注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

中国の株式市場は今後も上昇!?理由はあの対応か?

 | 0件のコメント

世界の株式市場の緊張状態は深刻化している

株式市場は、中国含み世界的にみても緊張状態にある。投資家にとっては厳しい状況であるに違いない。アメリカは金融危機の深刻さを懸念する人は少なく、株価も4倍となっている。

評価尺度としては1929年と2000年に起こった大規模市場崩壊直前を例外として、今までに類を見ないほど株価が上がっているのは言うまでもない。

第1回目のチャンスでは、次の3年間で株価が9割にも落ち込み、次の2年半では5割にまで減少。テクノロジー株の落ち込みも8割に及んだ。

これにより中国株式の投資家も緊張状態にあり、香港の上場中国企業の株式では、大手国営銀行の株式再評価によって昨年2016年から5割もの上昇が見られたのだ。

中国の国内債務の急騰は過去10年に及んでいるが、アメリカで2008年に起きたサブプライム危機に匹敵する金融危機であると言われている。

2015年に起きた大きな株式売却は、上場している香港のH株をも半年で半減させてしまう可能性がある。

財政的制圧が意味していたもの

現状としては、中国の株式市場が不安定であるということは事実だ。中国は、評価からの投資というケースではなく、ほぼ勢いで投資購入する傾向にある。

一方で、東アジアの歴史に何らかガイドがあった場合は2016年以来の景気上昇の存続にも強気な相場を示しているのである。

中国市場は、今後上昇していく可能性が高いと言えるだろう。というのもこれまで周辺諸国では経済発展の初期段階で、「財政的制圧」と呼ばれる政策の道を選択していた。

つまり、政府が民間投資を制限することで金利を下げ、特定の産業やインフラストラクチャー・プロジェクトへの安い資本に向けて金融システムを上手くコントロールしていたのである。

こうした人道的なコントロールによって、通常の貯蓄者にとっては銀行貯金獲得が困難となった。

さらに通常の貯蓄者が海外でより多くの収益を得るために他にお金をかけることも人的に防いでいた。これは非常に厳しい規制と言える。

輸出引き上げのために、過小評価を通じて使用するという方針で、先進国との格差解消が実現し、早期的に成長できることにつながった。

財政的制圧緩和に上手く対応している

経済が発展することで、財政的制圧の効果に影響が出て、多くの資本が間違って配分されていったのだ。順調に成長が続いていれば、政府の金融システムを自由化したり、経済における市場勢力資本分配を引き継ぐことができるだろう。

日本は、こうした引き継ぎを1970年代後半~1980年代初めに既に行っている。貸出金利や資本市場の規制緩和や金融セクターの競争化などは1908年代後半に台湾や韓国でも実施された。

これらの周辺諸国は経済成長が減速していても財政的制圧の緩和により、ほとんど影響がなかったのである。

日本は金融セクターを緩めた影響で株式市場が4倍となった。政策金利も低いものにしたため、バブル経済にも影響し、それから数年に渡り4倍の価格になったのである。

台湾も規制緩和したことで株式価格を値を上げ、韓国も株式市場が長期的に加熱した。

周辺諸国が着実に前進している一方で、中国はまだその後ろにいる。2008年、世界的財政危機から金融セクターの支配力を緩和した。貯蓄と貸出金利を自由化し、為替市場をも発展させた。

こうして、シャドーバンキングシステムの成長を促進し、為替レートや資本規制に対応していった。

金融政策によっては、それに伴う支配は困難になる。しかし、中国は財政的制圧の緩和を大規模に行い対応している。

周辺諸国における株式市場の流れを把握している中国は、今後10年も経てばH株の5割の利益をさらに上回る可能性がある。

長い目で見ても、中国の経済株式市場は明るいのではないだろうか。

コメントを残す

4 × 3 =