注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

日本経済の発展に向けた地域活性化への取り組みとは

 | 0件のコメント

地域活性化と日本経済発展の関係

少子高齢化が日本の大きな課題となっている状況の中で、日本経済が今後も持続的に発展し続けるためには地域の活性化が必要不可欠であると言える。

最近ではAIやIoTなどのような技術革新が進んでいるが、地方自治体においても地域のポテンシャルを活用していくことが重要だ。

企業誘致や地域資源の活用を総合した地域主導の成長戦略を築いていけるかが今後の焦点となるだろう。そもそもここ10年ほどは、企業は地方を超えて海外に拠点を構えているという流れが中心になっていた。

だが最近では製造業がマザー工場機能を国内に強化したり国内市場の潜在的な能力の見直しなど国内回帰の現象も起きているのが実態だ。

物流・IT・観光関連においては地方への立地条件が良く、災害対応の側面を考えて研究開発機能や本社機能を持つ事業所などは地方に移転するという動きも出るようになってきた。

少子高齢化が問題視されている現在では、地方では生き残れない、いわば地方消滅も懸念されているが、日本経済の発展のためにはそういった地域活性化が必要不可欠と言えるだろう。

特に地域の特性を活かし地方創生を主軸とした企業誘致策が必要であり、外発的な発展ばかりでなく、地域のポテンシャルの活用が重要になってくる。

地方自治体の取り組みと新たな動き

地方自治体においては、地域経済を支えていく地方中核企業などの確立や内発的発展などと合わせた総合的な取り組みが急がれるだろう。

現状で見れば地域経済の企業収益や雇用は好調に感じられるが、製造業の設備投資にはまだまだ課題が残されている。これまで地域を支えてきた製造業の新規立地は後退気味でもあり、地域の強みを活かしつつ将来成長が期待できる分野の需要を域内に取り込めるようにしていく必要があるのだ。

地方自治体も「地域未来投資促進法」に対する取り組みを既に始めており、現在までに45都道府県から合計で145計画が提出されている。

また、観光産業や航空機部品産業、医療・バイオ関連産業などの地域特性を活かした成長性が見込まれる分野に注目もされており、地域でも新たな動きが始まっている。それ以外にも、環境エネルギー、ヘルスケア・教育サービス、第4次産業革命関連など分野も挙げられる。

しかしそのためには自治体と産業界だけでなく、地域の知的拠点である大学や地域金融機関の協力も必要となってくるだろう。日本経済の発展のためには、そうした地域に根ざした人が増えていかなければならない。

地域活性化に必要なものとは


現在、企業誘致と地域資源の活用を総合した地域主導の成長戦略が重要とされる。それぞれの地域の個性や魅力をアピールするために、自治体が今後立地競争の中で企業の心を捉えていかなければならない

国内だけでなく、海外へも簡単に情報発信できる時代であるため、誘致に関しても国内企業のみならず海外企業も視野に入れた広い戦略を取っていくべきだ。

また、地元の基盤産業や大学、金融機関などの地域と密着した組織との連携を取っていくためには、首長となる存在がいかに地域の資源を見つけ魅力を取り入れていくかにも大きく関わってくるに違いない。

地域を今後さらに活性化させていくためには、少子高齢化グローバル化高度情報化などを踏まえ、地域のポテンシャルを発掘することが必要だ。

またそこで発掘した資源を差別化し、さらに商品や様々なサービス化を進めていく中で内外に情報発信していくことが重要である。世界レベルの競争をしながら、グローバルの視点とローカルの視点を融合した姿勢が問われるようになるだろう。

日本の経済を今後も発展させていくためには、そういった地域づくりが必要不可欠なのだ。

コメントを残す

4 + 11 =