雅投資顧問|「73.1%上昇↑」アイビーシー(3920)の取引を分析

 | 0件のコメント

雅投資顧問の推奨銘柄を、チャート・株価分析して公開しています。売買判断の精度などから雅投資顧問の実力を評価していきます。

今回は保有23日間で73.1%上昇したアイビーシー(3920)を分析します。

雅投資顧問推奨 アイビーシー(3920)の検証

雅投資顧問のアイビーシー(3920)の売買推奨内容は以下です。

銘柄名   :アイビーシー(3920)

推奨日買値 :2018/06/07 1,519円

推奨日高値 :2018/06/29 2,630円

騰落率   :+73.1%上昇

利益確定額 :+1,110,000円

アイビーシー(3920)の業績を確認する

アイビーシーは話題のブロックチェーン関連株です。

「System Answerシリーズ」の販売、およびネットワークコンサルティング等についても堅調に推移するものと見込まれている事から、 増収・増益が予想されています。

ネットワークシステム全体の性能状態を容易に可視化できるネットワーク性能監視ツールの開発、製造を行っているプロダクト事業。

 

クライアントに対しシステムインフラのLife Cycleに沿ってコンサルティング・設計・運用をワンストップサービスにて提供いているコンサルティング事業。

 

ネットワークシステムやサーバを含めたICTサービスの性能分析を行い、様々な課題の解決を目的としたレポーティングサービス事業。

 

これらが、三本柱となって運営が行われている企業です。

雅投資顧問 アイビーシー(3920) 業績推移

アイビーシー(3920) 業績推移

平成29年9月期の通期決算は、ライセンス販売の受注数増加等に伴う構築・運用サポート増加、他社製品及びネットワーク構築に関する技術支援の増加に加え、レポーティング(分析)サービスやOffice365遅延問題対策のコンサルティングサービスの受注等もあり、好調に推移。

 

その結果、売上高は前年同期比で6.6%の増収となるも、人件費や本社オフィス関連費用が増加した事や、東証1部に上場変更した事による関連費用が嵩み、最終利益は41.0%の減益となっています。

 

雅投資顧問のアイビーシー銘柄分析の3大ポイントです。

POINT

1:動意が始まる直前での買い判断

2:好材料と市場注目度の把握

3:1度目の上昇で売らず、2度目の高値で売却

まずは1つ目の買い判断から確認します。

 

動意が始まる直前での買い判断

雅投資顧問がアイビーシーの買い推奨を行ったのは2018年6月7日です。

雅投資顧問 アイビーシー(3920) 株価 買い判断

雅投資顧問 アイビーシー(3920) 株価 買い判断

元々、アイビーシーの株価は上昇する局面にありました。2018年3月~6月まで一定の範囲で株価の変動が起きていましたが、6月7日から動意を見せました。

6月7日当日は、チャート図のように一目均衡表の基準線(過去26日間の平均値)超えは果たしたものの、転換線(過去9日間の平均値)には高値を阻まれています。

しかし、これまでを調整の期間と捉えますと、その後の株価躍進も予想に難しくないでしょう。

実際にアイビーシーの株価は、買い推奨後すぐ転換線(過去9日間の平均値)を上抜け上昇していきました。

雅投資顧問の買い判断はスタンダードでありましたが、その後に株価が躍進する何かを把握している印象を受けました。

 

好材料と市場注目度を的確に把握

アイビーシーの株価躍進の材料は、インフォサイエンス株式会社が提供する統合ログ管理ツール「Logstorage」を、クラウド型の「LOG on SAMS」として6月11日よりサービス提供を開始したことが挙げられるでしょう。

雅投資顧問 アイビーシー(3920) LOG-on-SAMS

LOG-on-SAMS

 

雅投資顧問はこの好材料をいち早く察知していたため、6月7日の動意直前で買い推奨を出したのでしょう。

 

さらにサイバーセキュリティーの重要性が世間にも広く認知され始めている昨今、やはりブロックチェーン関連株には市場の関心が集まります。

当然、雅投資顧問もその流れは把握していたでしょう。

 

そんな中で、ブロックチェーン技術を活用したセキュリティーサービスが注目を集め、ネットワーク通信状況を監視する技術が重視されているアイビーシーという銘柄に目を付けていたのだと思います。

 

アイビーシーが本格的に注目され始めたのはもっと後のことですが、雅投資顧問は既に市場の一部で買い意欲が強まっていることをかぎ取っていました。

 

このような情報収集力があるからこそ、最高の買いタイミングで入ることが出来たのですね。

 

1度目の上昇で売らず、2度目の高値で売却

雅投資顧問は6月29日に売り推奨を行いました。

6月7日の買い後の株価を見ると、一本調子に上昇しています。

雅投資顧問 アイビーシー(3920)  株価 売り判断

雅投資顧問 アイビーシー(3920) 株価 売り判断

スイングトレードであれば、6月15日の2,041円で売っても申し分ないでしょう。これだけでも+34%の上昇ですからね。

 

しかし、実際に売り判断を行ったのは6月29日です。

 

6月7日からの「上昇の幅」と「日数」に注目をして考えてみると、株価の調整には2日ほどかかります。つまり、6月15日以降も伸びることが想像でき、さらにもう一段上昇に転じると考えることもできます。

6月7日から9日後の6月16日、この日が押し目となり案の定株価はもう一段躍進を見せました。

 

アイビーシーの株価の伸びは強く6月29日まで上昇を続け、雅投資顧問は高値を取ったと判断したのでしょう。売り推奨の後の株価を見ると反落していますね。

 

この一度目の上昇で売らずに、利益を最大まで伸ばした判断はさすがと言わざるを得ません。随所の安値と高値をきれいに獲っていく印象はこれまでの検証結果からも変わりはありません。

 

サイト名 雅投資顧問
URL http://miyabi-kabu.com/
アナリスト名 中野稔彦
利用料金 45,000円~
運営会社株式会社MLC investment
所在地東京都中央区日本橋蛎殻町1-20-8 松ビル6階
運営責任者中野 稔彦
メールinfo@miyabi-kabu.com
電話番号03-6661-6426
金商関東財務局長(金商) 第2948号

コメントを残す

nineteen − nineteen =