中国の高齢化と所得格差における対応

 | 0件のコメント

先進国経済としての3つの傾向

先進国の政治家や思想家は、先進国経済を牽引してきたのは、インフレ調整後の金利の長期的な低下労働者の実質な賃金の低下貧困の格差であるとしている。

その理由として、中国の共産党の賢明な指導者への中国の優越感や、長年に渡る共産党支配によって妨げられているということが挙げられる。

中国では、乳幼児死亡率が低い。より多くの乳幼児が生き延びて強い労働力となるよう衛生状態に気を遣っている。

しかし、女の子のための教育機関であるとの認識が強いため、男女どちらも学校に入学させることは、潜在的な労働者のプールは15年後に倍増させる。

教育を受けた女性は出産回数も少ない傾向にある。そうなると、必然的に子どもの世話をする時間が少なくなり、労働者としての時間が増え、子どもを養う必要がないため収入が低くても節約しやすい。

このような傾向は、過去70年でアジア全体で繰り返されてきた。人口統計的にも甘やかされており、教育を受けた労働者すべてにおいて、経済の生産高を大幅に増加させているのだ。

先進国としての発展の裏にあるもの

中国は低賃金労働者の数が非常に多く、両親よりも子どもの数が少なくなっている。そして扶養家族の比率も低下することで、貯蓄率が上がり、産業やインフラへの生産性向上投資が多くなる。

中国の経済成長は、こうした悪循環にによってさらに促進されているのだ。人口統計的に見ても、過去40年間中国の経済成長は急速なものであることがわかる。

安価な新労働による労働者の供給は、先進国としての賃金に影響している。そのため中国は、国としての過剰な貯蓄があり、大規模な投資要件を満たすための資本節約世界の賃金金利の押し下げを行った。

金利が低下したことで、先進国の資本価格を押し上げたのである。アメリカやヨーロッパの労働者が、たとえ賃金の価値を滞らせることになっていても、裕福な同胞が所有される資産の価値は急騰したのだ。

これにより、不平等さがさらに深刻になった。世界的な規模で見ても、このような先進国経済の混乱を招く傾向は、中国の人口統計でみるスイートスポットの影響として説明がつく。

しかし、経済学者は中国のスイートスポットが良い影響をもたらさないことへの新たな問題に直面している。

中国の労働年齢人口が減少することに伴い、高齢者数の増加依存率の上昇がまず懸念される。中国のこうした発展は、世界経済に統合されることで更に世界に大きな影響を与えるだろう。

高齢化と労働者の減少に伴う経済問題

中国の高齢化と労働者の退職によって、国の貯蓄率も低下する。さらに、投資のニーズの低下も懸念されている。また、医療費が高価であることから、それらへの支出も減少し、節約額も減っていく。

特に、若い労働者と共に別の地域への移住を躊躇う高齢者が多い傾向がある。こうした実態から、中国は国として新しい地域や住宅への投資が必要だ。

また、労働者が減少することへの対応として、多くの企業も新しい省力技術に投資する必要が出てくる。

しかし、このような投資における影響として、中国の貯蓄不足による縮小が進むことで世界の実質金利が押し上げられるということが懸念されている。さらに、実質金利の上昇は資産価格にとって不利となり、先進国としては富に悪影響を及ぼす。

また、様々な制度や能力による制約を考えると、インドやアフリカの労働年齢人口の増加は、中国の労働者の減少を完全に解決することは難しいと判断できる。

そうなれば、先進国の労働者は必然的に新興国との競争が少なくなくなり、実質賃金が上昇し、所得格差も縮小されるのではないだろうか。

西欧諸国における国内の所得格差は、中国の人口動向にも起因していると言われている。中国の高齢化問題で、所得格差にも影響するのは間違いない。

コメントを残す

twelve + 5 =