注目のキーワード 株探 ニチダイで大損害

新たな不動産投資、「不動産小口化商品」の特徴とは?

 | 0件のコメント

不動産小口化商品とは?

投資方法の中でも不動産投資は初期投資にかかる費用がどうしても大きくなってしまいがちになります。

そのため不動産投資を始めてみたいがなかなか手が出せないという人も多いでしょう。

 

そんな人でも不動産投資を始められる方法があることをご存知でしょうか?

「不動産小口化商品」は、不動産の所有権を小口化し、保有する運用方法で、流動化させる方法の一つとして注目を集めています。

そもそも不動産小口化商品は、バブル期の「共有持分権」という運用方法から始まったものとされています。

共有持分権では一口1億円単位で投資家に販売されており、数十億円にも及ぶビルを複数の投資家が保有する形になっていました。

しかし、この運用方法はバブル崩壊によって不動産価格が暴落し、保有していた投資家達は損失を被ることになってしまったのです。

 

こうした状況にならないためにも、バブル崩壊後に投資家達を保護する目的で「不動産特定共同事業法」という法律が作られたのです。

この法律では不動産小口化商品が許可制となって、事業内容などの情報公開も義務化されることとなりました。

現在までに法改正は何度か行われてきたが、今では大手不動産会社を中心に活用されています。

 

不動産小口化商品の特徴とメリット・デメリット

不動産小口化商品には投資家と事業者で匿名組合契約を結び事業を行う「匿名組合型」と、複数人が任意組合に出資し任意組合契約を結んで共同事業を行う「任意組合型」という2つの種類があります。

匿名組合型の場合は不動産の所有権は事業者になっており、登記簿にも名前が載らず高い匿名性登記に関する費用がかからないという特徴を持っています。

 

また、任意組合型では不動産の共有持分を購入し、事業者が不動産の運用を行うことで得た収益を投資家に分配する形です。

投資の基本スタイルとしては不動産投資とほとんど同じような認識とになるでしょう。

 

しかし小口化商品だからこそのメリットとデメリットも存在します。

まずメリットとしてはやはり少額で投資できるという点。

一般的に数千万、都内の好立地物件であれば数億円必要になるケースもあるが、そのような物件であっても複数の投資家が購入することになるので一人あたりが負担する購入金額は安くなります。

 

一方、まだまだ不動産小口化商品という投資方法は一般的ではないため、小口化されている不動産自体が少ない状態にあります。

さらに市場規模が小さいということで売却したい時でも希望価格で売却できない可能性があることはデメリットにつながると言えるでしょう。

 

少額投資の「REIT」とはどう違う?

少額から不動産投資できる方法には 「REIT(不動産投資信託)」という方法もあります。

不動産小口化商品も少額から投資できるため、似たようなものではないかと勘違いしてしまう人も多いでしょう。しかし、その実態には大きな違いが見られるのです。

REITの場合、投資家から集めた資金を使って不動産投資を行い、売買益や賃貸収入を投資家に分配していくという方法になります。

こちらも流動性の高い不動産投資方法で、一口あたりの投資額は不動産小口化商品よりも少なく1万円程度から投資することが可能です

 

しかし、金利上昇リスクが備わっており短期で乱高下する可能性も秘めています。

REITはどちらかと言うと株式投資のような形であり、運用方針に沿って複数の物件を保有することになります。

ある地域の不動産にだけ投資をしたいという場合は不動産小口化商品を利用した方が良いでしょう。

不動産小口化商品もREITも、現物不動産投資同様に中長期で見るインカムゲインを目的に行う運用方法です。そのため、いくら不動産小口化商品であっても目先だけで投資を行うのは良くないでしょう。

不動産小口化商品の特徴を捉えて自身に合う不動産投資の方法を選ぶべきです。

不動産投資に限らず、株式投資なども含めた資産運用に関する相談がトータルしてできる投資顧問会社なら、自身に合わせた投資スタイルで運用していくことも可能です。以前当サイトで検証した雅投資顧問は、株式投資だけでなく不動産や金なども相談範囲のため該当するでしょう。

コメントを残す

eighteen − 3 =