投資の流儀の評判・悪徳・詐欺を推奨銘柄から徹底検証

 | 0件のコメント

投資の流儀の基本概要

今回検証するのは、紫垣英昭氏が運営統括責任者となっており、オープンエデュケーション株式会社が運営する投資の流儀という投資教育に関する情報サイトです。

 

投資の流儀のコンテンツは様々で、投資教育につながる媒体なら何でも取り入れているような感があります。

 

コンテンツは自身の範疇だけではないようで、他の専門家などが運営しているサイトへのリンクがいくつか見られます。

 

コンテンツの中でも力を入れられていると見られるのが、セミナーを中心とした講義によるものです。

 

その開催頻度は、メインとなっている投資戦略会議というテーマの会でも最低月一回は開催されています。付属としてか、他テーマの会もスポットで多数開催されています。

 

スポット開催のセミナーは、オープンエデュケーション株式会社の所在地が大阪であるためか、関西圏のでの開催が多いように見受けられます。

 

セミナー以外のコンテンツは

他にも、投資教養に関するブログ・通信講座・トレード手法を組み込んだ情報商材の販売まで行っています。

 

オープンエデュケーション株式会社の代表取締役である紫垣英昭氏は、証券会社で法人部門、および自己売買部門に従事した後、金融情報配信業務を開始。

 

並行して証券新報社やフューチャーズジャパンといったメディアにて記事を連載、自身が執筆した書籍も出版されています。

紫垣英昭氏が執筆した書籍

一番目を引く経歴は、金融新戦略検討委員会の一員として制度融資改革に取り組んだ事でしょう。個人投資家育成事業を本格化させたのは2010年からだそうです。

 

業界内の付き合いも広いのか、投資の流儀のコンテンツの中には藤本誠之氏のレポート配信コンテンツへのリンクも貼られています。

 

それでは、投資の流儀の運営会社であるオープンエデュケーション株式会社の運営概要を見てみたいと思います。

 

オープンエデュケーション株式会社は、基本的に情報商材の販売を主軸としている企業のようです。

 

投資の流儀のサイト上でもリンクがありますが、実際にオープンエデュケーション株式会社は、代表取締役である紫垣英昭氏がプレゼンターとなった様々な情報商材を世に出しています。

 

投資の流儀の総評

投資の流儀の口コミサイトの評判は総体的に芳しくないものの、投稿の殆どに具体性が欠けています。

 

要因としては、紫垣英昭氏があまり世間に知られていないところと、やはり情報商材を多数販売しているという事でしょうか。

 

投資の流儀のサイトは、紫垣英昭氏におけるセミナーや情報商材等のコンテンツをパックして販売しているサイトという印象を受けます。

 

ただ、利用者の書き込みというものが殆ど見受けられず、情報商材というイメージで悪徳業者と思い込んでいる様相の書き込みもありました。

 

詐欺的な要素は一つもない優良サイト

ただ実際に被害に遭ったというものは一つもありません。

 

情報商材は判りませんが、投資の流儀から見れるコンテンツやセミナー開催実績などを見ていると、運営に関して詐欺的な要素は見受けられませんね。

 

サイト上で見られるブログを読んでいると、初心者向けとはいえ、中身はしっかりしています。

 

実際に会員専用サイトでのコンテンツも、マンツーマンコンサルティングといった適当に行うには難儀なものも存在しています。

 

ただ商材の一つであるビットコインマイニングプロジェクトは、知らない人から見ると印象は悪いでしょう。

ビットコインマイニング・プロジェクト

ビットコインマイニング・プロジェクト

当然、ビットコインのマイニング自体は、投資という観点から見ても優位性が高いものではありますが、仮想通貨に関連したインチキ商材は世に溢れているため、初見のサイトから一緒くたに出さない方が良い気がします。

コメントを残す

twelve + seven =