鳥丸好一の銘柄予想、実績を検証

 | 0件のコメント

鳥丸好一

鳥丸好一の銘柄予想、実績を検証

鳥丸好一氏は、「相場の鉄人」の通称で知られている元日興證券株式部のエクイティディーラーです。

鳥丸氏は、あくまで証券会社にて相場と向き合ってきた方なので、株価予想サイトなどに参加しているアナリストのようにメディアなどの露出はありません。

よく、口コミは他の批評サイトなどを見ると名前を検索しても「ヒットしない」などという意見が散見されますが、元々証券会社側の方であり、特定の所属が無いフリーのアナリストのように率先してメディアに出ているわけではないので、それも無理はありません。

むしろ、そういった方々の方が特殊であり、ネット上で名前がヒットしないアナリストなど世の中に沢山います。

ただ、證券会社のディーラーといっても、セールスディーラーなのかプロップディーラーなどその種類は様々です。種類によってもトレードスタイルは変わってきますので、鳥丸氏がどのような観点を持っているのかは判りません。

そもそも証券会社のディーラーというものは、あまり世間にその情報を公開するようなものではないので、鳥丸氏の情報を多く望むという方が無理な話でしょう。

「相場の鉄人」というのも、メディアなどではなく証券業界の中での通称のようですので、鳥丸氏の何が凄いのかは、業界の人間でないと判らない事なのかもしれません。

鳥丸好一と投資顧問サイトとの関連性

鳥丸好一氏は、岸津明彦氏率いるファーストリッチ投資顧問という投資顧問サイトに関わりがあります。

ファーストリッチ投資顧問評判

ファーストリッチ投資顧問HP画像

ファーストリッチ投資顧問のサイト上に銘柄情報などを提供していると記載があります。

この銘柄情報というのが、どこまでの範囲を指すのかにもよりますが、銘柄を取り巻く市場の情報なのか、ピンポイントで有望銘柄情報を提供しているのか、取引指示まで行っているのかは判りません。

ファーストリッチ投資顧問には、鳥丸氏の他にも、成瀬証券で投資コンサルを行っていた島田幸男氏、三菱証券で営業を行っていた中村喜広などのバックグラウンドが付いているようです。

他二人はあくまでもセルサイドの営業職なので、獲得出来る情報の濃度と中立性を考えれば、鳥丸氏が一番の市場からの情報収集力を持っていると言って良いでしょう。

ファーストリッチ投資顧問は、ボロ株」「新興株」「割安株」「テーマ株をよく推奨してくるという評判があります。

これらの選択から、総じて低位にある銘柄を選定していると見受けられ、動意を見せると株価は一気に数倍に跳ね上がる傾向があります。

低位株は、見るところさえ解れば素人でも見つける事は可能ですが、いつ動意付くか、若しくは材料が潜伏しているかは、やはり相応の情報が必要となるでしょう。

そういった部分で、エクイティディーラーにて市場の情報を収集しながら相場を張っていた鳥丸好一氏の情報収集、分析力はファーストリッチ投資顧問に存分に寄与していると考えられます。

シルバーホーク総括

先述のとおり、鳥丸好一氏はエクイティディーラーと一言で言っても、どの種類に該当するのかが判っていません。

セールスやプロップという切り分けもそうですが、極端に言えばエコノミストの裁量範囲が大きかった場合、鳥丸氏はただ取引を操作するだけという役割であるという事さえあり得ます。

まあ、仮にそうだとしても20年も従事していれば、分析力はあると考えられます。

先述のファーストリッチ投資顧問の推奨実績を見ると、土木管理総合試験(6171)の様に株価が3倍強に跳ね上がっている銘柄もあり、他にも動意が乏しかった低位株を捉えている事が多く見受けられます。

ただ、それらの銘柄は、やはり他の投資顧問でもピックアップされているような話題の銘柄が多いという印象を受けます。

勿論、話題の銘柄を取りこぼさない事は大事な事ですが、逆の見方をするとファーストリッチ投資顧問にそこまでの優位性が無いという事にもなります。

このような急騰銘柄は、どちらかと言えば売り指示をどこで行っているかで、その投資顧問の力量が測れると思われます。

急騰銘柄は反落も速い傾向が強いので、その判断を見誤れば大きく利益を削る事に成り得ますし、参戦がやや遅かったりした場合には、損失転落する事だってあるでしょう。

コメントを残す

12 + 12 =