インスタレーション(FX自動売買ソフト )は本当に使えるのかを検証!

 | 0件のコメント

インスタレーションの基本概要

今回検証するのは、株式会社installationが運営するインスタレーションです。
インスタレーションは、FXの自動売買ソフトの販売サイトです。

インスタレーションが、取扱う自動売買ソフトは3種類ありますが、それぞれに長所と短所があるため、特にTK-DavidとTK-Morganは、組み合わせて利用するという事が前提となっているように思われます。

TK-DavidとTK-Morgan

TK-DavidとTK-Morgan

双方とも対象通貨がドル/円で、TK-Davidはトレンド向きでレンジが不向き、TK-Morganはレンジ向きでトレンドが不向きとなっている事からそれは一目瞭然です。

ただ、利:損=5:3という割に勝率が40~50%という勝率はイマイチですね。これは、レンジやトレンドがそれぞれ上手く捕らえられていないのではないのかと考察できます。

一方、TK-Benjaminは、時間足も15分という事でトレードが細かい分、ポンド/円で利幅を稼ぐというスキームなのでしょう。トレード回数が、月30回前後という事なので、スイング~スキャルピングとなります。

またインスタレーションでは、本来、顧客自身が行う自動売買ソフトの取引プラットフォームへのセットアップを購入者に代わって代行しているとの事です。

口コミの評判

まず、自動売買ソフトをEAと呼んでいる事からも判るとおり、取引プラットフォームはメタトレーダーですね。口コミや批評サイトを見ると、評判というか印象は良くないことがわかります。

特に「10年間無敗」というフレーズに懸念が散見されます。たしかに利:損=5:3で勝率が50%程度であれば、非現実的な数字ではありません。

それでは、インスタレーションの運営会社である株式会社installationの運営概要はどうでしょう。

因みに、株式会社installation.と代表者である竹下悟氏の名前で検索すると、やはりインスタレーションに関する検証サイトばかりがヒットします。

その中の一つに、別のFX自動売買ソフトとインスタレーションのそれが同じものではないかという文言がありました。

左:インスタレーション 右:別のFX自動売買ソフト

左:インスタレーション 右:別のFX自動売買ソフト

ロジックの内容もパフォーマンス推移も酷似していると書かれていますが、そもそもインスタレーションのロジックは、最も基本的なものです。

このロジックをベースとしている自動売買ソフトは世に多数あるため、パフォーマンスが酷似する他の業者が販売するソフトが存在するのは、至極当然の事です。

 

インスタレーションの総評

指数の相場取引において、プログラム売買の利用は昔からある事です。特に、ここ10年程でFXの認知度が飛躍的に高まりましたが、実際、FXトレードとは他の指数トレードの中でも難しいものです。

したがって近年、個人トレーダーにも様々な形で自動売買が浸透してきています。インスタレーションが取り扱っているEAは、メタトレーダーに搭載するためのもので、その作業自体は決して難しいものではありません。

ただ、この近年のこのスキームでは、VPSという仮想サーバを利用する事もあり、インスタレーションは、馴染みの無い購入者のために、設置作業の代行を行っているとの事です。

こちらも大抵有料ですが、インスタレーションのサイト上には価格の表示はありませんが、業界相場では10,000円程度です。

ただそれでも、VPSの契約、証券口座の契約、及びセットアップ後の起動も購入者自身で行わなければなりません。これらも、決して難しい作業ではないのですが、馴染みの無い人には抵抗感があるでしょう。

それと、証券口座は恐らく指定されている可能性が高く、インスタレーションはその証券会社からスプレッドバックを得ている事が予想されます。

コメントを残す

seven + nine =