藤井英敏の銘柄予想、実績を検証

 | 0件のコメント

藤井英敏

藤井英敏の銘柄予想、実績を検証

藤井英敏氏は、有名な株情報サイトである株式会社カブ知恵の代表取締役です。

株式会社カブ知恵 HP画像

株式会社カブ知恵 HP画像

経歴としては、日興證券、フィスコ等を経て2005年にカブ知恵を設立しており、他にもZai等のメディアにも登場しており、Yahoo!ファイナンス、みんなの株式などの投資予想サイトでも活躍しています。

このようなポジションから個人投資家に人気があり、選定銘柄においても小型株やテーマ株と言った大きな上昇を見込める話題となりやすいものが多いという印象を受けます。

ただ、カブ知恵のサイト上にも綴られているように、一過性のテーマ株への過信や深追いに警鐘も鳴らしており、そのデメリットや危険性についてもしっかり述べている慎重派でもあるようですね。

先述の経歴上での藤井氏のポジションは公開されていませんが、証券会社、シンクタンクといった経緯から、調査畑出身である事がうかがえます。

藤井氏も株の世界では著名人ではありますが、推奨銘柄の発信や自身の取引力を世に知らしめる事ばかりに注力している有識者とは一線を画していると言えるのではないでしょうか。

藤井氏が個人投資家に人気があるというのは、選定銘柄云々だけではなく、カブ知恵でのマーケット情報や、おすすめ証券会社情報など、初心者にも役に立つ情報を掲載しているところも起因しているのでしょう。

藤井英敏氏と投資顧問サイトとの関連性

藤井英敏氏は、グラーツ投資顧問(旧:最強!!株トレード投資顧問)という投資顧問サイトにもバックアップとして参加している模様です。

グラーツ投資顧問HP

グラーツ投資顧問HP

グラーツ投資顧問を運営する株式会社IIRには、情報部長として伊東聡が着任していますが、藤井氏に至っては、直接的な銘柄推奨や取引指示を行っているだけではなく、あくまでコラム提供といった範囲に留まっている模様です。

また、最強!!株トレード投資顧問では、これでもかと藤井英敏氏を含め、バックアップしている分析者達が大々的に押し出されていたのですが、グラーツ投資顧問になっては、サイト内の一部で控えめに姿を現している程度となっています。

その一方で、グラーツ投資顧問のサイト上でも、2017年のテーマの一覧表記がされている箇所があり、どことなくカブ知恵のサイトと似ていますので、藤井英敏氏は、グラーツ投資顧問において、それなりの影響力を有している事もうかがえます。

また、藤井英敏氏は、カブ知恵のサイト上で投資顧問に対する自身の考えを述べています。それは「投資助言業者を信頼はしても、その助言を盲信してはいけない」というもの。

すなわち、株式投資を行う際のアドバイザーとしての位置づけで付き合うべきであり、助言に依存して盲目的に取引するのは良くない、という事です。

シルバーホーク総括

結局のところ、グラーツ投資顧問に限らず、藤井英敏氏が参加している株価予想サイトや他の株情報サイトには、万遍無くカブ知恵のサイトへのバナーが貼ってあるところから、営業戦略という意味合いがあるのでしょう。

つまり藤井氏のウエイトは、言うまでもなく自身が代表を務めているカブ知恵が占めているという事であり、他の媒体への参加は、入口を広げるためという意図が見て取れます。

ただ先にも述べたように、藤井氏は投資顧問とその利用者に対しても、真剣な考えを持っている事が分かります。その背景には、多くの投資家が自身で判断をする事を嫌い、投資助言に依存しやすい性質を危惧しての事でしょう。

残念ながら日本人とは、自己責任という概念が他の先進国と比較しても非常に薄く、「失敗したら人のせいにしたい」という願望が働きやすい人種の様です。だから、騙されやすいという側面もあるのしょうが・・・

たしかに投資顧問は、その情報収集力や分析力を駆使して制度の高い情報を提供してくれるものです。

しかし結局は、利用者自身が自己の資金管理ルールに基づき判断して運用するものだという事を、理解が足りていない投資顧問利用者は再認識する必要があると考えます。

コメントを残す

4 × 2 =