注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

高見英治(投資顧問ベストプランナー)の経歴やDMM Bitcoinとの関りとは?

 | 3件のコメント

高見英治氏は株式会社スマートアセットマネジメントの代表取締役であり投資顧問ベストプランナーの運営責任者です。9月には503.7%上昇の銘柄も利益確定し高い取引力が持ち味と言えます。

 

ハイパフォーマンスの背景には高見英治氏の経歴も深く関係していることでしょうから、

・高見英治氏とは一体何者なのか
・仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」の創設者の”説”は本当なのか

まとめて紹介していきます。

 

 

株式会社テコテック 取締役CFOを兼任
高見氏はスマートアセットマネジメント社だけでなく、株式会社テコテックの取締役CFOとして2016年7月から就任している事が判りました。

テコテック IR

株式会社テコテックは「ゲーム事業・SES事業・ヘルスケア事業・システム開発事業」とその取扱いは多岐に渡ります。昨今はフィンテックやブロックチェーンなど、未来を変えうる技術の開発などにも取り組んでいます。また子会社に株式会社東京ビットコイン取引所を持ち、仮想通貨取引所を運営していました。

 

2017年12月20日、子会社である株式会社東京ビットコイン取引所の全株式を株式会社DMM FX ホールディングスへ売却した事象がありました。これにより株式会社東京ビットコイン取引所は株式会社DMM Bitcoinとして商号変更。今ではタレントのローラを起用した広告をよく見かけますね。

 

この東京ビットコイン取引所の売却に関し取締役CFOである高見英治氏も大きく関与した模様。つまりは当プロジェクトの根幹を担い、東京ビットコイン取引所の実質的な創設者となりました。公式サイトのプロフィールからも経営コンサルティングや資金調達といった会社経営の根幹に貢献してきた高見氏。このようなスキルは今回の事業売却に対し必須となったのでしょう。

 

これまでのベストプランナーの推奨銘柄は、仮想通貨関連株やブロックチェーン関連株といったテーマ株も多く散見しました。旬な銘柄にも強い高見氏の情報力はこのような背景も関連しているのでしょう。 

 

 

経営コンサルタントとしての強み

高見英治氏の経営コンサルタントの経歴は、投資顧問分析者として強みとなります。経営コンサルタントは問題の調査をするだけでなく、その企業の経営を変革させ得る発信的なポジションにいる事になります。

 

投資顧問の分析者に多い経歴としては、証券会社や運用会社の出身者、最近では個人投資家上がりというケースもあり、それらは投資判断を行う業務に従事するには直接的なものが多いです。

 

つまり高見氏が従事してきた経営コンサルティングという業務は、投資先とする企業に対し、より深い分析が行える要素にもなり得ます。その中でも高見氏は、事業計画策定や資金調達といった会社経営の根幹に関わる職務に携わっていたとの事なので、その要素は特に濃いでしょう。

 

 

金商を扱う業務に対しても有利

高見氏は企業の内面調査については専売特許でしょうから、個別株の分析という分野に関しては金融商品の取扱い業務を行ったとしても優位性はあるでしょう。まさに高見氏も40歳から投資顧問業者の中でファンドの組成や金融商品の企画に携わっています。

 

相場師一本道という分析者とは一線を画しますが、例えば証券会社の調査部門のアナリストと比べても実践経験がある分、そのノウハウや金商を扱う業務に対しても有利に働くかもしれません。基本的に、欧州危機やアベノミクス等の市況全体に関わる事象に対しても、企業の経営には影響してくるはずですので十分に対応する術は心得ていると思われます。

 

 

シルバーホーク総括

高見英治氏の印象は他のアナリストとは一線を画している印象です。

投資顧問ベストプランナーのサイト上でも、株式投資での資産作りで重要な事として「着実な成功の積み重ね」を挙げており、同時にほとんどの個人投資家はネットを活用し、大手SNSや投資ブログ 、証券HP等で銘柄の研究をしている事に苦言を呈しています。

 

たしかに現在は、インターネットの発達により星の数程の投資情報がばっこしていますが、多くの投資情報を見てしまうがあまり、多くのトレーダーが混乱に陥っている現実があります。

投資顧問ベストプランナー概要

それに対する高見氏は、無知な状態で自身が提供する情報を頼りにする事が最良と、投資顧問ベストプランナーのサイト上で綴っています。

 

 

情報収集力に絶対の自信

実際に、収集する情報の質にはかなりの自信を持っているようで「他の情報は必要ない」とまで言い放っています。この自信を裏打ちするのは、やはり経営コンサルティング業にて培ってきた情報収集力から成るものなのでしょうか。

こういったところを鑑みると自身にも他人にも一点集中という信条を持って接し、それが先述の投資顧問ベストプランナーの実績に繋がっているという事なのでしょう。

ベストプランナー 公式サイト

サイト名
URL http://best-pln.com/
運営会社
所在地
運営責任者
メール
電話番号

この記事へのコメント(3)

  1. 匿名

    やまねメディで270%上昇 2週間かな?短期で200%以上は初だった。ここでは分析してないのね。
    DMMとの関りがあるから仮想通貨株に強いのか?知らんけど

    返信
  2. 心底後悔してます

    3月14日ゴールデンプラン始めました。30万円も払ったのに下がる一方です上がる気配はまったくありません!!不安で不安で仕方ありません!!これって詐欺じゃないですか?

    返信
    1. 匿名

      え?14日って一昨日じゃないですか。
      しかも期間契約の銘柄じゃなくて、スポットの銘柄ですよね。
      スポットの方は取り組み期間1ヶ月くらいですよ。なので私は性に合わないのでやめました。
      期間契約のロイヤルプランしか参加してません。
      あなたのような不安どうこうではありませんが、私は基本デイトレをやってた身なので短気です。
      ダラダラ保有を続けて、判断で利確するのは合いません。

      ちなみに
      中長期保有の場合、騰がり続けることなんてありえないですよ。
      株初心者の方でしょうか?
      すぐに結果を求めるなら、私のように1週間で答えの出る期間契約の方が良いですよ。
      基本ベスプラは期間契約しか勧めないのに、その上でゴールデンなんて選んだってことは、おそらくあなたの独断では?
      自業自得で騒がれても、ベスプラ側は迷惑かと。
      スクラッチなら削るだけですぐ答え出ますよ。なんて冗談も言ってみますが、株は向いてなさそうですね。
      取り合えずせっかちさんは期間契約です。
      下がるのが嫌いな場合は、私みたいにロイヤルプランが良いです。

      私も不安とかではないですが、下がるとイラっとくるのでね。
      騰がって騰がって、すぐ売却。っていうのが好きなんです。
      同じ気持ちなら間違いなくロイヤルですよ。ゴールデンはあなたに絶対合ってません。

      返信

コメントを残す

six − 3 =