な調整局面となる。乖離率が+10%以上になると、相場が天井になる。
乖離率が-5%以下になると、相場が短期的な反発に転じる。乖離率が-10%以下になると、相場が天底になる。そして、これらの水準乖離率は、逆張りの売買シグナルともなる。
一方、この乖離率を用いる事で、レンジ株価の終焉に対する判断をする事も出来る。

いわゆる、乖離率のレンジを大きくブレイクした時点で、レンジ相場が終焉し、トレンド相場に移行したと考える事が出来る。例えば、乖離率が-10%から+10%のレンジで推移していた価格が、+10%を超えて上昇した場合は、上昇トレンドが発生したと認識して買い、乖離率が-10%を超えて低下した場合は、下落トレンドが発生したと認識して売りと、いわゆるレンジブレイクによる順張りのシグナルが発生した事となる。

ただ勿論、乖離率もあくまで判断材料の一つであり、単独の判断材料とするのは危険である。やはり、複数の判断材料を組み合わせる事で確度が上がるという事は、先述のとおりである。

コメントを残す

sixteen − twelve =