横山利香の銘柄予想、実績を検証

 | 0件のコメント

横山利香

横山利香の銘柄予想、実績を検証

PRESIDENT Inc

PRESIDENT Inc

横山利香氏の経歴は、金融専門出版社等で雑誌の記者、書籍の編集者を経て、ファイナンシャルプランナー、 検定テクニカルアナリストとして独立をしているフィナンシャルアドバイザーです。

株式投資や不動産投資、外貨投資、投資信託など、資産運用についての執筆やセミナー活動、相談業務等を行っており、主に資産運用を始めようとしている初心者が相談を受ける対象となっています。

先述の二点の他にも、相続士、一般社団法人エンディングメッセージ普及協会認定会員・信託研究会会員、WAFP関東会員という肩書きも持っています。

自身でも「横山利香の資産運用コンシェルジュ」というサイトを運営している他、Yahoo!ファイナンス等で株価予想も行うというトレーダーという一面も持っています。

実際に、「横山利香のスイングトレード日記」という「会社四季報オンライン」でのコーナーも持っているとおり、トレードスタイルは短期目線、かつ銘柄は比較的大型のものをターゲットとしている印象があります。

その肩書とおり、ほぼテクニカルに傾倒しながらも中期目線で、取引はスイングを採用している様ですが、対象銘柄の性質上、保有期間をもう少し長めに取っても良いのではないかという感もあります。

横山利香氏と投資顧問サイトとの関連性

グラーツ投資顧問HP

グラーツ投資顧問HP

横山利香氏は、グラーツ投資顧問(旧:最強!!株トレード投資顧問)という投資顧問サイトにもバックアップとして参加している模様です。

グラーツ投資顧問を運営する株式会社IIRには、情報部長として伊東聡が着任している他、カブ知恵の代表である藤井英敏氏もコラム提供を行っていますね。

横山氏に至っても、直接的な銘柄推奨や取引指示を行っているだけではなく、あくまでコラム提供といった範囲に留まっている模様です。

ただこれは憶測の範囲ですが、横山氏のフィナンシャルプランナーというスキルは、これから投資を検討している入門前の人の取り込みに長けていそうな気がします。

例えば、資産運用関連の会社が主催するセミナーでは、本陣の主催側の担当者の前座として、フィナンシャルプランナーが登場する事が多くあります。

ありきたりな手法ですが、生涯必要資産額を提示して聞き手の将来不安」を煽り、その上で「利殖の必要性」を説きます。

その後、「待ってました!」と言わんばかりに、本命の資産運用会社の担当者が登場するという段取りですね。

横山氏が投資顧問に参加していると聞くと、そのような事を連想してしまいますが、グラーツ投資顧問のサイトにはそのような箇所は見当たりません。

しかし、せっかく起用するのであれば、横山氏にはそのような役割を担ってもらわなければ勿体ない気もします。

シルバーホーク総括

横山利香氏の場合は、藤井英敏氏のようにグラーツ投資顧問や株価予想サイト、株情報サイトといったほかの媒体から、自身のサイトへの誘導などは行っていない模様です。

たしかに横山氏の「横山利香の資産運用コンシェルジュ」というサイトは、株や為替といった相場投資に特化したものではないので、色違いなのかもしれません。

つまり、「横山利香のスイングトレード日記」のようなジャンルとは、分別を行っているのでしょう。

例えば、相続の相談を望んでいる人に相場投資を勧めてしまう様な事になったら、おかしな話になるかもしれませんからね。

横山氏のトレードの大枠を見たところ、先述のとおり大型株の短期トレードと感じましたので、そのとおりであれば必然的に時間に対する利益率は小さくなりやすい事が予測されます。

以前の【4565】そーせいのように伸び続ける銘柄も勿論ありますが、通常時で考えれば、利用料の発生する投資顧問の向きとはあまり思えません。

また、フィナンシャルプランナーとして向き合うとしても、「横山利香の資産運用コンシェルジュ」のサイトを見ても分かる様に、資産運用に推し出しの強さから、その気が無い人は少し警戒心を抱かせてしまう可能性もあるでしょう。

ただ逆の考え方をすれば、若干でも投資に興味を持っている人などは、本当に入口から指導してくれそうですし、実際に資産運用に長けている指導者という事で、横山氏に対して付き合い甲斐を感じれるかもしれませんね。

コメントを残す

2 + 9 =