割安株はここで見つけろは詐欺業者だと評判に?検証してみました。

 | 0件のコメント

割安株はここで見つけろ

「割安株はここで見つけろ」の基本概要

今回検証するのは、兼重知義氏と内藤あきら氏が運営者となってい「割安株はここで見つけろ」という情報商材の販売サイトです。

「割安株はここで見つけろ」のコンテンツは、7回のメールセミナーとの事です。その内容は、勝ち組投資家が必ず行っているとの事。

その手法は、テクニカル分析や財務分析などではない裏の戦略との事です。

結局は、割安株の見つけ方という事になりますが、この情報を知っているシリコンバレーの金の亡者は、該当する銘柄を買いまくっているそうです。

「割安株はここで見つけろ」のプロモーターは内藤あきら氏で、その肩書きを見ていると金融メディアの編集者か投資銀行のアドバイザー、PEファンドのプレイヤーのようです。

そのような素晴らしい経歴をお持ちの内藤あきら氏の名前を検索すると、先述のようなプレイヤーとしての該当一切ありませんでした。代わりに他の投資商材をプロモートしているという事が判明しました。

商材プロモート

商材プロモート

口コミの評価は悪く、メールに書かれている情報の精度は最低という評価でした。

また同じ情報商材にて、何やら会員向けの銘柄情報が外部に漏れていたという事に対する酷評が散見されました。

実際に、そのような事が起きていた模様です。

銘柄情報が外部に漏れていたことの報告

銘柄情報が外部に漏れていたことの報告

詐欺悪徳というよりは、その運営体制の甘さに対する指摘が多いようです。今回は投資情報でしたが、これが顧客の個人情報であったら、相当な被害となるでしょう。

ここで「割安株はここで見つけろ」の運営概要を見てみたいと思います。特商法に関する表記によると、「割安株はここで見つけろ」は、兼重知義氏、及び内藤あきら氏個人が運営している事になっています。

「割安株はここで見つけろ」の総評

「割安株はここで見つけろ」のサイト上での文章は、誇大感が満載です。

また矛盾点も存在し、サイトページの上部では、当情報はテクニカル分析や財務分析などではない裏の戦略と書かれているのに、下部では、テクニカル分析や財務分析の専門家などに情報を共有してもらっているなどと綴られています。

そもそも、どの部分を見て割安かの概念が多岐に渡るとはいえ、基本的にバリュー投資はハッキリ出ている数字の下選定するので、突出して優位性を持った分析方法があるものではありません。

内藤あきら氏は公式ブログを開設しており、その綴りも随分とハッキリした売買指示を行っています。内藤あきら氏が投資助言業を有しているのかが気になるところです。ただ、内藤あきら氏がファイナンスアレンジャー、ポートフォリオマネージャーという経歴を有しているスペシャリストならクリアしている可能性もありますね。

ただ不自然なのが、テレビ、マスコミ、出版業界には一切出る事が無いとしていますが、だからこそ情報商材などのプロモーションサイトで名前を出しているところです。まあ、スペシャリストだからメディアに頻出するという考え方はおかしいですが、イマイチしっくりいかない人物です。

もう一人の運営者「兼重知義氏」について

さらにしっくりいかないのが、もう一人の運営者である兼重知義氏です。

名前を検索すると、株式専門アドバイザーである兼重智義氏がヒットします。

実は、サイトの特商法の表記の兼重知義氏の字は、以前は兼重智義氏という表記であった事が判りました。

兼重智義氏であれば、株式投資専門アドバイザーとしてブログを開設しています。

兼重智義氏ブログ

兼重智義氏ブログ

ただ、兼重智義氏のホームページのURLは閉鎖されており、投稿は一度もされていません。ここまで見ると、両名には不振な点が多いです。

どちらにしても、実際に提供される情報の精度に対する評判を見れば、「割安株はここで見つけろ」を利用する気になる人はいないでしょう。

コメントを残す

17 − 4 =