販売台数・売上高が好調、2018年に新たな動きを見せる任天堂

 | 0件のコメント

任天堂の次世代ゲーム機・Switchが売上好調

任天堂から2017年3月に発売された「Nintendo Switch」の売上が現在好調を見せている。

クリスマスシーズンでゲームの売上にも大きな影響をもたらす、第3・四半期決算では、昨年10〜12月の売上高よりも約3倍に及ぶ4830億円程にまでのぼり、営業利益も3.6倍アップした。これらの売上はNintendo Switchの売上によるものが大きい。

もうすぐ発売から1年を迎えようとしているが、Switchの販売台数は約1700万台以上を見込むと言われており、任天堂でも過去発売された据え置きゲーム機以上の販売台数となるのではないかと示唆している。

Switchが発売される前に出ていた「Wii U」は、販売台数が約1356万台であり、既にSwitchの方が売り上げていることが分かる。

過去最も売れた据え置きゲーム機は、6年で1億台を売り上げたWiiでは、2年目以降になるとWiiを使った新たな遊び方を任天堂で提案しており、Switchでも同じ流れを受け継ぐ形で販売していく可能性が高い。

既に、今年4月発売となる周辺機器「Nintendo Labo」はダンボールキットを使って新たにSwitchの楽しみ方を見出すものとして注目されている。Switchが今後販売台数を伸ばしていくためには、2年目以降となる今年の動きが重要となってくるのだ。

 

売上高予想は2度も上方修正へ

近年、据え置きゲーム機や携帯ゲーム機に比べてスマートフォンを利用したアプリゲームがゲーム業界では台頭してきていた。

海外では据え置きゲーム機の売上も順調に伸びているのだが、日本では今やスマホで気軽にゲームをやる人が増えてきている。これは、若者だけではなく幅広い年齢層でも見られる話だ。

そのため、任天堂でも近年は売上高が低迷状態にあった。2013年は約6354億円、2014年以降は6000億円を切っており、2017年ではついに5000億円を切り約4890億円となってしまったのである。

しかし、2018年3月決算での売上高予想は、現在1兆200億円とされており、前年度の倍以上の売上高が予想されているのだ。この予想は既に2度の上方修正を行っており、やはりSwitchの販売台数大きな影響を与えていると言えるだろう。

Switchによって企業全体の売上高に加え株価にも影響が出ている。過去1年間の推移を見ると、2万3000円台だった昨年3月に比べ、2月7日の終値で4万6000円台にまでのぼっているのだ。

1年で倍に上昇した株価は、2018年の動き次第でさらに上昇していく可能性は高いと予測する。

 

2018年、任天堂に新たなる動き

2018年は2年目を迎えるSwitchに関して、様々な動きがみられる年になるだろう。まず、上記でも紹介した「Nintendo Labo」が4月に発売される。

近年「ものづくり」という観点が注目されている中で、子どもはもちろん、大人まで楽しめる工作ゲーム機でも体感できるのだ。

自分流にカスタマイズできたり、カラーリングを施したりと、オリジナリティ溢れる周辺機器を作り上げることができる。

近年の傾向として、子どもばかりでなく親や家族を巻き込んで行うゲーム機の方が売れやすい。例えばWiiが1億台以上もの販売台数を記録したのは、子ども向けソフトだけではなくWiiを使ってスポーツを楽しんだり、ダイエットが行うことができる周辺機器・ソフトを開発した影響も大きい。

そのため、4月に発売予定のNintendo Laboも、子ども向けではあるものの、親と一緒に手作り工作を楽しめるという観点が発売前からも注目されているのだ。

また、Switchではオンラインプレイでの運用費を賄うため、オンラインが有料サービスに切り替わる。

2018年秋から有料サービスとなるのだが、これは他の据え置きゲーム機のオンラインサービスと比べるとかなり割安になっている。2018年も新たな動きを見せる任天堂に注目すべきだろう。

コメントを残す

15 − 11 =