注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

小林大純氏のアナリスト評判・評価を検証!

 | 0件のコメント
小林大純氏

小林大純の銘柄予想、実績を検証

今回は、フィスコにて新興市場・IPOを担当しているアナリスト小林大純氏の検証です。

 

その業務のとおり、主に新興市場やIPO企業を担当し、日々調査や情報発信に携わっているとの事です。

 

日経CNBCなど各種メディアへの出演に加え、日経マネーといったマネー誌や経済誌への寄稿も行っています。

小林大純氏

小林大純氏

経歴としては、早稲田大学法学部卒、同大学院ファイナンス研究科を修了。

 

フィスコ入社以前はIRコンサルタントなどに従事し、上場企業内部の事情にも通じていたとの事です。

 

その他には、Yahoo!ファイナンスの投資の達人にて、株価予想にも参加しています。勝率は、直近で75%という驚異的パフォーマンスを出しています。

 

口コミの評判を探そうとしても、小林大純氏自体に対する書き込みは見当たりませんでした。

 

小林大純氏の信条は「現場百回」。つまり、取引対象銘柄とする企業などに出向いてリサーチをする事が多いという事です。

 

アナリストという立場上、それは当然なのかもしれませんが、中でもIPOウォッチャーという担当分野があるため、その頻度や深度は一層高い事でしょう。

 

小林大純氏と投資顧問サイトとの関連性

先述のとおり、小林大純氏は現在、株式会社フィスコにて従事しています。

株式会社フィスコ

株式会社フィスコ

これは提携などではなく、あくまでフィスコのスタッフとしての立場なので、小林大純氏自体が積極的に自身を売り込もうという姿勢は見られません。

 

それでも、IPOを専門にしているアナリストは少数派なので、日経マネーなどのメディアからのオファーもあるのでしょう。

 

先程も述べましたが、小林大純氏の口コミでの評価を調べようとしても、当人自体の批評は見当たりません。

 

しかし、フィスコの書き込みはいくつか出てきます。それでも、評判の良し悪しはハッキリしません。

 

フィスコは、在籍しているアナリスト達の相場見解をレポートで閲覧できるというサービスです。評価が難しいところがあるのでしょう。

 

見解を出すアナリストは6人いるらしく、それぞれが異なる内容のレポートを出すので、確率で見れば、的中する可能性は高くなります。

 

これが、フィスコの評価をし難くしている要因でしょう。

 

利用料金は安価で、そもそもが知名度の高い会社であるため、運営面で突くのも容易ではないと思われます。

 

少なくとも、詐欺悪徳、何らかの被害を被ったなどという書き込みは見受けられませんでした。

 

シルバーホーク総括

小林大純氏は、一部の専門家のように、様々なメディアに頻繁に出現してアイドルさながらの知名度をほこるタイプではありません。

 

先述のとおり、従属していう会社があるという事もありますが、出演するにしても堅めのメディアが選定されている印象を受けます。

 

Yahoo!ファイナンスなどの株予想サイトにおいては、自身の腕試しという要素があるのではないかと感じられます。

 

したがって、メディアに出現するも実直なアナリストという印象を受けました。また少数派のIPOウォッチャーという立場も、重宝される理由かもしれません。

 

実際、IPOはまだ上場していないため、過去相場を基にするテクニカル分析という概念はありません。

 

したがって要求されるのは、対象企業の分析の深さに尽きるため、小林大純氏の企業調査力、分析力は他のアナリストと比べても群を抜いているはずです。

 

もちろんそれらは既上場企業の分析にも生かされ、フィスコの業務上、非常に深みのあるレポートの提供が叶う事になる事が想像できます。

 

情報が溢れている大型銘柄よりも、やはり企業情報に特異性のある新興市場の担当に小林大純氏が着任している事も大いに頷けます。

コメントを残す

four × two =