注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

ライズ株式スクールの評判はどうなの?検証してみました。

 | 0件のコメント
ライズ株式スクール

ライズ株式スクールの基本概要

今回検証するのは、浅野誉士氏が責任者を務める有限会社ピー・エム・エーが運営するのライズ株式スクールというサイトです。

ここでのコンテンツは、オンライントレードスクールですね。基本的には、サイト上に随時アップロードされる動画にて講習を受けるという事になります。その他にも、東京・横浜・大阪・神戸・福岡でセミナーも開催されており、内容も会場によって異なるようです。

カリキュラムは、初級・中級・上級、それとRTC前半と後半、そして実践という段階があり、サイト上で動画も区分けされています。他には、研究銘柄とニュースのサプリというページがあり、これは会員しか見れないようになっています。

ライズ株式スクール カリキュラム

ライズ株式スクール カリキュラム

誰でも見れるのは相場観コメントですが、これはライズ株式スクールの見解というよりは、テクニカルに傾倒した市況レポートといった様相です。口コミの評判はあまり良くないですね。

まずは高額となるセミナーの参加費用、そして結局のところは、他の株式投資スクールと比較した優位性が感じられないという評価でした。

まあ、セミナー情報が虚偽であるとか、コンテンツが提供されないといった事はなさそうなので、悪徳業者ではないと思われます。詐欺被害などの報告は一切ありません。

有限会社ピー・エム・エーの運営状態

それでは、ライズ株式スクールの運営会社である有限会社ピー・エム・エーの運営状態を見てみます。

ライズ株式スクールは、特商法に関する表記がありませんが準備中となっています。細かい事を言ってしまうと、これはサイト上でコンテンツを販売しているので、同表記が完成するまでは販売をする事は出来ません。

また運営責任者である浅野誉士氏は、企業eyeというメディアで取材を受けています。

浅野誉士氏、企業eye取材記事

浅野誉士氏、企業eye取材記事

その中で浅野誉士氏は、取引における時間軸を選んでクラス分けが出来ることをライズ株式スクールの強味だと述べています。

 

ライズ株式スクールの総評

ライズ株式スクールの会員制動画の新着のものは、そのテーマが判るようになっています。全てを見ているわけではありませんが、基本的にテクニカルに傾倒している模様です。

まあ、動画ではチャートを用いるので、必然的にそうなるのでしょう。また、ネット上で話題になっているセミナーに対しては、体験談なども上げられています。

セミナーの内容も、動画と同じ理由でやはりテクニカル寄りとなっています。特にサイクルを重視している事が見受けられます。

主軸として用いる時間軸は、月足という事ですね。たしかに大きい時間軸ほど、テクニカルが効きやすいという傾向はあります。

とにかくセミナー料金が高額

ただ、セミナーの料金が高額だと印象を受けました。これはランクがあがるほど高くなり、上級コースだと7回で22万円もします。

しかも、初心者コースで入ったとしても、実践で臨めるようになるには、上級コースまで受けなければならないカリキュラムとなっているようなので、合計すればかなりの金額になってしまいます。

ただし、ライズ株式スクールのチャート分析は、かなり独自性が強いそうなので、値段に見合う内容である可能性もあります。

もし初心者コースから始めたとしたら、受講料の合計は50万円近くになりますが、50万円という金額は、それほど大きい資金でなくてもトレードにおいて利益を獲得する事も可能ではあるでしょう。

ですが、分析方法自体の価値はイコールとはなりません何故なら、ネットで検索しても優位性の高い手法は、今や山ほど公開されています。

加えて、手法が頭に入っても、実際に身体で再現が出来なければ意味がありません。それらを含めても、会得したいと思えるようなものであれば、受講するのも良いのではないかと考えます。

コメントを残す

thirteen − 11 =