注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

プライベートバンクは悪徳業者!?評判を徹底検証!

 | 0件のコメント
プライベートバンク
プライベートバンク
http://private-bank-jp.com/

プライベートバンクの推奨銘柄

今回検証するのは、Li Xin Hong氏が代表を務めるトレードベーシックが運営するプライベートバンクです。

 

プライベートバンクは、銘柄情報の配信をコンテンツとしたサイトです。

サイト上には「過去の実績は必要ない」という事で、推奨銘柄実績を公開していません。

したがってこちらについては、進捗があり次第、随時ご報告させて頂きたいと思います。

 

プライベートバンクの基本概要

それでは、プライベートバンクの運営会社であるトレードベーシックの運営状況を検証するため、下記に項目を当てはめてみます。

  1. 登録番号の表記がある ×40
  2. 代表者名の表記がある ○20
  3. 分析者名の表記がある ×5
  4. 事業範囲の表記がある ×5
  5. 住所表記がある ○10
  6. 連絡先表記がある ○10
  7. その他、特商法の表記がある ○10

総計で50点となりました。

プライベートバンクは、サイト上に分析者の表記がありません。

登録住所がマーシャル諸島ですね。代表者も中国名となっています。

連絡先はメールアドレスのみで電話番号の表記がありません。

販売商品の表記はありますが、トレードベーシックがどのような事業を行っているかの表記がありません。

 

さらに、トレードベーシックは金商登録がありません。

トレードベーシックがもし日本の会社でなかったとしても、日本人を対象に投資助言サービスを行うなら、登録が必要となります。

 

また登録の必要性は、配信する銘柄情報の内容にもよりますが、分析した上で、有料会員に限定して情報配信を行っているのであれば、それは必要となります。

 

もしこれらに該当するのに、無登録で業務を行っているのであれば、トレードベーシックはプライベートバンクを通じて脱法行為を行っているという事になります。

 

プライベートバンクの総評

プライベートバンクの口コミを見ると、評判芳しくありません。

 

登録住所が海外、金商無登録無しと、突っ込みどころはたしかに沢山ありますので、漏れなく指摘されています。

詐欺サイトである事が前提として書き込まれているもようですね。ただ、14日間の無料期間があるという事で、その時だけ使ってみようという意見も多いです。

プライベートバンク 料金システム

プライベートバンク 料金システム

実際に登録してみようとしても、完全紹介制という事なので申し込みボタンが押せません。

ではどうやって紹介かどうかの区別を付けるのか疑問にも思いましたが、もしプライベートバンクが悪徳業者であったとしても、紹介されていなければ少なくとも何らかの被害に遭う事はなさそうですね。

 

利用者の書き込みらしきものもありましたが、配信される情報の精度は決して良くないようです。

それらの内容を見ていても判りますが、プライベートバンクのサイト上には、決済値の指定を行う旨の文言がありますので、運営会社であるトレードベーシックは完全に要金商登録業者です。

つまりトレードベーシックは違法業者、プライベートバンクは違法サイトという事になります。

 

また、プライベートバンクのサイト構成は、世間に蔓延している無登録業者グループ特有のテイストがあります。

住所は、マーシャル諸島となっていますが、その無登録業者グループは日本が拠点ですので、この住所自体にも信憑性はありません。

まあ本当だったとしても、簡単に設立できるオフショア法人、代表者も中国名だという事でノミニーの可能性も高いと思われます。

マーシャル諸島の法人設立申請

マーシャル諸島の法人設立申請

したがって、利用者が何かの被害を被ったとしても、文句の持って行き所は無いと考えて良いでしょう。

プライベートバンクなどという検索逃れ意図丸出しのネーミングにも溜息が出ます。

サイト名 プライベートバンク
URL http://private-bank-jp.com/
運営会社 トレードベーシック(TradeBsic Inc)
所在地 Trust Company Complex, Ajeltake Road,Ajeltake Island、Majuro、 Marshall Island MH96960
運営責任者 Li Xin Hong
メール support@private-bank-jp.com
電話番号 -
金商 -

コメントを残す

fifteen + twenty =