株式-覇道会-の評判・悪徳・詐欺を推奨銘柄から徹底検証

 | 0件のコメント

アジア開発キャピタル(9318)の検証【2017/11/17更新】

株式-覇道会- は登録を行うと、過去に公開した銘柄の進捗と新たな銘柄情報が記載されたメールが送られてきます。

評判はどうなのか?被害は起きていないのか?メール配信銘柄の検証によって相場判断力を確認していきます。

今回は、アジア開発キャピタル(9318)の検証です。

銘柄名アジア開発キャピタル(9318)
情報公開日2017年8月18日

アジア開発キャピタルは、日本橋倉庫の後身となる企業です。投資事業やベンチャーキャピタルなどのテーマ銘柄に当たります。

香港上場のサンフンカイグループと親密であり、国内では金融、海外は中国等で成長を模索しています。

アジア開発キャピタル(9318)の業績を確認する
株式-覇道会- 評判 投資顧問 アジア開発キャピタル(9318)業績推移

株式-覇道会- 推奨銘柄 アジア開発キャピタル(9318)業績推移

2016年度においては、新規投資案件の探索や既存投資先の業績改善に取り組み。

新規投資案件については、中国における高齢者介護事業への進出のため、中国和禾投資株式会社との共同出資によりアジア和禾投資株式会社を設立し、連結子会社としました。

 

また、本年4月に株式会社China Commerceの株式を取得し、こちらも連結子会社としています。

一方、既存投資案件については、株式会社六合の全株式を譲渡し、連結子会社から除外。

また、株式会社トレードセブンの株式を追加取得し、連結子会社に。

当連結会計年度の業績については、株式会社六合の工事売上高を取り込み、当社においては貸付金利息等が発生するも、前期子会社不動産売上の反動もあり、売上高は前年比3.2%減となりました。

 

営業費用については、海外上場有価証券での評価損失が改善され、また本社部門における経費削減等もあり、営業損失が84百万円、経常損失は76百万円で減損。

これに、特別損益を加減した税金等調整前当期純損失は128百万円、親会社株主に帰属する当期純損失は173百万円で減損。

 

株式-覇道会- 評判 投資顧問 アジア開発キャピタル(9318)決算

株式-覇道会- 推奨銘柄 アジア開発キャピタル(9318)決算

2017年度については、行なっている投資事業特性上、国内外の経済情勢、株式市場動向等から受ける影響が極めて大きく、 業績予想を合理的に行うことが困難であるため、アジア開発キャピタルは、業績予想の開示を控えています。

 

 

再反発を睨んだ銘柄推奨

株式-覇道会- 評判 投資顧問 アジア開発キャピタル(9318)株価1

株式-覇道会- 推奨銘柄 アジア開発キャピタル(9318)株価1

株式-覇道会- が、アジア開発キャピタルの情報を公開したした8月18日は、株価がフィボナッチ61.8%押しのラインでサポートされています。

このサポートラインは8月16日にも反発を起こしており、株式-覇道会- は下値の強さを見込み、再度の反発を目論んだのでしょう。

しかし、7月31日に3σボリンジャーバンド、8月9日に2σから反落しており、8月18日は既に1σを割り込んでいる状態でした。

 

再反発ならず、株価は下降…

その後、フィボナッチゾーンが随所で一時的に機能するも徐々に値を下げていっているので、売りが断続的に出ていることが判ります。

そしてその後は動意を失い、アジア開発キャピタルの株価は、株式-覇道会-が公開した時点の株価を未だ上回っていません。

株式-覇道会- 評判 投資顧問 アジア開発キャピタル(9318)株価2

株式-覇道会-推奨銘柄 アジア開発キャピタル(9318)株価2

株式-覇道会-のメールには、下げたところが押し目となると安易な予測が記されていますすが、アジア開発キャピタルは基本的に低位株であり、狙える利益も小幅です。

したがって、上昇も一過性になりやすく、まして7月終盤からの上昇が継続していくとは考え難いでしょう。

 

