注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

バグースの的外れな評判について検証をしてみました。

 | 0件のコメント

バグース推奨銘柄の検証

今回検証するのは、有限会社オープンシステムデザインが運営するバグースです。

バグースは、個別株のスクリーニング専用サイトです。

 

いわゆる、テクニカルで発生したサインをそのままサイト上に提示しているだけです。したがって投資顧問ではなく、銘柄も推奨は行っていません。

 

バグースの基本概要

先述のとおり、バグースはスクリーニング専門サイトです。割安株の選定基準もバリューではなくテクニカルに傾倒していますね。

 

RSIストキャスティクス、それと乖離率を指標として採用している模様です。

バグース HP画像

バグース HP画像

サイト上では、割高割安の週間ランキング、そして各指標の下、2銘柄ずつが、日々の割高、割安銘柄として配信されています。

 

また、バグースのサイトにはトレーニング用としたコラムがあり、その中でバグースなりの売買ルールを提唱しています。

そのルールは、下落後に陽線に転換したところを狙う、いわゆる逆張り手法のようですね。

 

因みにこれは、明確な取引指示をおこなっているわけではないので、投資助言業務には該当しません。

バグースを運営する有限会社オープンシステムデザインの名前を検索すると、会社ホームページが出てきます。

有限会社オープンシステムデザイン

有限会社オープンシステムデザイン

有限会社オープンシステムデザインは、WEBシステムやアプリケーションの開発を行なっている企業でした。

 

バグースの総評

バグースに対する口コミや検証サイトを見ると、意図的とも思える悪評がいくつか散見されました。しかし、その書き込みの内容は的外れなものばかりです。

 

まず、バグースに対して当たらないとか無登録と罵るのは、投稿者がこのサイトがどういうものか解っていない証拠です。

 

しかも、それを運営面に絡めて、詐欺だ被害だ悪徳だと言っているのには呆れてしまいます。

あくまで株情報サイトなので、それらはバグースに対する評価の対象にはなりません。

 

先述のとおり、バグースは投資顧問サイトではないので銘柄推奨などは業務として行えません。

誤解している人達は、サイト内の本日の無料割安銘柄を見て、バグースが銘柄推奨を行っていると勘違いしたのでしょうか。

 

これは、RSI、ストキャスティクス、乖離率にてサインが出たものをそのまま掲載しているだけなので、投資助言業には該当しません。

該当するのは、業者側による分析が行なわれた上で推奨している場合ですね。

 

銘柄選定の基準が厳しめ?

また、バグースでは、RSIで10%以下で割安、90%以上で割高、ストキャスティクスにおいては、5%以下を割安、95%以上を割高、乖離率を-20%以下で割安銘柄として公開対象とし、25%以上で割高としている模様です。

 

下落後の陽転を狙うと考えると、-20%以下の乖離という判断は妥当と思えますが、他はかなりシビアですね。

これら全てが該当となるバグースが言う鉄板銘柄など、そうそう出るものではないでしょう。

 

バグースは、ヤフージャパンにも登録されているという事で、評判とは裏腹に運営面はしっかりしている模様です。ただ、バグースのようなスクリーニングは、株情報サイトや高度な証券口座を開設すれば見る事が出来ます。

 

バグースの有料コンテンツは、いわゆるスクリーニング作業を利用者に代わって行う事が意義なのでしょう。

しかし、高度な証券会社の顧客用サイトは、簡単な操作でそれを割り出せるものもあるので、わざわざ4,200円もの料金を毎月支払ってバグースを利用する価値があるのかは疑問です。

サイト名 株式情報サイトバグース
URL http://www.bagu-s.com/
運営会社 有限会社オープンシステムデザイン
所在地 大阪市中央区南船場1-3-21 グラスコート 401
運営責任者 山本 浩二
メール -
電話番号 06-6121-6158
金商 -

コメントを残す

three + eighteen =