注目のキーワード 株探 ニチダイで大損害

注目が高まっているマンション経営と投資

 | 0件のコメント

マンション経営はデベロッパーと販売会社次第

近年、公的年金への不安からマンション経営における投資の関心を寄せる人が増えてきている。セミナーが開かれることも増加し、盛り上がりを見せているのが実態だ。

ただ、投資は当然成功もあれば失敗もある。マンション経営を成功させるかどうかは、マンションのデベロッパーや販売会社を選択した時点で決まると言っても過言ではない。

マンションのデベロッパーによっては、適正を判断する基準が大きく異なる。デベロッパーは、売れやすい価格やローンが通る価格を適正と考える場合がある。

しかしその一方で、マンション経営が成功するためには、投資の位置づけと今後のライフスタイルを考えていけば具体的提案が可能となるとも言われている。

そのためには、立地の見極め高値づかみをしないなどのポイントを抑えるだけでなく、適正な価格で物件を提供する販売会社を選ぶ必要があるのだ。

投資判断力を高める必要がある

マンション投資と言っても、その中身や具体的な部分はいくつかの段階やポイントがある。その中でも重要なのは、お金を使うタイミング(投資判断力)ではないだろうか。

物件を購入するときだけでなく、繰り上げ返済や入退居時のリフォームや物件の売却時など、様々な場面でお金を使う必要がある。

適切なタイミングで投資を行い、オーナーとして戦略的な観点から投資を判断しなければならないのだ。自己資本の割合を考え、他人の資本を効果的に活用するかは非常に重要となる。

また、マンション経営を成功させている人に共通しているのが、ゴールから逆算するという習慣があるということだ。

マンション経営のオーナーは、年齢や収入なども1人1人異なる。現役や引退はいつなのか、老後の貯蓄や収入のおける備えをどれだけ確保するべきなのか明確にするべきなのだ。

ただ、マンション経営に関してまだ無知な部分が多いのであれば、人生設計や資産実績のある人の観点から提案してくれるパートナーが重要となる。

投資に詳しくない人にとっては特に、実際にマンション経営における投資をしていくためには、行き詰まったときの解決策や成功させるために頼れるパートナーが必須となるだろう。

マンション経営をするなら、退職後から現役までを逆算した上で、できるだけ早い時期にスタートしなければならない。

投資は大きな意味を持つ

リスク商品に1つでも投資することは、資産運用や経済状況に関心を持つきっかけにもなる。

さらに、金融リテラシーも向上していくだろう。将来に備え、マンション投資に関心を寄せる人が増えているが、これは良い傾向と言える。

ただ、投資の手段としてマンション経営を選択するのであれば、パートナー選びを慎重に行う必要があるのだ。

マンションや不動産投資は、注目が集まっている一方でやはりリスクもあるのが実態だ。

特にありがちなのが、購入から数年経過した時点で利回りが大幅に下がってしまうケースだ。こうした諸経費を巡る試算も慎重に行わなければならない。マンション経営の経費としては、固定のものが少ない。

経費に関して見逃さず、かかるお金を見越して投資判断しなければならないのだ。投資はどんなものでもリスクが伴うが、マンション投資においてもそれは同様である。

投資を確かなものに導いていくためには、リスクや失敗事例も大いに参考にするべきだ。

関心が高まっている今、過熱感が生まれているからこそ、先述したポイントを見逃す危険も高いと言えるのだ。

POINT

  • 立地の見極め
  • 高値づかみをしない
  • 適正な価格で物件を提供するパートナー(販売会社)を選ぶ

コメントを残す

2 × five =