一過性の上昇であることを見通せていない

アジア開発キャピタル(9318)の上昇前の株価推移を見れば、常時動意が薄く株価は横ばいになっているのは明らかです。

上昇後の株価調整でまた元の水準に戻るのは想像に難しくないハズです。株式-覇道会は、そういった認識が無かったのでしょうか。

 

どちらにしてもこれで、株式-覇道会の銘柄選定の精度が露呈された気がします。

そもそも投資情報サイトは、推奨銘柄を乱発する傾向もありますので、あまりそういった情報に依存しないことが大切ですね。

 

アイフリークモバイル(3845)の検証

株式-覇道会-の推奨している銘柄を検証していきたいと思いますが、サイトには売買タイミングに関する記載はありませんでした

売買タイミングを記載しない理由が不明ですが、どうしてもこういう掲載だと、後づけ報告という印象がでてしまいます。

今回はサイトに掲載されている銘柄から売買タイミングを考察の上、検証していきます。

取り上げる掲載銘柄はアイフリークモバイル(3845)です。

株式-覇道会- 評判 投資顧問 アイフリークモバイル(3845)

株式-覇道会- 推奨銘柄 アイフリークモバイル(3845)

株式-覇道会-のサイト上ではこの銘柄について、提携先であるUUUM(3990)の8月30日上場に合わせて上昇を見込んでいるという内容が書かれていますね。

サイトの最終更新日が8月28日となっており、「メルマガで今朝一番に買い推奨をした」と記載がありましたので買い推奨は2017年8月28日と推測できます。

 

UUUM関連銘柄として関心高まる

アイフリークモバイルは、携帯電話向けの情報配信を行っている企業です。

具体的には、メールの装飾画像やLINE向けのスタンプなどを製作しており、業績は右肩上がりとなっています。

2015年度には原価率が膨らんでおり、何らかの投資があった模様ですが、2016年度にて改善、2017年度予想でもさらなる改善が見込まれています。

株式-覇道会- 評判 投資顧問 アイフリークモバイル(3845)業績推移

株式-覇道会- 推奨銘柄 アイフリークモバイル(3845)業績推移

UUUMが上場を発表したのは7月29日ですが、上場日である8月30日に狙いを定め、前もってUUUM関連銘柄であるアイフリークモバイルが買われる動きが出ているようです。

 

特に8月29日は北朝鮮が発射したミサイルが日本の上空を通過したという背景もあって、日経平均株価の上値が重い展開となっていました。

おそらくその分、日程要因としても個別性の強いアイフリークモバイルなどに資金が流入している模様です。

 

買いタイミングは少し乗り遅れた感

株式-覇道会- 評判 投資顧問 アイフリークモバイル(3845)株価

株式-覇道会- 推奨銘柄 アイフリークモバイル(3845)株価

株式-覇道会-のサイト更新日から推測された買い推奨日である8月28日は、既に株価上昇の2日目にあたります。

なのでアイフリークモバイルに関しては、少し乗り遅れた感がありますね。

また、IPOの条件などにもよりますが、上場予定の協業企業の株価が上場日の数日前から上昇しやすいということは教科書どおりの知識であり、それを推奨したからといって特段良い評価をされるようなことでもありません。

実際の買い推奨についても、動意が出てから買い推奨をしている印象があります。

 

無料コンテンツなので精度もそれなり

株式-覇道会- 評判 投資顧問 メール

口コミサイトでは「取引のタイミングに関するサポートは無い」という評判もありましたが、株式-覇道会-のサイト上では、「メルマガで買い推奨をした」旨の文言があります。

この辺りは捉え方の違いとも思われますが、銘柄情報に加え取引推奨まで無料でしてくれるのは、かなり良いものです。(なぜ、こんなことをするのかは疑問ですが)

ただ、今回のアイフリークモバイルの検証から株式-覇道会-の取引力はさほど高いわけではないかと思われます。

 

株式-覇道会-の基本概要

株式-覇道会-は、ブログサイトやSNSで極秘仕手株情報を提供してくれるそうですが、果たして信頼できる投資顧問業者なのでしょうか。またその評判はいかがなものでしょう。

