次世代知的投資「makebook」の悪徳・詐欺評判を検証

 | 0件のコメント

次世代知的投資「makebook」の基本概要

次世代知的投資「makebook」という情報商材について検証を行います。はじめに次世代知的投資「makebook」は、コンテンツの形態が何だかよく判らないです。

さらには購入者向けに3つの特典が付いてくるそうですが、それもどのような媒体か判りません。

 

セールスサイト上にはイメージ画像が貼られており一見書籍のように見えますが、定価は1万円という値段ですので違うようです。

セールスサイトには「1日15分で見つけるお宝銘柄発掘法を公開!」とありますので、何かの相場取引を行うもののようです。そのトレードは年に2回だけで大きな利益を獲得する事が出来るとの事です。

 

次世代知的投資makebookには、財務分析力を養成する内容が記されているので媒体は株式ですね。

テクニカル分析面でいえば変化する貯金出来る反動」を出来るという指標があるとの事です。この文言からすると逆張り指標となるオシレータ系のインジケータという事になるのでしょうか。

 

その他にも売り時の目安として、大型ファンドが活用するメディアなども次世代知的投資「makebook」には公開されているとの事です。

仕手株にも連動性があるとも書かれていますが、そもそも仕手筋は同セクターや関連企業を連動するように仕込む銘柄を選定する事は普通ですが、この事を外部に話したとある会計士は姿を消してしまったそうです。

もし事実であれば、ネット上で次世代知的投資「makebook」を販売してしまった販売者はどうなってしまうのでしょう。

 

特商法に関する表記が見えない?

次世代知的投資「makebook」のサイトには、次世代知的投資「makebook」の特商法に関する表記へのタブがありますが、閲覧権限が無いという事で見ることが出来ません。

 

販売者を明かすと消されてしまうからでしょうか。しかし運営責任者に関しては、波多野剛氏という名前が確認出来ます。この人物は身代わりという役割なのでしょうか。

 

ただ、次世代知的投資「makebook」には内藤あきらというプレゼンターが存在しています。

ミスターデルタ・ドットコム

内藤あきら氏は、過去にもMUGENやミスターデルタ・ドットコムといった情報商材を販売しています。

 

次世代知的投資「makebook」の総評

次世代知的投資「makebook」の口コミや検証サイトの評判は良し悪しがどうというより、呆れ模様です。

そもそも内藤あきら氏の情報商材は以前当サイトでも検証しましたが、はっきり言って良い評価を出来るものではありませんでした。

 

まあ次世代知的投資makebookの場合、まだ媒体が株式という事や、不透明ながらも取引のやり方を記しているところはまだマシと言えるのでしょうか。

たしかに読んでても最後まで何一つ何だか判らない酷いセールスサイトもありますからね。まあ、運営者情報が隠されている時点で、悪徳サイトと言われても仕方ないと思います。

 

情報商材のセールスサイトなど、もはや何でも有りという風潮になっているため、逆に詐欺サイトかどうかが判断し難いところでもあります。

その中で次世代知的投資「makebook」は、例えば購入者の声にて資産が3ヵ月で1.5倍になった」等、一見現実的な数字を持ち出したりしています。しかし間違っても会計士が姿を消すような情報ではないでしょうし、返金の条件も緩すぎます。

 

このような不透明な商材に159,840円も払う気になる人は仕方ありませんが、何らかでも被害を受ける可能性を避けたい人であれば、次世代知的投資「makebook」の購入は検討に値しないのではないでしょうか。

コメントを残す

15 + nine =