今福博文(デイボード株式投資顧問)の評判は?

公開日:  | 0件のコメント

今福博文の実績を検証

今福博文氏は、自動売買ソフトの開発を行っているデイボード株式投資顧問の代表者です。

 

2008年から、株式銘柄情報配信・日経225先物シグナル配信・自動売買を独自のテクニカル分析で行い投資家様に情報を配信しています。

また、NPO法人日本テクニカルアナリスト協会会員の認定テクニカルアナリストであり、これが開発ソフトに搭載される自動売買プログラム生成の基礎となっている模様です。

 

Yahoo!ファイナンスでも株価予想を行っていましたが、それは個別株ではなく日経平均株価が対象となっています。

したがって、勝率やパフォーマンス等の掲載はありません。

 

やはり、業務上でも自身のテクニカル分析を基にプログラムを構築しているだので、個別株より総量の多さ故テクニカルが機能し易い株価指数をチョイスするのは必然でしょう。

また、今福博文氏は自身の観点から自動売買における戦略を著書に起こしたものが出版されています。

今福博文氏の書籍

今福博文氏の書籍

また今福博文氏は、自身の構築したプログラムによる「日経225先物自動売買、銭亀225」という名の日経225先物を対象とした自動売買ソフトを投資情報商材として販売していました。

日経225先物自動売買、銭亀225
日経225先物自動売買、銭亀225

 

単純に個別の自動売買ソフトの販売というだけの事なのですが、やはり情報商材という業界としていい加減なフィールドを販売手段としたので、口コミ等では無駄に評価を下げている感があります。

 

お決まりのように詐欺商材・悪徳販売サイトと罵られていますが、そこに具体的な内容は無いため傾向投稿か、先入観による罵倒である事がよく分かります。

 

結局のところ自動売買ソフトというものは、その精度が問われる事になるでしょう。

銭亀225は自動売買でエントリーから利益確定、ロスカットまで全部行いますが、手動での決済も可能との事です。

資金効率の良さから推奨市場は日経225miniとしています。

 

表面的には、低資金の人でも取引に入る事が出来る事を推し出しているのでしょうが、実際には、銭亀225のロジックとして、ポジションを多く持つものである事も想像出来ます。

 

今福博文とデイボード投資顧問の関係性

今福博文氏は、先述のとおりデイボード投資顧問の代表取締役を務めています。

デイボード株式投資顧問は、日経225先物とFX、そして個別株のシグナル配信を行っている投資顧問業者です。

 

戦略は複数あるそうですが、日経225先物に関しては、デイ・スイングで6つの内最大4つのロジックを動かす事が出来るものと、想定保有期間は同様でトレンドフォローによるトレードを行い利益確定とロスカットを相場に合わせて設定するものと2つあります。

 

個別株においては、スイング想定でトレンドフォローが期間中続けられる銘柄をデイボード投資顧問にて毎週3つ提供されるとの事。その後の利益確定、ロスカットは自動売買にて行われるそうです。FXの戦略は、現在会員を募集していないという事で確認する事が出来ません。

この文章だけを見ている限り、デイボード株投資顧問の戦略は妥当であるという印象を受けました。

 

実際に今福博文氏は、これらの戦略を盛り込んだソフトは、ストラテジー提供先であるトレーダーズ證券グループにおいて日経225先物運用成績、システムトレードの販売会社が販売する日経225先物の利回りでトップ、インフォトップでの先物ランキングでトップの売り上げを叩き出しています。

 

シルバーホーク総括

今福博文氏の開発している自動売買プログラムは、それなりの結果を出している模様です。

ただこれを投資助言業に当てはめた場合、それは他の分析力の優れた投資顧問と比べて優位性があるでしょうか。

恐らくそれは難しいと思われます。

 

まず戦略にある順張りが、その水準が初動からどの程度かにもよります。

この判断基準が遅めであれば、一部の投資顧問が獲得するような利幅には到底届かないでしょう。

張り合えるとすれば、何度も回転させる位しかないと思われます。

 

想定保有期間が主にスイングとしていますが、幅がありますので一概に長い、短いと言えるものではありません。

 

ただ投資媒体によってはデイのものがある事、そしてシステムトレードは基本的に上値の目安という概念が強く干渉してきますので、どうしても利益を延ばすことに向いていないと考える方が自然でしょう。

 

デイボード株式投資顧問も例に漏れず、トレードシステムプログラムによるシグナル配信を行う投資顧問は利用料が安価です。

 

したがって、刻んだ短い目線での利用、若しくは利用者自身の判断により利用料とパフォーマンスのバランスが良好なものであれば、デイボード株式投資顧問にて今福博文氏の戦略プログラムを利用してみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

eighteen − 2 =