雅投資顧問|「48.8%上昇↑」リーバイ・ストラウスジャパンの銘柄分析

 | 0件のコメント

雅投資顧問の4月の実績を確認すると、現時点ではスイングトレードが散見されるためテクニカル分析を重視しているのでしょう。

その実績にあるリーバイ・ストラウス ジャパン(9836)は、買い推奨から5日で+48.8%の急騰を見せました。

雅投資顧問の推奨銘柄リーバイ・ストラウス ジャパン(9836)を、チャート・株価から振り返って分析します。

リーバイ・ストラウス ジャパン(9836)の検証

雅投資顧問の推奨内容は以下です。

銘柄名   :リーバイ・ストラウス ジャパン(9836)

推奨日買値 :2018/04/12 266円

推奨日高値 :2018/04/16 396円

騰落率   :+48.8%上昇

利益確定額 :+130,000円

リーバイ・ストラウス ジャパン(9836)の業績を確認する

リーバイ・ストラウス ジャパンは、独立系で電線セクターの御三家企業の一角です。特に、フレキシブルプリント基板(FPC)の取扱量は世界有数という立ち位置を誇っています。

収益の内、不動産収益の割合が大きいことも特徴です。

雅投資顧問 リーバイ・ストラウス ジャパン(9836) 業績推移

リーバイ・ストラウス ジャパン(9836) 業績推移

平成29年11月期は、当社の売上高は前期比5.5%増、6億78百万円増の130億18百万円となりました。

第1四半期に小売店での年末年始の冬物商戦がやや伸び悩んだものの、卸販売やEコマースを中心に売上が伸長 。

 

さらに、返品調整引当金の繰入が1億48百万円(前期は、2億48百万円の戻入)生じたことにより返品調整引当金調整後の売上総利益は、前期比2億36百万円増加の59億71百万円(前期比4.1%増)となっています。

販売費及び一般管理費は、売上増加に伴う配送料、賃貸料、並びに10月開業した大阪旗艦店等の開業費、および店舗運営費が増加したため、前期比で3億36百万円増加の55億89百万円(前期比6.4%増)となりました。

 

また、特別損益項目においては、移転価格の税務調査の結果を踏まえて親会社であるリーバイ・ストラウス・アン ド・カンパニーとの協議の結果、過年度に支払ったロイヤリティの返還を5億95百万円受け特別利益に計上。

 

この結果、営業利益が3億81百万円、経常利益は4億5百万円となり、当期純利益は8億21百万円となりました。

平成30年11月期の通期予想については、売上高は当期比3.7%増の135億円と見込んでいます。

 

ただ、新店舗の出店のための初期投資費用、および広告宣伝費等更なる将来の成長のための投資が増加することが必然であるため、営業利益、および経常利益は2億円で、当期純利益が1億60百万円程度の見込みとしています。

 

 

今回の雅投資顧問の推奨でポイントとなるのは以下の3つです。

 

POINT

・株価推移からわずかな兆しをキャッチ

・好決算でリーバイ・ストラウス ジャパンが急騰!

・総合的に最良のタイミングで売り判断

 

まずは買い判断から解説していきます。

 

株価推移からわずかな兆しをキャッチ

雅投資顧問はリーバイ・ストラウス ジャパンを4月12日/266円にて買い推奨を行っています。4月11日以前の株価推移を見ると、3月8日頃から上値を抑えていた25日移動平均線を一時的に上抜けています。

雅投資顧問 リーバイ・ストラウス ジャパン(9836) 株価 買い推奨

雅投資顧問 リーバイ・ストラウス ジャパン(9836) 株価 買い推奨

 

ここで動意となる兆しを確認、緩やかなダウントレンドを形成してきた経緯も鑑みて、雅投資顧問は2018年11月期第1四半期決算の内容が市場予想を超える強さであることを想定したのでしょう。

もしくはこの時点で何か情報を掴んでいたのかもしれません。そうであれば、4月13日以降の株価の躍進に確信を持って買い推奨を出していたということになります。

 

好決算でリーバイ・ストラウス ジャパンが急騰!

決算発表は4月12日の大引け後にされましたが、結果は予想以上に強く、経常利益(非連結)が3.4億円。前年同期比5.8倍に急拡大、上期計画の1.5億円に対する進捗率が226.7%とすでに上回り、前年同期比28.1%を超過するといった内容でした。

雅投資顧問 リーバイ・ストラウス ジャパン(9836) 決算

リーバイ・ストラウス ジャパン(9836) 決算

この辺りの好材料を見込んだ雅投資顧問の総合判断力・情報収集力は素晴らしいと言えますね。

そしてその判断どおり、4月13日の株価は立ち合い中ストップ高、貼り付きとなります。こうなれば週明けの寄り付きが一段高い続伸になることも想像に難しくないでしょう。

しかし、雅投資顧問の手腕が光ったのは売り判断です。

 

総合的に最良のタイミングで売り判断

雅投資顧問 リーバイ・ストラウス ジャパン(9836) 株価 売り判断

雅投資顧問 リーバイ・ストラウス ジャパン(9836) 株価 売り判断

雅投資顧問の売り推奨は4月16日/396円です。

好決算によって急騰を見せたリーバイ・ストラウス ジャパンですが、4月13日時点で既に3σボリンジャーバンドを大きく上抜けているため、4月16日は躍進してもその後売りに押される可能性は考えられます。

また400円手前には多くの売りも観測されていました。このあたりのリスクを雅投資顧問は見通して、売りタイミングを総合的に考慮したのだと推測できます。

 

その結果、買い推奨から5日で騰落率+48.8%、+130,000円の利益を出したのですから、雅投資顧問が最良の判断を下したのは結果で示されたでしょう。

 

あわせて直近の実績を見る

雅投資顧問 推奨したバイオ銘柄が+190.4%

サイト名 雅投資顧問
URL https://miyabi-kabu.com/
アナリスト名 中野稔彦
利用料金 45,000円~
運営会社 株式会社MLC investment
所在地 東京都中央区日本橋蛎殻町1-20-8 松ビル6階
運営責任者 中野 稔彦
メール info@miyabi-kabu.com
電話番号 03-6661-6426
金商 関東財務局長(金商) 第2948号

コメントを残す

4 × 3 =