マネーコード・プログラムは稼げるのか?評判を検証します。

 | 0件のコメント

マネーコード・プログラムの基本概要

今回検証するのは、マネーコード・プログラムという投資商材です。内容は仮想通貨の投資手法を記した、情報商材販売サイトのようです。

マネーコード・プログラムが販売している情報商材の投資手法とは、ビットコインのアービトラージです。

いわゆる二つ以上の取引所間によって生じる、ビットコインの提示価格のバイアスを見つけるというものです。そしてバイアスに対し、安い方を買い高い方を売るというものです。

アービトラージとは、一つの媒体に対し広がった二つ以上のバイアスは、必ず収縮するという理論を利用した手法です。

これは元々ヘッジファンド等の機関投資家が、以前から多様している手法で、代表的なものだと株価指数構成銘柄と株価指数先物を用いて行ったりします。

仮想通貨とアービトラージ

マネーコード・プログラム HP画像

マネーコード・プログラム HP画像

しかし、ここで言うアービトラージとは、相場の価格差ではなく、取引業者の提示価格のバイアスを利用するもので、よくFXブローカーを対象に行われる事がありますね。

仮想通貨は、そのボラティリティの大きさから、生じるバイアスも大きいため、アービトラージを用いるトレーダー、若しくはその手法を投資商材として販売する業者も少なくありません。

マネーコード・プログラムのサイト上には、特商法に関する表記があるため、運営会社である株式会社イーソリューションの概要も判ります。

株式会社イーソリューションと運営統括責任者である古山薫氏の名前を検索しても、マネーコード・プログラムに関するヒット以外ありませんでした。

マネーコード・プログラムに関しても、口コミなどはまだ少ないですね。

検証サイトもあるので読んでみると、内容がベタ褒めなのでマネーコード・プログラムの手先サイトではないかと思えました。

マネーコード・プログラムの総評

マネーコード・プログラムは、まだ新しいサイトだからなのか、さほど悪徳詐欺といった評判は見当たりません。また、ビットコインの取引所間の価格バイアスというものはたしかに存在しており、それを利用したトレードで利益を得ている人も実際に大勢います。

このように、世間でも周知されている手法を取り込んだ商材という事なので、あまり突っ込みどころが無いのかもしれません。ただ逆を返せば、このような単純な事をわざわざ商材という形で購入する意味はあるのでしょうか。

世間に知られていない秘術でもないですし、ピンポイント性もありません。つまりターゲットは、情報弱者だという事なのでしょう。またプロモーションにおいても、仮想通貨の優位性をひたすら説いていますが、もはや今更といった感じで、新鮮味はありません。

そして、マネーコード・プログラムのプロモーターは、村上宗嗣氏です。絵にかいたような逆転人生を送ってきたという事で、著書を出版したり、また多くの情報商材を販売しています。

マネーコード・プログラム

マネーコード・プログラム

まあ村上宗嗣氏は、情報ビジネスを自身の基盤としていますし、成り立ちにもドラマ性があるので、この先も情報商材のプロモーションを行っていくのでしょう。

仮想通貨系の情報商材は要注意

仮想通貨は、現時点では金融商品ではありません。

したがって、購入者の実取引に影響する可能性があるにも拘わらず、これといった規制が無いのが現状です。

ですので、仮想通貨系の情報商材のプロモーションは、遠慮というものがありません。その中でもマネーコード・プログラムは、若干なりとも仮想通貨の仕組みや、実際に商材に組み込まれているであろうトレード手法の大枠な概要が載せられています。

ただただマインドコントロールを繰り返す情報商材販売サイトに比べれば、マネーコード・プログラムはまだ緩やかだという印象を受けました。

何にしても情報商材は、内容を見てみないと正しい評価は出来ません。投資手法であれば、ロジックの優位性と再現性が問われる事となります。

コメントを残す

17 − 6 =