人工知能(AI)における日本の失業問題

 | 0件のコメント

人工知能による失業の影響とは

目覚ましい人工知能の発達で、今後日本でも失業者が多く出てしまうことがすでに懸念されている。

特に人工知能によってこれまで人の手で行っていた仕事内容が自動化されれば、それらに携わる人々は職を失ってしまうことになるのだ。

自動化できるのは、タクシーやトラックのドライバーや一般事務員、銀行窓口や受付などがまず挙げられる。また、大半の仕事が自動化されるため、素人でもできるような仕事もこれに該当する。

工場のマシンオペレーター建設機器のオペレーターなども、機械を操作するために熟練の技術が必要とされてきたが、AI・ロボット技術両方の進化で補助をするには素人を数時間教育すれば戦力化可能であるとされている。

さらに、知性が必要とされていた仕事であっても、AIの方が正確にできるようになる可能性の高い仕事は、銀行の融資担当会計士税理士保険の審査担当なども挙げられる。

今後さらなる人工知能の発達が進めば、これら以上に影響は大きくなるに違いない。基本的には、人口知能が関わるのは人の頭脳の領域である。

弁護士や公認会計士、弁理士、税理士などの士業も

 

現在の段階で、AIはすでに極めて高度な知力を有しており、日々の学習によって進化を続けているため、職業的にエリートと呼ばれるような仕事であってもこなすことができるとされている。

多くの仕事において、AIの普及よって大半が代替可能であるということなのだ。特に弁護士は、一部のエリート以外は手に届かないような高度な専門職でもあるが、その主たる業務である訴訟案件や裁判であっても、AIが相当の割合で代替可能ということが明らかになっている。

日々の学習も糧にするAIであれば、過去の膨大な判例をすべて記憶し、これまで人が相応の時間を割いて調べていた判例を瞬時に見つけることが可能なのだ。

様々な感情に左右されることなく、迅速かつ正確に訴訟における戦術を構築することができ、より最善な結果を導き出す判断が可能とされる。

訴訟の過程に費やしていた時間がAIによって節約できるとなれば、弁護士の仕事の生産性が大きく引き上げられるが、多くの弁護士が不要な時代になってくることも想像できる。

公認会計士であっても、弁護士以上にその業務は定型化されており、企業の不正会計を見逃しを防止するためにもAIの導入が見込まれている。

エリートと呼べなくなる日が来る?

弁理士、税理士、司法書士、行政書士などの専門職であっても、弁護士や公認会計士同様で将来の仕事がなくなってしまう可能性が多いに高い。将来的にAIは、これらの仕事の業務大半を代替できるようになると言われており、専門職の経営環境は激変するだろう。

10年後には今の仕事の半分以上がなくなっている可能性もあり、高度なスキルによってこれまで東京の一等地で成功を収めてきた人ほど、そういった危機感や非壮感を持ちながら生き残りをかけて試行錯誤するべきなのだ。

結果的には、AIの判断を最終的に決断するための役割のみが必要とされ、その一部の労働者以外は失職してしまう可能性もあるのだ。

訴訟裁判にしても、会計審査においても、あるいは特許の出願においても人の頭脳をはるかに上回るAIはこれからますます導入されていくに違いない。人の頭よりも優れた、AIの瞬時な判断を求める時代が近づいてきているのだ。

弁護士であれば、訴訟裁判で傷付いた依頼人の心のケアなど、専門職いずれにも言えることは、AIでできない領域への活路を見出す必要があるということだ。

これまでエリートと呼ばれてきた弁護士や公認会計士などの専門職は、仕事そのものを失ってしまう人が今後少なくないと理解しておかなければならない。

コメントを残す

1 × two =