注目のキーワード 株探 ニチダイで大損害

キャッシュレス決済化が進む日本、資産運用への活用も

 | 0件のコメント

東京五輪に向けて広がるキャッシュレス決済

日本国内では支払い時に現金を使用する「現金派」が大多数を占めているが、2020年に開幕される東京オリンピックに向けて、現金ではなくキャッシュレス化を図る動きが見られている。

2017年にはついに現金支払いが行えない飲食店も登場した。

 

海外では既にクレジットカードや電子マネーの使用率が高く、日本はキャッシュレス決済への動きはかなり遅れていると言っても過言ではない。

キャッシュレス決済のメリットといえば、やはり現金支払いでの手間を省くことができるという点や小銭などで財布が重くならないなどの点が挙げられるが、こういったメリットは使用者だけではなく店舗側にもメリットが見られる。

例えば、現金を取り扱うよりもキャッシュレス決済は店員の業務が少し効率化される効果があったり、購入履歴や会員データを照らし合わせることでマーケティングに活用できたりするのだ。

 

現在政府が主導となって行っている「キャッシュレス化に向けた方策」では、訪日外国人に対して利便性を向上させることはもちろん、公的分野において効率を挙げるために電子決済の利用を拡大させること、そしてクレジットカードや電子マネーをより安全に使用することができるよう環境整備を進めていくとしている。

このインフラ整備がどんどん進んでいけば、東京などの都会だけではなく地方にもキャッシュレス化が進んだり、クレジットカードで税金支払いができる日が来るのも近い。

クレジットカード・電子マネーで資産運用もできる

キャッシュレス化が進んでいる中で、実はクレジットカードや電子マネーを使った資産運用にも注目が集まっている。

どのような資産運用になっているのか紹介していこう。

 

資産運用アプリ「マメタス」

マメタス おつりでコツコツ資産運用 by WealthNavi

マメタス おつりでコツコツ資産運用 by WealthNavi

まず一つ目に、「マメタス」という資産運用アプリだ。

このアプリではクレジットカードで買い物した場合のおつりを、ロボアドバイザーによって資産運用にまわすことができるというサービスとなっている。

端数は100円・500円・1000円から選択することができ、おつりが貯まったら銀行口座から自動的に引き落として資産運用される仕組みだ。

 

マメタスで利用できるクレジットカードや電子マネーは「Moneytree」に登録することができるものに限られているが、住信SBIネット銀行のロボアドバイザーサービスを使って積立を行うことができ、少額からコツコツと貯めていくことも可能だ。

 

資産運用を始めてみたいが自分でやるのは難しそうと思っている人には、利用しやすい資産運用方法と言えるだろう。

 

投資サービス「トラノコ」

すべての人を投資家に TORANOTEC(トラノテック)株式会社

すべての人を投資家に TORANOTEC(トラノテック)株式会社

もう一つ、「トラノコ」という投資サービスもおつりで資産運用することができるサービスだ。

こちらは家計簿アプリとしてよく利用されている「マネーフォワード」や「Zaim」などと連携させることができる。

毎日のおつりの中から5円から1円刻みで運用することができ、よりハードルの低い資産運用が可能になると言えるだろう。

対応している金融機関も幅広いことはトラノテックの魅力の一つと言えるだろう。

 

カードのポイントを利用して資産運用も

上記は全てアプリによるもので、おつりを資産運用にまわすというものなのだが、クレジットカードでもらうポイントを利用して資産運用することもできるようになっている。

 

例えば利用者数も多い楽天カードの「楽天スーパーポイント」では、楽天証券で販売されている投資信託を購入することができる。

各銘柄100円以上1円単位からなので少額取引も可能だ。

楽天以外にもセゾン系列のカードインヴァストカードなら還元ポイントをETFで運用することもできる。

 

このように、資産運用もクレジットカードや電子マネーでより利用しやすい形となってきている。

株式や不動産投資などを行っている人も、分散投資の一つとして活用してみてはいかがだろうか?

コメントを残す

five × 4 =