注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

ワンタップバイ(One Tap BUY)の評判を分析!使い勝手は?

 | 0件のコメント

ワンタップバイ(One Tap BUY)の基本概要

今回検証するのは、林和人氏が代表取締役を務めるワンタップバイというコンテンツの紹介サイトです。

このコンテンツは、証券口座に入金をしなくても、銀行口座から直接株取引を行えるというものです。

対象は元々が米国株で、後から日本株に参入したといった経緯となっていますが、双方とも取引できる銘柄は市場の一部となっています。

これらが、スマホでスリータップで買い付けが出来るという斬新なツールです。提携しているのはみずほ銀行となっており、当預金口座からならそのまま株式の買い付けが出来ます。

株式会社ワンタップバイは、第一種金融商品取引業の登録がされている証券会社であり、ワンタップバイのツールにて、現在ネット証券7社の中で3番目の口座取り扱い数を誇っています。

このツールの斬新さから、多くのメディアで取り上げられており、特にWBSでは頻繁に取り上げられていました。

それでは、株式会社ワンタップバイの運営状態を見てみます。

株式会社ワンタップバイの株主構成は、代表取締役/CEOを務める林和人氏、協業を行っているみずほフィナンシャルグループのみずほ証券、ソフトバンク、ヤフーの他は、同社系をはじめとしたベンチャーキャピタルで占められています。

 

ワンタップバイ(One Tap BUY)の総評

株式会社ワンタップバイは大企業なので、町場の投資顧問相手に偏った批評をしている口コミや検証サイトなどは、触る事を避けている模様です。

ワンタップバイには、さすがに傾倒批評サイトで散見される詐欺悪徳といったワードも愚言になりますし、それらの管理者に評価される言われもないでしょう。

批評対象となっている事と言えば、ワンタップバイのツールの使い心地、それと株式会社ワンタップバイの証券会社としての手数料に対してですね。総体的には高評価とされている模様です。

まず、ワンタップバイ自体は、まだ他に無いシステムなので、比較する物がありません。

実際の使い心地は、スマホを対象にしたシステムだけあって、非常に簡単という事です。さらに取引手数料に関しては、業界でも低水準です。

さらに、他の証券会社のように最低手数料というものが存在しないため、株式会社ワンタップバイは、小さい数量の取引にて優位性が特に高くなります。

これが、TVCMでも強調されている1000円から株主がキャッチフレーズとなっている所以でしょう。あえて不満となっている事を挙げると、対象銘柄がまだ少ないという事でしょうか。

画期的なシステム

何にしてもワンタップバイは、証券取引の概念を変えてしまう程斬新な物なので、今後、証券会社の在り方が変わっていく事は目に見えています。恐らくこのシステムは他の証券会社でも採用され、普及していく事は間違いないでしょう。

そもそもここは投資顧問批評サイトです。株式会社ワンタップバイにも投資顧問部はあるでしょうが、基本的にラップ口座を運用する代理業です。そして、株式会社ワンタップバイのサイト上で、その中身が記されているわけがありません。

今回は、ワンタップバイという改革的なツールについて検証する事となりましたが、検証を行うのは難しい結果となりました。

コメントを残す

six + 18 =