パワートレンドのサポート面は問題ないのか、評判を検証してみた。

 | 1件のコメント

パワートレンドの基本概要

今回検証するのは、伊藤智洋氏が代表者を務める投資情報サービスが運営しているパワートレンドという会員制の株情報サイトです。

会員に提供されるコンテンツは、相場に関する取引の仕方や様々な情報やセミナー、パワートレンド独自の分析チャートの閲覧等です。また、現在サイト上では、パワートレンド理論の詳細が詰め込まれているDVDの販売もされています。こちらは会費とは別に購入費用が掛かる模様です。

他にも会員はPTASというスクリーニング機能を搭載したツールを利用する事が出来るらしく、会員はこれにより取引する銘柄を選定していくという事になります。

パワートレンドの分析法は、指数をベースとして、個別株にもスライドさせています。また、WBSIやNBSIといった独自の指標や分析方法を有しており、特に月間や年間という期間を鑑みた分析が基礎となっている模様です。

パワートレンド WBSI NBSIの解説

パワートレンド WBSI NBSIの解説

要は一定期間の間に、ロウソク足を基準として、株価がどのように推移していくかをパターンで区分けした上で分析していくという事です。

他にもパワートレンドでは、会員を対象とした株価予想コンテストなるものを開催しており、指定時期の株価を的中させた会員には、先述のDVDを無料で進呈しているとの事でした。

口コミでは、実際に利用した体験談が多く見受けられました。評価としてはマチマチというところですね。評判を読んでいると、上手くいった人とそうでない人の差は、結局局面によって分かれている印象を受けました。

当然の事ですが、パワートレンドも相場によって優位性が薄れる事もあるという事ですね。それでは、パワートレンドの運営会社である投資情報サービスの運営状態を見てみます。

運営会社の運営状態をチェック

運営面において、投資情報サービスに対し、口コミで詐欺悪徳といったワードは見受けられませんでしたが、パワートレンドの運営者である投資情報サービスのサポート面について不安視されていました。

投資情報サービスは屋号が法人ではないので、その予想規模から代表者である伊藤智洋氏一人が全てを担っているという憶測によるものです。

もしそうであれば、サポートが行き届かないという被害も起こり得るでしょう。

株式会社ラヴィコが、運営協力会社として挙げられていますが、この企業はチャートなどのシステム面を担っていると見られるので、利用者のサポートには関与しないと思われます。

株式会社ラヴィコ

株式会社ラヴィコ

ストックポイントの総評

口コミにもあるように、パワートレンドの懸念はサポート体制が薄いと想像出来るところですね。

パワートレンド理論自体は、マッチチャートやマーケットウエーブファインダーといったチャートを見る限り、局面ごとの対応範囲はある程度広そうです。観点は複数存在していますが、パワートレンドの分析法の優位性は高いと考えても良いかと考えます。

パワートレンドの分析者であろう代表者の伊藤智洋氏は、証券会社、商品先物調査会社のテクニカルアナリストを経て、投資情報サービスを設立しています。株式投資の世界では著名人で、他サイトでも相場観を公開し、著書なども多く出版しています。


斬新なテクニカル分析法を編み出すという離れ業をやってのけられるのは、やはりこのようなの裏打ちがあり、相場分析に長けているのは間違いないでしょう。

WBSIやNBSIのように、ただでさえ新しい指標や分析法の研究に日々追われているのに、利用者のフォローまで手が回るのかと考えると、たしかに懸念が生じます。

特に初心者にはハードルの高い分析方法なので、サポートなしで自身で取引に用いる事は非常に難儀でしょう。

サイト名 パワートレンド
URL http://p-trend.jp/index.html
アナリスト名 伊藤智洋
利用料金
運営会社 -
所在地 東京都板橋区舟渡1-16-13
運営責任者 伊藤智洋
メール ptinfo@p-trend.jp
電話番号 -

この記事へのコメント(1)

  1. 元会員

    元会員です。ホームページがhttps://ptrend.netになり新しくなったようです。
    この新しいサイトでは、旧サイトで関係していた会社は関わっていないようで、サポート面でさらに不安に感じます。
    また伊藤氏はまだドル円のことを円ドルと言っていたり、予想をはずして言い訳ばかりだったためアナリストの資質があるか疑問です。
    もう会員になることはないですが、お知らせにこんな文章がありました。

    メール連絡が全くできない件です
    お持ちの携帯で、迷惑メール防止フィルタをつけているなどの作業をしたか、
    なんらかの理由で携帯へPCからのメールを受け取れないような設定になっている方がいます。
    その方は、こちらへメールを送れておりますが、
    パワートレンドから配信している返信等、まったく気が付いていない状態となっています。
    いろいろなメールアドレスで試しましたが、まったく気が付いていません。
    もう疲れました。
    携帯ショップに連絡しても、携帯からメールしろと言われるだけです。
    すみませんが、メールしても返信がない方は、携帯の設定を確認して下さい。
    どうやってもこちらから連絡がとれません。
    何度も、何度も、いろいろなアドレスでお送りしています。

    au以外の方も、念のため、ご確認をお願いします。
    hotmailにも送れていない感じがします。
    お問い合わせのメールには、すべて遅くても当日中に返信しています。
    返信がない場合、受け取る側の設定の問題も考えて見て下さい。
    よろしくお願いいたします。

    投資情報サービス
    伊藤智洋

    文体はバラバラで、「まったく気が付いていません。」や「受け取る側の設定の問題も考えて見て下さい。」ではメール受信している人の方を責めているように見え、不愉快な文章ですが、特に目をひいたのは「もう疲れました。」です。
    誰もが見るところにそんな文章は普通書かないですが、さすが伊藤氏、精神年齢の低さを感じさせます。
    何をやらかすか分からないので、そんな楽しさ?が伊藤氏にはあるのかもしれません。

    返信

コメントを残す

4 × two =