注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

全日本恩返しプロジェクトは悪徳業者!?詐欺被害評判などを検証!

 | 0件のコメント
全日本恩返しプロジェクト

全日本恩返しプロジェクトの基本概要

今回検証するのは、筒井祐介氏が販売者となっている全日本恩返しプロジェクトという情報商材の販売サイトです。全日本恩返しプロジェクトの媒体名は、スマートビットバンクです。

ただ販売サイトというものの、全日本恩返しプロジェクトのサイト上では提供価格は無料としています。その理由としては、戦後の苦境から日本をここまで豊かにしてくれた高齢者の方々に恩返しとの事です。

恩返しをするための利殖媒体は、サイト内の文章からするとビットコインであるようです。ビットコインでどう稼ぐかにもよりますが、基本的には価格差で利益を捻出するものです。

しかし全日本恩返しプロジェクトでは、コンスタントに利益が出せるとしています。当然、トレードとなればそういうわけにはいきません。

したがって、全日本恩返しプロジェクトのスキームはアービトラージではないかと思われます。

アービトラージとは

実際、コンスタントに得られている利益率も20%位とビットコインのボラティリティから考えると小規模です。

スマートビットバンク

スマートビットバンク

実際に口コミでも、スマートビットバンクのスキームがアービトラージであるという書き込みが散見されます。

これは、複数の取引所間の同媒体の提示価格差に対し、高い取引所の価格に売り、安い取引所での価格に買いを入れるというもので、仮想通貨に限らず様々な市場で用いられている手法です。

結局の問題は、販売している業者の運営がまともかどうかという事に尽きるでしょう。

全日本恩返しプロジェクトの口コミでの評判は、極悪詐欺悪徳業者といった尋常でない悪い評価がされているようです。

とにかく、全日本恩返しプロジェクトの運営概要を見てみたいと思います。特商法に関する表記によると、全日本恩返しプロジェクトは、筒井祐介氏個人が販売している事になっています。

 

全日本恩返しプロジェクトの総評

全日本恩返しプロジェクトのサイト上での文章は、何かの矛盾があるという事は特に見当たりません。

スマートビットバンクが、ビットコインやアルトコインのアービトラージをスキームとしていれば、たしかにコンスタントな利益捻出も可能でしょうし、提示している利益率も誇大という印象は受けませんでした。

また、ビットコインやアルトコインのボラティリティは非常に大きいため、取引所間で生じる提示価格のバイアスも、他の市場に比べて大きくなります。

したがって、このような仮想通貨こそ、アービトラージの優位性はあると言えるでしょう。

ターゲットを高齢者に絞る理由は?

問題は、全日本恩返しプロジェクトがターゲットとしている高齢者が、シビアな発注能力が要求されるアービトラージを再現できるかという事です。

仮想通貨の取引自体、中長期の現物株取引を主体としていた時代を生きてきた高齢者が、近年誕生した尋常ではないほど激しい仮想通貨の値動きに付いて行けるでしょうか。

また、全日本恩返しプロジェクトがターゲットを高齢者に絞る理由は何でしょうか。

日本を豊にしてくれたお礼と言っていますが、筒井祐介氏が本当にそんな事を考えているとは思えません。もし、本当にこのような事を考えているのなら、もっときちんとしたプロモーションを行うでしょう。

ちなみにアービトラージとは、利益を捻出できる可能性が高い分、その利幅は小さいものとなります。したがって、アービトラージとは、ある程度の大きな資金で取引を行うのが通例です。

憶測ですが筒井祐介氏は、自身が行うアービトラージの資金を集めるためにプロモーションしているのではないでしょうか。

効率良く資金調達するなら、何だかんだで資産を蓄えている高齢者を狙うでしょうから。

コメントを残す

thirteen + sixteen =