藤崎慎也(フィデリア投資顧問)の投資手法は勝てる?

 | 1件のコメント

藤崎慎也氏

藤崎慎也の銘柄予想、実績を検証

藤崎慎也氏のトレードスタイルは、パフォーマンス重視を信条としている分析者です。

個人投資家上りならではの新興株・個別株・IPO等からターゲットを絞り、比較的アクティブなトレードを行います。Yahoo!ファイナンス等でも配信を行っています。

 

Yahoo!ファイナンス 投資の達人

Yahoo!ファイナンス 投資の達人

ただ過去にはネクストウェア(4814)の推奨などで見られるように、既に上昇している地合いでさらなる上昇を見込み、少ない利幅を獲りにいこうという場面も散見されます。

この場合、短期狙いで入り処も強気なため、非常にタイトな取引となり中には失敗しているケースも散見されています。

 

したがって、藤崎氏の評判の良し悪しはその時によってバラバラです。

良い時は良いのですが、悪く言えば安定感が無いという事でしょう。

 

たしかに藤崎氏の分析では個人トレードがルーツとなっているので、自分主体の視点が染みついているのでしょう。

したがって、特に日計り目線となった場合、配信によって後から取引を行う利用者はどうしても出遅れや高値掴みが発生する可能性が付き纏う事になるのは否めません。

 

藤崎慎也と投資顧問サイトとの関連性

藤崎慎也氏は、フィデリア投資顧問という投資顧問で代表者、兼分析者として携わっています。

フィデリア株式投資顧問評判

フィデリア株式投資顧問HP画像

フィデリア投資顧問のサイト内の推奨実績を見ると、総体的にIT関連企業が多いという印象を受けます。

このセクターは、例えば製造業のように売上原価率が基本的に低い上に、値動きがそれらと比較して軽いという性質があります。

したがって、IR等の材料の株価に対し大きく影響する傾向があり、短期での高収益を狙う藤崎氏には、うってつけのセクターとなっているのでしょう。

どちらかというと、藤崎氏は、「Yahoo!ファイナンス」や「おそるべし株価予想」のような株価予想の分析者という印象が強いですが、フィデリア株式投資顧問は、藤崎慎也と言う分析者を投資顧問という形で体現したサイトだと考えて良いでしょう。

現に、フィデリア株式投資顧問のサイトは広告的な文言が少なく、まさに株予想サイトのような予想履歴が連ねられています。

 

投資顧問利用を考えている閲覧者からすれば見難いものとなるかもしれませんが、フィデリア株式投資顧問の取引力を測りたいと考えている人には、ストレートに要望が叶えられるものとなっているので、良いのかもしれません。

 

ただし先述のとおり藤崎氏は超短期目線なので、その助言に利用者の取引がついていけるかと言うと疑問を感じます。

 

シルバーホーク総括

先にも述べたとおり、藤崎氏のトレードがタイトになるケースが多いため、正直な感想としては投資助言には向かない気がします。

トレードスタイルとは様々ありますが、基本的な分かれ目はその時間軸にあります。

少なくとも、旧態の個人投資家の様な長く保有するスタイルを望む人は、近年発達している短期取引など出来ないし、やりたくもないでしょう。

 

したがって、藤崎氏を投資助言の教授として向き合える利用者は、PCに張り付けて、かつトレード自体が好きな人に限られてくるでしょう。

世の中には「お金は欲しいけど株の勉強などしたくない」「チャートを見るのも苦痛だ」という人も存在します。

そのような方で株式投資で稼ぎたいのであれば、中野稔彦氏が代表を務める雅投資顧問がおすすめできます。直近でもアイビーシー(3920)で騰落率+73.1%を確定させました。

特にPCに張り付く必要もなく、指示通りに買って売るだけの取引手法を使ってみるのもありだと思います。

この記事へのコメント(1)

  1. 名無しさん

    ビートホールディングス・リミテッド(9399)の買い推奨について

    この買収劇について、ホリエモンもTwitterでつぶやいており、注目度が上がっています。
    http://minkabu.jp/news/2134291

    記事では株を買い推奨していますが、翌営業日(2018/6/18)にストップ安、翌日も安くて翌々日にストップ安を付けています。
    週足で見れば、極めて長い陰線となりました。
    仮にも投資助言者ならば、不適切極まりない助言です。

    さらにホリエモンがツイートしたのは、現代ビジネスの記事を引用した話の流れからであって、記事で藤崎慎也は正反対の間違った解釈をしています。
    http://www.twitter.com/takapon_jp/status/1007127314096783361

    このような記事は、投資家に著しく不利益となるもので、間違いもはなはだしいものです。

    返信

コメントを残す

thirteen − four =