注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

分散投資はした方がいい人としない方がいい人に分かれる

 | 0件のコメント

分散投資は資産運用の基本

一般的に、資産運用を行うなら分散投資を行なった方が良いと言われている。

一つの投資商品に資産を投じた場合、万が一その商品で損失を出してしまうと自分の資産も損失につながってしまうが、分散投資であればもし損失を出したとしても、他の投資商品で利益を出していれば大きなリスクにつながらない

このことから、資産運用は分散投資を行なった方が良いとされているのだ。

 

また、有名な投資家でもあるウォーレン・パフェット氏も、複数の銘柄に投資することで利益を生み出していたとする話は有名である。

株式投資では特に企業が倒産したり、自然災害が起きることで大暴落を引き起こしたりと、様々なリスクが考えられる。

さらには株式投資だけではなく他の投資に資産を分散させていれば市場自体が異なるため、被害を被りにくい。

もし株投資に不安なら、以前別記事で検証した結果、管理人が安心のサポート体制が整っているなと感心した投資顧問ベストプランナーTMJ投資顧問などの投資顧問を活用する方法も個人的には推奨したい。

 

また、分散投資にはリスクを分散させることができるというメリットの他に、相場の動き自体はあまり気にせず投資を行えるという点が挙げられる。

これは、時間を分散させる「ドルコスト平均法」を用いることで、同じ銘柄を毎月決まった日に買い付けていくことで、買い付け金額を平等に保ったまま平均化させるという方法だ。この方法であれば多くの資産を注ぎ込む心配もなくなる。

ただし分散投資にはデメリットもある

分散投資はメリットばかりという風に捉えている方も多いかもしれないが、実際はデメリットも存在する。

利益の伸び率

まず一つ目に、集中投資した場合と分散投資した場合とでは、利益の幅が違うという点だ。

どういうことかというと、例えば一つの商品に資産100万円を使ったとしよう。

もし利益が出れば100万円分に合わせて利益が確保できるが、分散投資で30万円を投資した場合、30万円分に合った利益しか確保できないことになってしまう。

つまり、分散投資をしているとリスクは抑えられるものの、利益が出た時の伸び率が下がってしまうのだ。

ポジション管理

二つ目に、ポジション管理が大変になってしまうという点である。複数の銘柄に投資させるということは、その分管理が非常に大変だ。

2、3銘柄程度で集中投資していればポジション管理も難しくはないが、これが20以上の銘柄に分散投資すると毎日管理に時間を割いてしまうことになる。

副業として投資している人には大きなデメリットにつながってしまうだろう。

分散投資をした方がいい人としなくてもいい人がいる

メリットとデメリットの両面を持つ分散投資ではあるが、実は分散投資を行なった方がメリットの恩恵を受けやすい人とそうでない人がいる。

どのような人が分散投資をした方が良く、逆にどのような人が分散投資ではなく集中投資をした方が良いのだろうか?

分散投資をした方がいい人

分散投資をした方がいいという人は、既にある程度の資産を持っていて、それを守りながら目減りを防ぎたい場合である。

資産を数千万円持っている状態で集中投資した場合、注ぎ込む金額が大金になってしまうせいでリスクもかなり高いものになる。

この状況で損失を出してしまうと、それこそ1000万円単位の損失となってしまう恐れがあるのだ。

分散投資より集中投資向きの人

しかし、逆に数十万円程度しか資産を持っていない場合、分散投資を行なっても利益の幅が小さくなってしまうため、資産運用しているにも関わらずお金があまり貯まらない状態になってしまう。

リスクを怖がりすぎてしまいいつまで経ってもお金が貯まらないのであれば、積立貯金などを行なった方が良いと言えるだろう。

そのため、分散投資はある程度資産を持っている人にとっては有益なものであるが、そうでない場合はあまり意味のないものになってしまうのだ。

効率の良い資産運用を!

「リスクを回避するために分散投資を行わなくてはならない」という一般論を信じすぎてしまうと、せっかくの資産運用が効率の悪いものになってしまう。

自分の資産状況などを加味した上で分散投資をするのか、それとも集中投資の方が良いのか検討した方が良いだろう。

コメントを残す

one × 3 =