株式-覇道会-は、投資顧問業者・・・というよりは投資情報サイトですね。

投資顧問業者が商売のために立ち上げているサイトというよりは、個人が自己満足で運営しているブログサイトという印象を受けます。

 

サイトには運営元の情報などの記載はありません。銘柄情報のみが羅列されているので、課金要素は無い様子です。

他の口コミサイトを見ても、株式-覇道会の運営元やサービス内容に関する情報は得られませんでした。

 

ただ、株式-覇道会-のサイトには、無料メルマガ配信会員の登録フォームがあります。

その添え文句には、

「今後も覇道会が兜町仕手界隈の中核を担っているということを痛感するはずだ。引き続き私の情報からは目を離さないで欲しい」

とあります。

 

「私」という自称は、個人が運営しているのか、個人を演出している業者が運営しているのかはわかりませんが、実際の推奨銘柄や取引のタイミングは無料で配信されてくるメルマガに掲載されているようです。

口コミによればメールにURLが載っており、そこから実際の投資情報が掲載されているサイトにアクセスできるとのことです。

 

サイトを見る限り課金要因がなさそうだが

株式-覇道会-の銘柄情報は複数のブログサイトやツイッターにも掲載されているとのことなので、一層、課金要素が分らなくなってきました。

株式-覇道会- 評判 投資顧問 Twitter

株式-覇道会- Twitter

ちなみに、メルマガは「登録してもいないのに送られてくる」という口コミ・評判も多く見受けられ、送り元のアドレスはフリーメールとなっているそうです。

 

課金要素が無い、フリーメールでの情報配信という点を鑑みると、株式-覇道会-の運営は個人レベルで行われていると考えるのが妥当でしょう。

これで課金をしていれば、立派な投資助言業の範囲であり、金商登録が必要となります。

 

ただ、わざわざ自社サイトを運営しながら、メルマガから会員に限定して情報提供を行っている点を鑑みると、株式-覇道会-のサイトはフロントで、何かのバックエンドが存在する可能性はあります。

そうだとしたら、バックエンドで何らかの課金が発生する可能性は考えられますので被害に遭わないような対策が必要です。

 

つまり、株式-覇道会-はサイト閲覧者に無料登録をさせなければ何も始まらないということになります。

しかし現時点では、株式-覇道会-が投資助言業務に当たるような課金サービスを展開している様子は見受けられません。

株式-覇道会-に投資顧問業を行うための金商登録の表記はありませんが、そもそも課金をしていないのであれば、違法行為には当たりません。

 

株式-覇道会-の総評

株式-覇道会-は、個別に担当者と相談をしたり、資金力を鑑みた投資情報を教授頂くような投資顧問とは異なるので、比較はし難い部分があります。

現状でわかる範囲では、課金の無いパブリックなサイトだということだけです。

実際に、株式-覇道会-のように自身が分析した投資情報を、好き勝手に掲載しているサイトはたくさん存在しています。

 

あくまで、管理者が自己満足的に行っていることであれば問題ないでしょうが、そこを入り口に課金媒体に誘導するサイトもあります

いわゆるバックエンドというものですが、それがどのようなサービスなのかは分りません。

なぜなら、課金媒体を知ることができるのは、メールや電話で管理人との個別のやり取りを行う段階に入っていることが多いからです。

 

もしこのバックエンドの段階で投資助言などを行うのであれば、金商登録が必要となります。

逆に言えば、課金をするなら、「無登録」の状態は認められなくなります。

 

先述のような、株式-覇道会-の様なサイトをフロントとして、その裏側の「有料コンテンツに誘導されたことにより被害に遭った」例も実際には少なくないので、十分な注意が必要です。

サイト名 株式 -覇道会-
URL http://hadoukai.xxxblog.jp/
運営会社
所在地
運営責任者
メールhadoukai0505@yahoo.co.jp
電話番号
金商

コメントを残す

1 × one =