注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

中原良太|MENSA会員の経歴や評判は?【最新版】

 | 3件のコメント
中原良太

中原良太氏の経歴や実績はどうなの?

天才との呼び声高い、中原良太氏の経歴を紹介しましょう。

 

株式投資は18歳でスタート。20歳でオリジナルの運用システムトレードを開発。

Yahoo!ファイナンスでも株価予想の「投資の達人」として、お宝株の銘柄を次々と発掘評判も高まっています。

 

予想した約100銘柄のトータルパフォーマンスは+79.8%とプロをもしのぐ成績を叩き出し、ヤフーファイナンス「投資の達人」では2015年に1位という成績を残しています。(2018年現在は勝率45%と落ち込んでいる模様)

これらの経歴を見ていると、勿論トレーダーであると同時にプログラマーという側面もあり、トレードプログラムの作成に長けているという印象を受けますね。

 

したがって本来は、日経225先物やCFD、FXといった指数トレードの方が優位性が強いと見られますが、中原良太氏の戦場はやはり株式市場となっている模様です。

「恐怖指数ブレイクアウト指標」という搭載ストラテジーを株式会社テラスと共同で開発しています。

いわゆるVIX指数ですが、これがブレイクアウトする事で、爆発した市場の不安感を基に売買シグナルを拾おうというものらしいです。

 

中原良太氏は、そういったバックボーンを株取引にも取り込んでいるという事なのでしょう。ただやはり、個別株より指数の方が優位性があるような気がしてなりません。

 

中原良太と投資顧問サイトとの関連性

中原良太氏が投資顧問と提携や関連しているという記述は、調べても出てきませんでした。

あくまで、株予想サイトを主戦場としている模様です。

 

たしかに投資顧問とは人員やコンプライアンスの整備・販売体制や供託金の準備など、煩雑な作業が多くなるため、その開設は容易ではありません。代理業ならそのハードルはさらに高くなります。

また投資助言業務に至っては、自身の好きなようにトレードすれば良いものではなく、あくまで投資情報や分析に基づいた自身の判断により利用者の取引利益に寄与するというものなので、一筋縄ではいかないでしょう。

 

投資顧問業界の中で生き残っていくためには、プログラム売買の基となるテクニカルに加え、前以て自身を優位に持っていくための特殊な情報収集力が必要となってきます。

 

恐らく中原良太氏は、そのような業界の煩わしさを敬遠しているのでしょう。

ただ近年は、プログラムを基に投資助言を行っている業者も増えてきていますので、その中で精度が高いと称されている中原良太氏のプログラムが参戦するという事は、大きな優位性を発揮出来る可能性があります。

勿論その場合も、自身による運営ではなくあくまで提携や協業という形になるのでしょうが…。

 

シルバーホーク総括

中原良太氏はインタビューで、投資を始めた頃は発注する度に手が震えていたと述べていたようです。

こういうところから見ても、若年にして自身の資産を相場に掛けるという事に対する怖さを理解している、数少ない投資家であるという印象を受けました。

中原良太2

中原良太氏

性格にもよるでしょうが、大抵の人は一度利益が出ると勢い先行のトレードを行うようになり、ある程度の怪我を負って初めて投資の怖さを実感するというのが通例です。

 

また、中原氏がシステムトレードを始めた切っ掛けは、投資商材の自動売買システムを買った事だったそうです。

結局そのシステムトレードで全財産を失ってしまい、その反発心から自身の研究により遥かに凄い代物を作ってしまったとの事。

それが結局、2015年のヤフーファイナンスの投資の達人ベストパフォーマー賞まで獲得する事に至っています。このエピソードは、中原良太氏の精神力の強さと天賦の才能を感じさせるものでした。

 

実は中原良太氏は、上位2%のIQを持つ人しか入会が許されないMENSAの会員だそうです。

そして中村良太氏は株式予報という自身が運営するサイトで株式やその周辺情報を発信しており、自身のブログや動画、果ては商材販売まで行っています。

 

基本コンセプトとして株式予報は、20代の若年層にも株式投資に興味を持ってもらうためのサイトという事。

世間に溢れる人を騙して、最終的に大金をせしめようと考えている中年等が作ったフロントサイトに比べたら、志溢れているものだと感じます。

実力に定評のある中野稔彦高見英治氏といったアナリストとは、また違った色を持っている方のようですね。

この記事へのコメント(3)

  1. 匿名

    この方は、ヤフーファイナンスの予想を見ているだけでとりあえず良いのでは?
    正直、確率の発表はいいとして、その理由がまったく語られないので、
    お金を払ってまで入手する情報では無いと思うけれど。
    例えば、日経平均が金曜日に反落すると月曜日も低い確率が高いと何度も書いているけれど、
    じゃあその理由は?
    という部分は説明されない。
    システムトレードだからそれで良いのかと思うけれど、
    それならAI投信に投資したほうが安い。コスパが良い。
    理論の裏付けが無いものにお金はかけられない。

    返信
  2. 匿名

    金儲けというより、日々の株式予想サイトでは、予想極端でコロコロと180°考えを変える「無責任さ」が伺える。
    予想は個人の表現自由なので、良し悪しは問わないが、対人にコメントを読んでもらう上では印象の持たれかたに注意が必要と思う。投資の世界も怖いが、それを予想する人達も何を考えてるか読み取れない怖さ(不安さ)を与える象徴でもある。

    返信

コメントを残す

two × five =