注目のキーワード サンバイオ ニチダイ 株探

黒岩アセットマネジメントの評判・悪徳・詐欺を推奨銘柄から徹底検証

 | 0件のコメント

光陽社(7946)の検証

今回検証するのは、黒岩泰氏が率いる株式会社黒岩アセットマネジメントが運営する黒岩アセットマネジメントの進捗です。

 

黒岩アセットマネジメントのサイトには、推奨銘柄実績がありません。

 

しかし、黒岩泰氏が執筆しているとされている「黒岩の眼」というページの中に個別銘柄に対する記述が書かれています。

 

黒岩泰氏は他のサイトでもコラムを提供している評判の高いアナリストですが、この黒岩の眼の内容は、あくまでピックアップした銘柄やその背景に注目をしているというもので、必ずしも現時点の取引推奨しているとは限りません。

 

しかし利用者の中には、これを推奨と捉え損失を被る被害に繋がる事も考えられなくもありませんし、現に口コミサイトにも実際に被害を受けた旨の書き込みが散見されています。

 

黒岩の眼はどのようなものか・・・今回はその中に取り上げられている光陽社(7946)について検証・考察していきます。

銘柄名 光陽社(7946)
掲載日 2016年8月9日

 

光陽社は、オフセット印刷用写真製版の大手企業です。

株式会社 光陽社 HP画像

株式会社 光陽社 HP画像

 

光陽社(7946)の業績を確認する

DTP製版・印刷の一体受注の促進をしており、高品位を重視し印刷部門のさらなる強化を測っています。

【7946】光陽社業績推移

光陽社(7946)業績推移

2016年度の印刷業界においては、電子メディアの多様化による印刷物の需要の減少、受注価格の下落など、引き続き厳しい経営環境でした。

 

そして2016年度は、本社及び東京事業所の土地及び建物を売却。当事業年度における売上高は前年比3.0%増収とです。

 

その内訳は写真製版売上高10億43百万円(前年比5.0%減収)、印刷売上高31億57百 万円(前年比7.1%増収)、商品売上高1億14百万円(前年比19.1%減収)となっています。

 

損益面においては、営業利益が前年比35.9%増益、経常利益は前年比58.0%増益、当期純利益は、土地及び建物の売却益を計上する一方、本社移転に伴う費用を第4四半期会計期間で18百万円、累計期間で21百万円を計上し、電話加入権の除却損を14百万円計上した事により9億32百万円となりました。

 

この影響もあり、2017年度の業績見通しについては、売上高は43億30百万円で増収、営業利益は1億30百万円で増益。

 

一方経常利益は1億35百万円、当期純利益は1億9百万円で、減益を見込まれています。

 

【7946】光陽社チャート

光陽社(7946)チャート

黒岩アセットマネジメントが光陽社に関するコラムを掲載した2016年8月9日は、やはり注目されただけあって、株価が既に高水準に位置しています。

 

急伸の上、丁度、直近安値から26週目である事もあり、ここで参戦してしまった利用者は、損切りしなければ2017年1月の第2週まで塩漬け状態となる事になります。

 

その利用者が、唯一、利益確定できるのはそこだけで、以降は緩やかな下降トレンドに入り、移動平均線もデッドクロスを果たし、完全に弱気相場に移行しています。

DMP

DMP

上記のように黒岩の眼はその企業の成長性もさる事ながら、特殊性に着眼している節があります。

 

なのでやはり、良質な株取引に直結するものではなく、あくまでコラムとして捉えるべきものでしょう。

 

ここに挙げられている銘柄をただ買っていたりすれば、それは損失を連発する可能性が考えられます。

 

黒岩アセットマネジメントの基本概要

黒岩アセットマネジメントは、黒岩泰氏が参加している他サイトや、掲載されているコラムが押し出されているところを見ると、投資情報サイトと思いがちですが、れっきとした投資顧問業者です。

 

したがって、先述の黒岩の眼の他にも、銘柄選定や売買指示を行う投資助言業務も手掛けているようです。

 

それでは、黒岩アセットマネジメントを運営する株式会社黒岩アセットマネジメントの運営概要を見てみたいと思います。

 

運営状況を検証するため、下記に項目を当てはめてみます。

  1. 登録番号の表記がある ○40
  2. 代表者名の表記がある ×20
  3. 分析者名の表記がある ×5
  4. 事業範囲の表記がある ○5
  5. 住所表記がある ○10
  6. 連絡先表記がある ○10
  7. その他、特商法の表記がある ○10

総計で75点となりました。

 

黒岩アセットマネジメントのサイトには、やはり金商番号の表記が存在しています。

 

特商法の表記には分析者名の表記はありませんが、それは黒岩泰氏で間違いないでしょう。

 

また、株式会社黒岩アセットマネジメントのサイト上には、黒岩ファンドの設立を目指している旨の表記があります。

登録と届け出

登録と届け出

現時点でそれは成し遂げられていない模様ですが、ファンドを組成するには最低でもLLC、TK、LPS、若しくは適格機関投資家特例業務、投資運用業務の登録、公募するのであれば第二種金融商品取引業以上の免許が必要となります。

 

黒岩アセットマネジメントの総評

 

黒岩アセットマネジメントの代表者である黒岩泰氏は、ヤフーファイナンスやみんなの株式にて株価予想にも平行して参加しています。

 

ベースは、独自の「黒岩流~窓・壁・軸理論」という分析方法をはじめとしたテクニカルに傾倒したアナリストで、それに関する書籍等も出版しています。

 

このように多数の実績や地位もあるためか、黒岩氏自身の対する酷評はそれほど見られません。

 

あえて言うなら、黒岩アセットマネジメントの運営状態が問われており、取り沙汰されているのは公開されている事務所の所在地に関してですね。

 

長野県の県庁所在地である松本市でありながら、区画整理がされていない住所なので、間違っても市街地ではありません。

 

まあ、登録所在地の他に実際の稼働事務所がある事は珍しくありません。

 

しかし、利用者の資産運用の一翼を担う投資助言業務、ましてこれから黒岩氏が構想している資産を預託するファンド運用業務を行う場合、事務所所在地がハッキリしていないという事は、利用者や預託者から大きな不審を買う事は間違いないでしょう。

サイト名 黒岩アセットマネジメント
URL http://www.kuroiwa-am.co.jp/tokutei.html
アナリスト名 黒岩泰
利用料金
運営会社 株式会社黒岩アセットマネジメント
所在地 〒390-1131 長野県松本市今井3223-17
運営責任者 記載なし
メール 記載なし
電話番号 0263-88-7031
金商 関東財務局長(金商)第1046号

コメントを残す

five + 2 =