注目のキーワード 株探 ニチダイで大損害

黄金の小槌っていう日経225先物のシステム商材の評判は?

 | 0件のコメント

黄金の小槌の基本概要

今回検証するのは、鈴木健二氏が運営統括責任者を務めるジェイブレイン株式会社が販売者となっている黄金の小槌という情報商材のセールスサイトです。

また黄金の小槌の商材は、日経225先物のシステムトレードのプログラムを盛り込んだWEB動画とそれと同様の内容のPDFとなっています。

黄金の小槌は当商材のトレード手法は聖杯と呼んでおり、このシステムを使用しているトレーダーは20年間右肩上がり利益を上げ続けているとの事です。事実であれば相当安定性のあるシステムですね。

その、20年間当システムを使用しているというトレーダーは伊藤ススム氏という人物です。

伊藤ススム氏は現在までいくつもの投資系情報商材をプレゼンしているらしく、今回の黄金の小槌は、キングオブロジックという以前に販売した商材の購入者に限定するとしています。

伊藤ススム氏が以前販売したキングオブロジック

伊藤ススム氏が以前販売したキングオブロジック

逆張りプログラムが搭載されていると推測

どうやらキングオブロジックも日経225先物のシステムトレード手法を盛り込んだ商材らしいです。

黄金の小槌のサイト上には、当システムのプログラムを当てはめたチャートが掲載されています。いわゆるプログラムを触りだけ公開されているという事です。

サイト上の文章では、ざっくりと相場の転換点を発見すると書かれていますが、それを当てはめたチャートを見るとやはり逆張り手法ですね。

逆張りプログラムを搭載したトレードシステムは珍しくもありませんが、天底の見極めが甘いプログラムを使用する大きな損失を被る可能性が生じます。

したがって逆張りプログラムでは天底の見極め精度が問われえる事になりますが、黄金の小槌は20年も安定した利益捻出を継続出来ているという事なので、その点は高精度なのでしょう。

そのような自信が裏打ちしてか、黄金の小槌の購入代金は30万円という強気な価格設定です。

その上で限定特典として、60分が三本立てとなっているWEB動画セミナーを随行する権利が付くそうです。この動画には、黄金の小槌とは別の特定のトレードテクニックが収録されているとの事です。

黄金の小槌が具体的な手法だとすると、この動画に収録されているテクニックは、その手法の効果をさらに高めるドーピング剤のようなものとサイト上では綴られています。

下記が黄金の小槌の販売者であるジェイブレイン株式会社の運営概要となります。ジェイブレイン株式会社も金脈ナビゲーター」「億トレの手口などの投資系情報商材を多数製作、販売している業者です。

当サイトでもいくつか検証した事がありますが、ジェイブレイン株式会社の商材の投資媒体は日経225先物となっています。

黄金の小槌の総評

黄金の小槌の口コミや批評評判は、はっきり言って芳しくありません。

黄金の小槌の手法は、「過去にジェイブレイン株式会社が販売していたものと全く同じ」「損失が積み重なり資金が目減りした」「途中からシグナルが全く来なくなる」などの苦言に溢れており、あちらこちらの書き込みで詐欺商材と扱われています。

トレードで勝てないという事は、その時の相場状況もあり極端に言ってしまえば仕方が無いのかもしれません。しかし、シグナルを送らなくなるというのは意図的な事なので、ジェイブレイン株式会社が悪徳業者と呼ばるのも無理はありません。

利用者は黄金の小槌を、シグナルが配信される事を前提として代金を払って購入しているわけですから、それが成されなくなったという事は契約不履行です。

もしこれらの書き込みが事実であれば、黄金の小槌は詐欺サイトであり、株式会社ジェイブレインは立派な詐欺被害を利用者にもたらしているという事になります。

コメントを残す

nine + fifteen =