FXは税金が発生する!節税ポイントと確定申告の重要性

 | 0件のコメント

FXで収入を得たら確定申告で税金を納める必要がある

FXなど、資産運用をまだ始めたばかりという人もいるだろうが、FXで利益が出た場合、自ら確定申告を行い税金を納めなくてはならない。

万が一税金をそのまま知らずに放置してしまうと、後々余分に支払わなくてはならなくなってしまうので気を付けたい。では、FXの税金対策はどのように行えば良いのだろう?

副業としてFXを行なっており、20万円以上の収入があるという場合は必ず確定申告を行い税金を納める必要がある。

また、本業がトレーダーという場合は38万円以上の収入で確定申告が必要になる。FXで得た所得は申告分離課税という税金に分類され、先物取引などと損益通算ができる他、損失の繰越控除が3年間可能になる。税率は一律所得税15%に住民税5%、さらに復興特別所得税0.315%が加わる。

これを見て分かるように、FXにとって最も費用がかかってしまうのは手数料やスプレッドではなく、税金と言えるだろう。なぜなら、手数料やスプレッドは証券会社を選べば無料や低料金で受けられるものがあるからだ。ではどうすればできるだけ税金にかかる費用を抑えることができるのだろう?

節税のポイント

では早速、FXで得た収入の税金を抑えるためのコツをご紹介していこう。まず、FXの経費を削減するという方法だ。

FXの収入にかかる税金は、為替差益で得た収入とスワップポイントを利用して得た収入から、経費を差し引かれたものに対して税金がかけられる。つまり、経費があれば支払う税金も少なくて済むのだ。

経費にはどんなものが挙げられるかというと、例えばFXを効率的に行うためのパソコン代やFXを行う際の取引手数料、インターネットやプロバイダ料金、投資情報を得るために支払った資料代、セミナー参加費用や参加するための交通費と宿泊費など、FXの収入アップにつながるために使った費用が経費として加算される。

ただ、インターネットやプロバイダ料金、パソコン代などはFXのために使った割合分の経費しか落ちない。これらの領収書は必ず保管しておき、必要経費として申請してみると良いだろう。ただし、これらが全て経費として認められるわけではないので注意したい。

もう一つ、FXで得た収入は雑所得に分類されるのだが、雑所得には繰越控除というものがあり、FXで損をしてしまった人がお得になれるものもある。

例えば今年FXで200万円の損失が出た場合、繰越控除が適用されて税金が控除される。次の年に利益が100万円出たとしても、繰越控除が適用されているので相殺されて100万円分の税金は支払う必要がないのだ。

さらに1年後に100万円の利益となっても、残り100万円分の繰越控除が残っているので税金を支払う必要がない。その次の年から相殺分がなくなるため、利益分の税金を支払わなくてはならないが、何もしないで毎年税金を支払い続けるよりも確実に繰越控除を活用した方が節税につながると言えるだろう。

確定申告は必ず行うこと

上記で紹介した経費による節税と、繰越控除による節税は、どちらも確定申告を提出することによって得られる節税効果である。

そのため、もしも副業でFXを行なっており、利益が20万円以下もしくは損失になってしまった場合も節税のために確定申告を行なっておいた方が良いだろう。確定申告は利益のある人、損失になってしまった人、どちらにも有益なものなのだ。

逆に納税しなくてはならないのに確定申告を行わない場合は、無申告加算税が加算され、通常よりも15〜20%以上支払わなくてはならない。また、悪質な隠蔽があったと判明した場合は重加算税といって40%の加算が行われる。

しかもこの支払いが遅れることによって延滞税として7.3〜14.6%の課税が加わるのだ。こうした大きく無駄なコストを避けるためにも毎年確定申告を行うことが重要である。

最後にFX以外にも株式投資で利益を得る場合も確定申告が必要なのは言うまでもない。検証銘柄の実績を考えると投資顧問ベストプランナーTMJ投資顧問を個人的には推したいと考えるがくれぐれも確定申告は忘れずに行ってほしい。

コメントを残す

20 + two =