注目のキーワード サンバイオ ニチダイ 株探

ビットコインの今後と、身近にある落とし穴

 | 0件のコメント

ビットコインの始まり

ビットコインは、2008年にサトシ・ナカモトという人が論文を書き、それを基にしてできた仮想通貨である。

日本人のような名前だが、外国人ということがわかっている。サトシ・ナカモトは相当巨額なビットコインを所有しており、そのビットコインを一度も売ったことがない。

しかし、どこの国の人なのかは誰にも知られていない、正体不明の人物だ。

当初の論文をシステムに落とし込み、運用しており、2009年1月に最初のコインが発行された。歴史ある仮想通貨ではあるが、ビットコインが実際に知られるようになったのはここ数年のことである。

ネット上で取引し、紙幣やコインのような物理的な存在ではない「仮想通貨」であることから、複製や二重使用を防ぐことができる。

海外では、ビットコインなどの仮想通貨のことを暗号通貨と呼んでいる。また、日本よりも仮想通貨に対するイメージが悪いというのが実態だ。

ビットコインの基本特性

ビットコインの特徴としてまず挙げられるのは、銀行などの中央管理者がいないことだ。既存のプログラムがあらゆる仕組みをコントロールしているのだ。

通常であれば中央銀行が主体となって中央銀行の負債として発行されるのが「通貨」だが、仮想通貨はこうした点が存在しない。つまり、誰の負債でもないということを意味する。

ビットコインは、プルーフオブワークという計算方法を基にして採掘に成功した人のみ報酬が与えられるという仕組みがある。

採掘には時間と高性能なPCが必要になり、10分ごとに新しい採掘ブロックが作成される。採掘されるビットコインの発行上限は2100万ビットコインである。

サトシ・ナカモトによると、発行される枚数が多ければ多いほど、インフレによる影響で通貨の価値が落ちてしまうとされる。

ビットコインの通貨単位は、BTCという独自のもので複雑である。法定通貨との間に交換レートがあり、小数点以下でも取引可能で、最小単位は小数第8位である0.00000001BTCというから驚きだ。

この最少単位を1Satoshiと呼ぶ。

ビットコインの供給には限界があると言えるが、誰にも管理されず、世界中に自由に個人から個人への送金ができるようにすることを目的としたのがビットコインであると言える。

身近にある落とし穴

個人としては何ら問題がないように感じられるが、国家からしてみれば無視できない問題もある。実際、犯罪の抜け穴として使用されることがあるからだ。

また、ビットコインは1つのウォレットという電子的な財布からアドレスを複数作成することができる。ここから支払いや受け取りができるという訳だ。

このビットコインアドレスは言わば口座番号のような存在で、約30桁の英数字からなる。コインを送付する際には、アドレスを指定する必要がある。

しかし、そのアドレスを紛失してしまえば、ウォレットを管理することができずビットコインは永遠になくなることになる。アドレスがわからなくなってしまえば、まったく意味のないものとなってしまうのだ。

このような背景から、コードを紛失したりわからなくなってしまうからと紙やメモとして書き出しで保管している人がいる。これも、それらを失くしてしまえば同じことである。

紙に書き留めておくのであれば、それを印刷して写真を撮っておくなどの対策が必要不可欠となるのだ。

ビットコインを入手するには、

ここに文章

  • 仮想通貨の取引所で円として交換して購入する方法
  • お店が商品やサービスの対価として受け取る方法
  • 採掘する方法

の3つの方法がある。

2017年は、このようなビットコインが大いに話題となったが、その反面、犯罪や規制の抜け穴として使用されてしまうという危険もある。

正しく使用できていれば問題ないのだが、アドレスコードの管理不足にも注意が必要だ。仮想通貨が瞬く間に広がったが、今後2018年は問題点も指摘されるかもしれない。

コメントを残す

16 − fifteen =