藤本誠之氏は「相場の福の神」と呼ばれる実績・経歴なのかを検証

 | 0件のコメント

藤本誠之氏

藤本誠之の経歴や実績を検証

藤本誠之氏は「相場の福の神」の通称で知られているマーケットアナリストで、日本証券アナリスト協会検定会員です。

経歴を確認すると、マネックス証券からカブドットコム証券に移籍し、2010年12月にはトレイダーズ証券に移籍。複数の証券会社を転々としていますね。その後独立し、マーケットアナリストとして活躍。

ラジオNIKKEI 藤本誠之氏(右)

2012年からはマネーパートナーズのスタッフとして活動、2013年7月1日よりSBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、2017年7月1日より同社客員マーケットアナリストとして活動しているという経歴の持ち主です。

メディアへの露出も多く、テレビ東京系列の「あさカブ」・日テレNEWS24の「マーケットeye」・ラジオNIKKEIでは「この企業に注目!相場の福の神」「まいど!相場の福の神・10ミニッツ」等、同番組においての多数のコーナーに出演しています。

藤本氏をよく見かける場所は、株価予想情報サイトでしょうか。特に、Yahoo!株価予想では、2012年勝率1位、伝説の39連勝、勝率64%221勝122敗という偉業を成し遂げています。

銘柄の選定方法は主に、前営業日の四本値・値上がり・値下がり率を全市場で考察し、そこから次の展開を見込むという基本に忠実なものとなっているようです。

藤本誠之と株プロフェットとの関連性

藤本誠之氏は、FIP投資顧問株式会社が運営する株プロフェットという投資顧問サイトに関わりがあります。

と言っても、株プロフェットは藤本氏が運営しているわけでもなく、サイト上ではコラムの提供を行っているに留まっているようで、例えば株プロフェットの推奨銘柄の提供や分析を行っているという記述はありません。

藤本氏の推奨は、株価予想サイトで多数の銘柄情報を配信しています。個別の手厚いサポートや明確な取引指示を望まなければ、わざわざ株プロフェットで利用料を支払い、参入する必要はないのかもしれません。

投資顧問ベストプランナー高見英治氏や、TMJ投資顧問渡邉誠二氏の様に、運営代表として株プロフェットに関与且つ銘柄分析を行っている訳ではなさそうです。

ポケモンGO関連の銘柄選定に関わっていた?

藤本氏は多数の著書も執筆していますが、その中の「ポケモンGOが世界経済を救う」という著書にもあるように、ポケモンGO関連の銘柄に特に注目していたようです。

ポケモンGOが世界経済を救う!

たしかに一昨年から大ブームとなっていましたので、株プロフェットでもその様な銘柄が多く推奨されていた印象があります。

その選定に藤本氏が関わっていたという話も一部で散見されますが、そもそもブームであった事と、株プロフェットの運営会社FIP投資顧問の代表の橋本諭氏も分析者であるようなので、その限りではないでしょう。

投資顧問サイトのバックグラウンドにアナリスト等のスペシャリストが付いているケースは多くありますが、藤本氏による株プロフェットへの干渉度は、他のケースと比較してもあまり大きい印象はありません。

シルバーホーク総括

藤本誠之氏は、マーケットアナリストという事なので、そもそもトレーダーという側面ではあまり取沙汰されていませんが、その予想力は実取引に反映しやすいものとなっています。

アナリストの相場分析とは、中期的な視点におけるものが多いですが、藤本氏の視点は一週間以内での株価推移などの予想となっているので、ストラテジストの色が強いという印象を受けます。

かと言って特殊な分析方法などはなく、先述のようにあくまで基本的な要素にて銘柄選定や株価予想を行っているため、安定感を保てるのでしょう。

勿論、株価予想を行っている分析者の実力は、時期などにもよって揺れ動きますので、その評価は辛辣となる事も往々にあります。

しかしその安定感からか、藤本氏はその中でも特段悪い評判は見受けられません。

中には批判する事を前提として運営されている口コミサイト等が存在しますが、批判内容を見ても、完全に的外れで非常に無理があります。

藤本誠之氏を完全肯定するつもりはありませんが、相場のソの字も解っていないような人達が何を言おうが、世間の有識者にこれだけ指示されているので、そんなもので現在の地位は揺らがないでしょう。

株価予想サイトを常に細目にチェックしている人も多くおり、その中には藤本氏の取りこぼしに当たる人もいるでしょうから、そういった事が先行して分析者の評判となっていまう事もあります。

名前を出している分析者とは、常にそういったシビアな評価とも戦っているという事です。

コメントを残す

20 − 3 =