トレードバンクの評判・悪徳・詐欺情報を徹底検証

 | 0件のコメント

トレードバンク

トレードバンクの概要

トレードバンクのプロモーションサイト内の記述は全てあやふやですが、読み進めると、トレードバンクはどうやら日経225先物を媒体としたロジックトレードの内容をDVD化した商材のようです。

この投資対象に加え、サイト構成などを見るとトレードバンクはパワートレードに酷似しています。

投資商材のプロモーションサイトなど、特段変化を付けられるようなものではないですが、この2サイトについては、文言も全く同じ部分がありますね。

トレードバンクのロジック提供者である「メビウス」氏も、パワートレードの「伊藤ススム」氏同様、複数の投資商材にロジック提供を行っている模様です。

ジェイブレイン株式会社金脈ナビゲーター

ジェイブレイン株式会社金脈ナビゲーター

やはりメビウス氏は、伊藤ススム氏がロジックを提供している商材販売を手掛けるジェイブレイン株式会社にもロジック提供を行っている事が判りました。

全体的にメビウス氏の関わる投資商材のプロモーションサイトは、伊藤ススム氏のより派手で押し出しが強いですね。

FXも手掛けるメビウス氏

またメビウス氏は、日経225先物だけでなく、FXの投資商材も手掛けているとの事です。

どちらもシステムトレードという観点で見れば、さほど大差のないものですが、実際のロジックは同じものを落とし込んでも、思うように機能はしないでしょう。

FXであれば、通貨ペアによっても価格推移の仕方も異なります。もし、メビウス氏がそれを一緒くたにしていたとしたら、あまりにも安易です。

サイト上には、特定商取引法に関する表記にて、トレードバンクの運営者である株式会社エヌキャピタルの概要を見る事が出来ます。

株式会社エヌキャピタル、および運営統括責任者となっている佐々木 公平氏の名前を検索してみたところ、同社が販売している投資商材に関わるヒットしかありませんでした。

トレードバンクの総評

トレードバンクを運営している株式会社エヌキャピタルは、ジェイブレイン株式会社同様、投資商材販売業者としてはそれなりに実績があるようようです。

口コミサイトなどを見れば、株式会社エヌキャピタルが販売しているいくつもの投資情報サイトの書き込みが散見されます。どうやら、過去に販売していたものは現在、1,000円という破格で売り出されている模様です。

商材の精度はともかく、トレードバンクはきちんと販売を行なっているという事実が確認できるので、運営形態はまだまともと言えるでしょう。

一部では、商材自体が存在せず、料金を支払い後の音沙汰が全く無いといった被害情報もあります。

特商法に関する表記の中にも、インフォトップのサイト内から商品引き渡すと明確に記されています。

文言から商材の中身を分析

肝心の商材の内容に関しては、先述のとおり日経225先物のロジックの提供という事ですが、そのロジックに対し、プロモーションサイトの文言が気になりました。

まず、「AIがメビウス氏のノウハウを完全再現」と綴られていますが、そもそも再現するだけならAIを使わずプログラムを組めばよいのではないでしょうか。

AIを用いると、最初のプログラムでは再現できても、その後発展し、パラメーターを最適化していってしまうので、もはやメビウス氏のトレードとは別物になってしまうと考えられます。

それに追い打ちを掛けるように、メビウス氏のノウハウをAIが再現したことで、ビッグデータと連動し、相場の未来を見抜くことが可能に!などとも綴られています。

この文章は、もはや自爆していると言えるでしょう。

まずAIがビッグデータから未来相場を予測するのに、メビウス氏のノウハウは関係ありません。

また、システムトレードを行うのであれば、結局シグナルが出た時にしか取引をしないはずなので、未来の相場など予測する意味はないでしょう。

元々、投資商材のプロモーションサイトの表現など誇大なものですが、昨今ウケの良さそうなワードを内容も理解せずに乱用すると、このように恥ずかしい文章を世に晒す羽目になるという事です。

コメントを残す

1 + fifteen =