雅投資顧問|「66.0%上昇↑」レノバ(9519)の取引を分析

 | 0件のコメント

雅投資顧問の推奨銘柄を、チャート・株価の分析をして公開しています。

売買判断の精度を細かく検証し、雅投資顧問の実力を評価していきます。

今回は私が94万円の利益を獲得したレノバ(9519)です。

レノバ(9519)【9/12 検証】

雅投資顧問の推奨内容は以下です。騰落率は+66%上昇となっています。

銘柄名   :レノバ(9519)

推奨日買値 :2018/6/29 1,431円

推奨日高値 :2018/7/27 2,375円

騰落率   :+66.0%上昇

利益確定額 :+944,000円

レノバ(9519)の業績を確認する

レノバは、東京都千代田区に本社を置く再生可能エネルギー発電施設の開発・事業運営会社です。

詳細としては、太陽光・バイオマス・風力・地熱などの再生可能エネルギー発電施設の開発・運営を専業とする発電事業会社ですね。

 

成り立ちとしては、2000年5月に環境ビジネスとしてリサイクルに関するコンサルティング等のサービス事業を手掛ける「株式会社リサイクルワン」として創業。

 

リサイクル事業から再生可能エネルギー事業にまで事業展開したことに伴い、2014年1月に「株式会社レノバ」に社名が変更されています。

雅投資顧問 レノバ(9519) 業績推移

レノバ(9519) 業績推移

 

業績は2018年5月期に経常利益が前年比で32%増と、とても堅調であると言えるでしょう。

 

対して当期純利益が大幅に前年比で大幅に減少していますが、これは2017年5月期における「プラスチックリサイクル事業」の事業分離に関連し、関係会社株式売却益(特 別利益)2,350の計上、および非継続事業に係る特別損失等の計上した事によるものです。

 

今期は2019年3月期決算で10カ月の変則決算となるものの、37億円予想と前期実績を上回る水準が予想されています。

 

既存の発電所はそれぞれ順調に運用されており、また、運転開始に向け建設工事を行っている大規模太陽光発電所5ヶ所においても、順調に工事が進捗している事が強みでしょう。

 

さらに、2018年6月には、レノバが43%出資する苅田バイオマスエナジー株式会社の出力75MWの木質バイオマス発電所について、融資関連契約等の締結及び工事への着手に至っています。

 

これらを勘案した2019年5月期の業績は、前年比で小幅ながら増収。

各利益部門でも増益が予想されています。

 

ただ先述のとおり、2018年5月期において当期純利益が大幅に減益した事により、予想PERは85倍という割高な換算となっています。

レノバ(9519)の銘柄分析の重要ポイントは3つです。

POINT

・急騰前に仕込めた2つの理由

・材料を起爆剤と判断

・下落リスクを考えながらも高値日に売却

 

まずは1つ目の急騰前の買い判断からです。

 

急騰前に仕込めた2つの理由

雅投資顧問がレノバの買い推奨を行ったのは6月29日です。

雅投資顧問 レノバ(9519) 株価 買い推奨

雅投資顧問 レノバ(9519) 株価 買い推奨

 

この頃のレノバの株価は、概ね1,400円~1,500円で推移していました。

雅投資顧問が買い判断をした6月29日/1,431円は、買い推奨前日の6月28日に1,403円の安値に触れました。つまり、株価推移をしているゾーンの底をついたイメージです。

しばらく横ばいの推移をしていたため、底をついたことで今後の上昇を見越したのでしょう。

 

結果的に6月29日の推奨後にやや下落はしたものの、7月5日以降株価は急騰をしていきました。

 

急騰前に仕込めた背景は、

・ゾーン内の値動きを的確に分析

・7月5日の決算発表が好材料

 

振り返るとこの買いの判断は正解だったと言えそうですね。

 

材料を起爆剤と判断

レノバは7月5日に決算発表を控えていたわけですが、雅投資顧問はこの決算発表を好材料と捉えていたようです。

 

後から見返すと直前の7月3~4日は、一旦下に売り仕掛けられている場面でした。

しかし雅投資顧問はこの場面も冷静に見ている感があり、まさに7月5日の大引け後の決算発表のみを狙っていたように思えます。

 

雅投資顧問 レノバ(9519) 決算

雅投資顧問 レノバ(9519) 決算

 

レノバは2018年5月期の経常利益が11.4%増と大きな伸びを見せたため、翌日の7月6日から株価は急伸します。

 

さらに今夏は日本各地で記録的な猛暑を記録しましたね。電力供給不足が意識される中、発電所の運用をしているエネルギー関連株が人気化したことで、レノバにもより注目が集まりました。

 

これまでの検証からも、雅投資顧問のアナリストはこのような季節要因も抑えて売買判断に活かしているのでしょう。

 

 

下落リスクを考えながらも高値日に売却

雅投資顧問 レノバ(9519) 株価  売買判断 利益

雅投資顧問 レノバ(9519) 株価 売買判断 利益

雅投資顧問は7月27日の高値日に売り判断としました。7月24日には既に2,400円近辺まで迫っていながらも、売りが集まり下落しています。

その後も上抜けしそうな値動きは取るものの及ばず、雅投資顧問も売りの判断に至ったのでしょう。と言っても高値日なので利幅はしっかり確保しています。

 

急騰前に仕込めていたため、約1ヶ月間の保有で94万円の利益は良い取引ができたと思います。

 

仮にブレイクアウトをすれば株価急伸の可能性もありますが、圧し負けた時の下落速度は速くなりやすいため想定されるダメージは深刻です。

まだ可能性があっても引くべきところは引く判断力も、雅投資顧問の優れた部分と言えます。

 

今回のトレードで94万円の利益を獲得出来た雅投資顧問は、おすすめできる投資顧問業者でしょう。

 雅投資顧問 公式サイト

 

サイト名 雅投資顧問
URL https://miyabi-kabu.com/
運営会社株式会社MLC investment
所在地東京都中央区日本橋蛎殻町1-20-8 松ビル6階
運営責任者中野 稔彦
メールinfo@miyabi-kabu.com
電話番号03-6661-6426
金商関東財務局長(金商) 第2948号

コメントを残す

8 + 9 =