注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

株NAVIGATION(株ナビ)の評判・悪徳・詐欺を推奨銘柄から徹底検証

 | 0件のコメント
株NAVIGATION(株ナビ)
株NAVIGATION
http://ka-bu-navi.net/

SHIFT(3697)の検証

今回検証するのは、長谷川幸雄氏が率いる億トレ合同会社RISECOMPANYが運営する株NAVIGATIONです。

 

株NAVIGATIONの口コミサイト等の評判は総じて芳しくなく、多数のいわゆる詐欺まがいの被害を利用者におよぼした経歴のある悪徳業者グループの一つが運営するサイトであるという書き込みもありました。

 

実際にそういった業者のサイトは、構成が簡素という傾向がありますが、株NAVIGATIONもたしかにそういった業者独特の構成がされています。

 

実際に株NAVIGATIONはどのような業者なのか・・・まずは、サイト上にある銘柄推奨実績から検証していきたいと思います。

対象は、SHIFT(3697)です。

銘柄名 SHIFT(3697)
買い推奨 2017年9月19日/1,485円
売り推奨 2017年11月16日/2510円
利益率 69%

SHIFTは、ソフトウエアテスト事業が主力となっている企業です。ソフトウエアの品質保証も行い、関連するコンサルや研修も行なっています。

株式会社SHIFT HP画像

株式会社SHIFT HP画像

SHIFT(3697)の業績を確認する

2016年度は、大型案件に対応できる体制の構築、M&Aによる領域拡大、人材の強化・育成を重点課題として取り組んできました。また、株式会社メソドロジックとバリストライドグループ株式会社をグループ会社に迎え入れることで、ソフトウェア開発工程に沿ったソリューション提供が可能となりました。

 

既存顧客においては堅調な受注環境を維持しながら、期初より各業界トップ企業への戦略的な新規顧客開拓活動を重点的に行ってきたものの、この新規開拓を加速させるハイスキル人材の積極的な採用などの先行投資に努めました。

 

その結果、売上高は8,174,062千円(前年度比48.3%増)、営業利益は391,479千円(前年 度比24.4%減)、経常利益は440,641千円(前年度比22.6%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は208,692千円(前年度比32.2%減)となりました。

【3697】SHIFT決算

SHIFT(3697)決算

2017年度のソフトウェアテストサービスの市場規模は、年々拡大しており国内で5兆円規模と推定。

 

一方で、国内ではアウトソーシングが進んでいない現状から潜在的な成長機会は非常に大きいものと考えており、テスト業務をアウトソースする流れを加速させる働きを推進しくとしています。

 

このような状況から、平成30年8月期連結業績予想は、売上高12,000百万円(前年度比46.8%増)、営業利益800百万 円(前年度比104.4%増)、経常利益800百万円(前年度比81.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益500百万円(前 年度比139.6%増)となる見通しであります。

【3697】SHIFT業績推移

【3697】SHIFT(3697)業績推移


株NAVIGATIONが、SHIFTを買い付けた日である9月19日を検証すると、買い判断の要素としては9月13日の高値を超えた事位でしょうか。

しかしその抜けは浅く、狭い3σボリンジャーバンドにも上値を押さえられています。

たしかに買いが徐々に出てきてはいますが、SHIFTは株価推移の波が判りやすいので、わざわざ波の上限で買い判断をする事はないと思われます。

また、横軸のサイクルが判りやすいのもSHIFTの特徴と言えるでしょう。

【3697】SHIFTチャート

SHIFT(3697)チャート

そのような中で11月15日は、10月12日を起点とすると、9月11日から10月11日とのサイクルで1日飛び出た形になります。

 

これは買いを誘う1日と考察出来、25日移動平均線を下抜く売り落としが成されています。これらを把握していれば、株NAVIGATIONのように10月16日で売り判断をする事はないでしょう。

 

まだ波の上昇とサイクルの起点であり、10月17日の高値、および2,500円を超えてきた事、一段上のゾーンに突入した事を鑑みても、3,000辺りが上値の目安と予想する事は難しくなかったでしょう。

 

株NAVIGATION(株ナビ)の基本概要

株NAVIGATIONは、投資助言ではなくレポートの配信にて銘柄の推奨を行なっている模様です。

 

たしかに料金を見ても、いわゆる投資顧問業者よりは安価ですが、問われるのはそのレポートの精度に尽きる事になるでしょう。

それ以外のコンテンツは、銘柄診断など、他の投資顧問と大きな違いは見られません。

 

それでは、株NAVIGATIONを運営する合同会社RISECOMPANYの運営概要を見てみたいと思います。

株NAVIGATIONの運営会社である株式会社黒岩アセットマネジメントの運営状況を検証するため、下記に項目を当てはめてみます。

  1. 登録番号の表記がある ×40
  2. 代表者名の表記がある ○20
  3. 分析者名の表記がある ×5
  4. 事業範囲の表記がある ○5
  5. 住所表記がある ○10
  6. 連絡先表記がある ○10
  7. その他、特商法の表記がある ○10

総計で55点となりました。

株NAVIGATIONは、無登録業者ですが、自己分析によらない銘柄情報を配信するだけなら、金商登録が必要でないという見解もあります。

投資助言業の該当性の有無について

投資助言業の該当性の有無について

この辺りは、非常に微妙なラインとなっていますが、株NAVIGATIONは料金を収受した上で特定の会員にコンテンツ提供しているので、脱法となっている可能性が高いと考察できます。

 

株NAVIGATION(株ナビ)の総評

先述のとおり、株NAVIGATION業務内容から鑑みると、金商登録が無い事に懸念が生じます。

 

悪徳サイトかどうかは判りませんが、先述のように過去に利用者に対して何らかの被害を及ぼした事のある無登録業者グループのサイトに似ているという事もそうですね。

 

加えて、サイト内に綴られている文章の内容がどれも曖昧、かつ重要性がないものばかりで、示すべき実態が無いのかと考えてしまいます。

 

配信するレポートを作成しているのが、「各分野のプロフェッショナル」との事ですが、その方々の紹介や、得意分野などの記述は一切ありません。

 

また、情報のソースとしているという仕手筋やファンド関連という文言は、他のサイトでも何回か見掛けた事があり、使い回されている様相です。

 

そして、厳選した精度の高い本物の情報のみを、どの証券関連機関・投資情報サイトよりもいち早く提供すると書いています。この時点で、情報の分析を行っている事が覗えます。

 

そもそも、先の銘柄推奨実績には、ハッキリと売却指示を行っている痕跡も見受けられました。ここまで見ていると、株NAVIGATIONの違法性はかなり高くなっていると感じます。

 

サイト内の肝心な部分の文章の説明は曖昧なのに、情報をどの証券関連機関・投資情報サイトよりもいち早く提供すると、安易に断言してしまっているところもコンプライアンスの薄さを感じます。

サイト名 株NAVIGATION
URL http://ka-bu-navi.net/
運営会社 合同会社RISECOMPANY
所在地 東京都豊島区東池袋1-17-11
運営責任者 長谷川幸雄
メール info@ka-bu-navi.net
電話番号 -

コメントを残す

1 × 2 =