日本のデジタル経済革命とAIがもたらす懸念

 | 0件のコメント

日本の人手不足とAIの関係性とは

現在、日本経済は人手不足が問題視されている。

以前は有効求人倍率が低く、失業率も問題となっていたが、近年では有効求人倍率がバブル期のピーク時を超えるかのような高さとなっているのだ。

しかし、少子高齢化の影響で、退職して年金生活となる労働者が毎年およそ150万人いるのに対し、15歳以上の労働者は120万に及ばない。

超高齢化はこれからどんどん加速していくことがわかっている。

そんな中で、人手不足は深刻さを増していると言えるだろう。

現在、AI(人工知能)の進歩によって、人間の仕事を担うことができるようになると言われている。

しかしAIの進歩が進むことで、人間ができる仕事が減少していく可能性もあるとされている。

こうしたデジタル革命が国内の経済に拡大していていけば、最終的に人間が働く必要のない程にAIの労働力が広がる可能性があるのだ。

実際、AIの技術が進むことで、2045年問題と呼ばれる問題が発生することが懸念されている。

これは、AIが人間の能力を超えるだろうと予測される問題である。

人手不足よりも深刻になってきている問題

AIのようなデジタル革命は、我々の生活に大きな影響を及ぼすことは言うまでもないだろう。

それもまた、利益ばかりでなくマイナス面もしっかりと把握しておく必要がある。

 

最近では、単発の仕事を請け負い、生計を立てることができるようになっている。

また、自分が働きたいときだけ働くということも可能となっている。

しかし、さらに技術が進んでいるアメリカでは、Uber(自動運転技術)が登場したことでタクシーの運転手はお客様を奪われ、収入に影響が出ている。

収入を補うために、副業する人も増えているのが実態だ。

これまで安定した収入を得られていた人にとっては、自動運転の技術はこれからの所得を大きく左右させるに違いない。

 

AIがさらに進歩していくと、現在AIでは代替することのできない仕事も可能になっていくだろう。

コンピューターの能力が人間を上回れば、そうした仕事に就いている労働者は最悪の場合失業につながることも十分に考えられるのだ。

一方、企業にとってみればAIにおける自動化を導入することで経済的な利益が大幅に上がる可能性もある。

機械化が低賃金で利益が低い所や、人間でしかできないような仕事が残ることとなり、特定の企業への求人倍率が異常に高くなる場合もあるだろう。

AIの必要性と人間の行く末はどうなっていくのか

AIはこれからも進歩していくに違いない。

現在はAIよりも人間が優れ、人間でしかできないという前提の基に経済は成り立っていると言える。

 

しかし、今後AIやコンピューターの能力が人類を越えれば、労働と経済に大きく変わり、さらには社会の変化ばかりでなくその後に起こりうる未来も想像ができない程になる可能性も指摘されているのだ。

AIの発展を国内だけでなく世界的規模でどう受け止め活用していくかということが焦点となるのではないだろうか。

デジタル革命は、人間が想像できない豊かさの方法を見出し、実現できる可能性も大いにあるはずだ。

AIを手段として展開していくのか、はたまた人手不足を補うための即戦力として導入するのかによっても、大きく変わってくる。

だが、AIによって人間の居場所を奪われてしまうということになれば、新たな仕事の需要や自己責任としての在り方も今後問われることになりそうだ。

世界的規模でAI技術の進歩が進んでいる。

国内では、目立った導入はまだまだ世界各国と比較すると少ないと言える。

しかし、人工知能や自動運転を導入していけば、便利になる一方で現在ある仕事の半分はなくなってしまう可能性もあるということを理解しておかなければならない。

コメントを残す

4 × 2 =