注目のキーワード株探TMJ投資顧問525%上昇↑

東京総合研究所の料金は割安?コスパを考えてみた

公開日:  | 0件のコメント

東京総合研究所の利用料金

今回は、東京総合研究所の利用料金について検証していきます。

まずは東京総合研究所のコンテンツを見てみましょう。

東京総合研究所 無料コンテンツ

 

無料コンテンツ

 

・株ブログ

アクセス数日本一の主にテクニカルに注目した株式情報ブログ。

 

・投資相談

保有中、購入検討中の株式についてのアドバイス。

東京総合研究所のブログはAIが組み込まれている同社のトレードシステムの状況が大半を占めます。

したがって、どうしてもテクニカルの視点での分析となるのでしょう。

 

ただそれすらも少なく、株情報というよりトレードシステムの戦績報告が殆どで、有料コンテンツへの誘導意図が丸見えです。

 

また「アクセス数日本一」と書かれていますが何時の時点での話なのかも判りませんし、そもそもこの内容でそれが成し得るのかという疑念を感じます。

 

有料コンテンツ

 

東京総合研究所 有料コンテンツ

有料コンテンツの詳細を見る
  • 株式コース
    個々のの資産に合わせて、銘柄数、株数、タイミング、を精査し「買い」から「売り」まで全てを指示。
    最低資金:100-300万円程度
    メールによる売買助言
    株式現物および信用取引
    会費:1ヶ月(2万7000円)12ヶ月契約 32万4000円(税込、契約締結時)
    成功報酬額:利益額の20%(税別)
    契約期間:1年間、自動更新延長
    なお、当サービスの助言による取引において損失が発生した場合、次回以降の成功報酬計算の対象となる利益額から当該損失額を差引いて計算する特典あり。(ただし、自己判断で決済した場合は除く。)

 

  • 先物OPコース
    最高峰解析システムを使いながらも、お客様はメールを受信して発注するだけ。OPの戦略を含めて上昇、下降、持ち合い、あらゆる場面で最高の収益を目指します。
    最低資金:100万円-300万円程度
    メールによる売買助言
    日経平均先物およびOP取引
    会費:1ヶ月(2万7000円)12ヶ月契約 32万4000円(税込、契約締結時)
    成功報酬額:利益額の20%(税別)
    契約期間:1年間、自動更新延長。
    なお、当サービスの助言による取引において損失が発生した場合、次回以降の成功報酬計算の対象となる利益額から当該損失額を差引いて計算する特典あり。(ただし、自己判断で決済した場合は除く。)

 

  • 先物OPトライアル
    成功報酬なしの買い切りコンテンツ。
    投資金額別に選択可能
    ブルームバーグ端末を活用。
    150万円コース:目標利益50万円:先物1枚+OP1枚
    200万円コース:目標利益75万円:先物1枚+OP2枚
    300万円コース:目標利益100万円:先物2枚+OP2枚

 

  • 先物マーケットアプローチオートマトライアルコース
    日中トレード出来ない方も、先物をあらかじめ指値によりトレードが可能。
    朝の注文で利益とロスカットを確定。
    先物2枚までで最大値幅を狙うオートマチックシステム。
    正規先物OPコースの会費を先に稼ぐ、という目的のサービス。
    常に相場を見ていられない方に最適で、利益50万円を狙います。
    最低資金: 100~300万円
    目標利益: 50万円
    日経平均先物、OPなし
    会費:16万2000円(税込、契約締結時)
    成功報酬額:無料
    取引条件:先物2枚まで日中決済
    契約期間:利益50万円達成または3ヶ月間のうち短い期間とする。
    メールによる売買助言 。
    寄り付きで注文、指し値または引けで当日決済、損益持ち越さない。

 

  • FXコース
    徹底した戦略で、難解なポジションニングを解決。
    指値、ロスカット、中期、短期、すべて別々に作ったポジションを組み合わせ。
    トレードシステムに、モンタナ、オートマ、を設定。
    エントリーから逃げるポイントが決まっています。
    最低資金:100万円程度(応相談)
    メールによる売買助言

 

  • FX証拠金取引
    会費:1ヶ月(2万7000円)12ヶ月契約 32万4000円(税込、契約締結時)
    成功報酬額:20%
    契約期間:1年間。自動更新延長。
    使用システム モンタナシステム – オートマ
    基本理論 中心極限定理 および ベイズ理論
    基本理念 投資家の利益こそが最終目標である

 

  • FXトライアルコース
    システムの正確さ、発注の簡単さ、ライフスタイルとの相性を見る、という目的のトライアル。
    15万円に達するまで最高10万ドル(予定資金50万円程度)までのポジションで運用。
    報告義務無し。
    最低資金:50万円程度
    メールによる売買助言
    会費:5万4000円(税込、契約締結時)
    成功報酬額:なし
    契約期間:15万円の利益到達または3ヶ月間のうち短い期間。一人一回のみ。
    会費前払い制。
    利益15万円に到達するとサービスは終了。

 

  • 株式Web動画サービス
    Montanaバンド+ベイズ理論による統計解析と推奨銘柄の紹介 NYダウから日経平均先物まで。
    固定費読み切り:月13,833円

 

  • 投資講座クレオパトラ
    講座は動画と実践講座で構成されます。
    150ページにわたる実践書
    基礎から投資勉強の最後まで
    実践講座と合わせて6時間分の動画
    主要テクニカル分析
    会費:3ヶ月9万7200円 (税込) 3ヶ月コースです。
    当サービスは投資顧問サービスではなく投資講座。

東京総合研究所の有料コンテンツは、株式・先物OP・FXと3大王道投資媒体を網羅しているため、コンテンツの量が多いですね。

株式以外の媒体についてはトライアルが設定されているので、利用するならまずはそこから手を付けるのが妥当なのでしょう。

 

期間契約も年会費自体はそこまで高くないと思われますが、成功報酬が掛かってくるので、利益が出ても最終的なコストは割安とはならなそうです。

特にデリバティブの方では、トレードシステムによるシグナル配信となるでしょうから、利幅は細かくなる事が予想されます。

 

AIがどのような判断を下すかにもよるかもしれませんが、基本的に裁量のような目論みによるホールドは行わないでしょうから、同様かそれに近い事になりそうです。

 

シルバーホーク総括

東京総合研究所のコンテンツの取扱い媒体は多いですが、基本的に数種類のAIの判断の下投資助言が展開されているようなので、どの媒体も基本的に概念が似通っているような気がします。

 

実際の助言精度について口コミや検証サイトの評判を覗いてみました。

実際に助言を受けたとされる利用者の投稿では、評価が高くありませんね。

 

「ハイリスクな取引を推奨される」といった書き込みがありましたが、ショートレンジでのOPの売りでも推奨されるのでしょうか。口コミも内容が曖昧で信憑性が薄く、ましてやハイリスクな取引と自覚しているなら、実行しなければ良いだけという気がしますが・・・

 

運営面に関しては、東京総合研究所の代表取締役である「大山充」氏の経歴について言及されています。

いわゆる大山充氏が、新生銀行主催の「ファンドマネージャー運用コンテスト」で1位を獲ったというものですが、新生銀行がそのようなコンテストを開催しているなど聞いた事がありません

東京総合研究所 HP画像
東京総合研究所 HP画像

もしこれが詐称された経歴であればかなりマズイことになりますが、実際のところはどうなのでしょうか。

書き込みの中には、東京総合研究所に対し「悪徳業者」と罵っているものも少なくありません。

 

そういえば先程も株情報ブログが「アクセス日本一」と記されていた事にも違和感を感じました。

あとは東京総合投資顧問はトレードシステムに中心極限定理を用いています。

これは多くの機関投資家も注視している概念ですが、個人投資家レベルの取引に常に活用できるかと言えば疑問です。

 

いわゆる歪に対し中心への収束方向に向けてポジションを入れるという事なのでしょうが、これはあくまで大きい流れで見る話で、その間の起り得る割合としては小幅な逆行でも個人投資家レベルの資金が耐え切れるのでしょうか。

概念と言い評判と言い東京総合研究所には様々な疑念は湧くところですが、もし利用を考えるならやはり被害を回避出来る術を持っておくためにも、トライアルコースから試されるのが良い気がします。

サイト名 東京総合研究所
URL http://www.888.co.jp/
アナリスト名 大山充
利用料金
運営会社株式会社東京総合研究所
所在地東京都渋谷区恵比寿1-8-4 EBISU ONE 6F
運営責任者大山充
メールtokyosoken777@gmail.com
電話番号03-3400-2007
金商-

コメントを残す

thirteen + 2 =