注目のキーワード 株探 ニチダイで大損害

ウルフ村田の銘柄取引が危険!アンジェス(4563)の売買で失敗。

 | 0件のコメント

前回、ウルフ村田のニチダイの推奨で被害を紹介しましたが、ニチダイ以外にも芳しくない結果となった銘柄の書き込みが見つかりました。

ニチダイのように報道というほど大っぴらな事にはなっていませんが、被害者はどこかにいるのは間違いなさそうです。

今回はその問題の銘柄、ウルフ村田がセミナー参加者達に推奨したアンジェスの取引指示を検証してます。

ウルフ村田推奨銘柄 アンジェス(4563)

ウルフ村田 アンジェス(4563)

アンジェス(4563)

アンジェスの株価が伸びた理由は?

アンジェスはマザーズに上場している創薬ベンチャーです。遺伝子治療薬を開発した実績を持っており、現在は難病治療薬も販売しています。

アンジェスが話題の銘柄となったのは、2017年6月の株価急伸によるものですね。当初は特段の材料も無く6月6日に突然株価が躍進し、一気に年初来高値の更新しました。

事後にアンジェス側が「開発中の血管の遺伝子治療向け薬剤の製造販売承認申請のメドが立った」という声明を出していたことが明かされましたが、特に直近の業績に変化が表れるというほどの内容ではありませんでした。

しかし、8日からは株価上昇はさらに加速し、12日には具体的に国内初の遺伝子治療薬「ベペルミノゲン」について、10月を目途に製造販売の承認を行うと一部で伝えられました。

2018年にも遺伝子治療薬「ベペルミノゲン」の発売を目指すとしており、アンジェスの実際の収益拡大を期待した買いがさらに活発化しました。

その後株価は2日間ストップ高比例配分となり、買い気がさらに盛り上がる格好となります。

ウルフ村田 アンジェス(4563) 株価

アンジェス(4563)株価

 

アンジェスの最初の材料が出たのは6月6日の急動意後です。したがって好材料が出ることを事前に把握していた投資家が買いを入れたのでしょう。

情報収集に長けた投資顧問であれば、アンジェスの買い推奨を同タイミングに出せると考えられます。

今回の材料は画期的で、実際に販売時期に対する言及もあったため、アンジェスの業績にも大きく寄与するというリアルな見通しが蔓延したことによるでしょう。

仕手的な買い注文が発生!

しかし、それ以外にもこの活発的な値動き自体が買い材料化している節もあります。

東証はアンジェスを6月13日からの日々公表銘柄に指定したものの、具体的な信用規制がかかったわけでもないため、短期資金の買いが継続していたりと急騰する要素は存在していました。

しかし、この上昇には仕手的な買い注文が随所で見られたため、一定以上の分析力と判断力があれば初動に出遅れても買い参戦できるところは沢山あったはずです。

 

買いの推奨日はいつだった?

ウルフ村田がセミナー参加者にアンジェスを推奨した明確な日付は不明ですが、口コミの多くが7月13日時点でまだホールドさせられていたと述べています。

その日は直近安値となる6月1日を起点とし、横ばいの推移をしたアンジェスの株価が25日移動平均線を割り込んだ日ですね。

ボリンジャーバンドが上向きなので、この時点ではネックラインである610円を割り込んでいるわけではありません。ただ、25日線を下抜けたという事実は市場のセンチメントに悪影響を及ぼします。

現に株価が一時反転して7月24日まで上昇するも、これは横ばいの相場をブレイクするための売りの誘いであることが見て取れます。

その後の反落で8月9日にネックライン割れを起こしていますね。取引指示としては失敗しています。

 

利用者が巨額の損失を含んでいた可能性も

アンジェスは6月6日からの急騰後も500円から700円の間で推移しています。

以前騒ぎとなったニチダイもそうですが、ウルフ村田氏は急伸した株価に投資家にあおりを入れて、買い推奨を行っていることが多いので、今回のアンジェスに関する口コミを見ていてもその傾向がうかがえます。

今回のアンジェスが決定的な下落をしていなかったとはいえ、200円のボラティリティは小さくないので買い株数によっては巨額の損失を含むこととなります。一部の検証記事には、仕手筋や空売りトレーダーの売り玉にぶつけるために、ウルフ村田氏が手先となってセミナー参加者に買いを煽っているという文章も見つけました。

たしかに相場の世界ではそのようなことは日常茶飯的に起こっています。事実であればウルフ村田氏もその中で、その知名度を利用しリテラシーの低い初心者の金銭を吸い上げる悪徳行為を行っていることになります。

まとめ

相場の世界は非常にシビアでこのように他人を食い物にしようとする輩が多く存在していますので、せめて自身が餌食にならないように注意することが肝要と言えるでしょう。

情報を利用して投資で儲けるには、情報元のこれまでの実績に焦点を当てて考えてみるのも一つの手です。

例えば雅投資顧問は推奨銘柄の上昇率も高く、安定した勝率を誇ります。決して有名がすべてではないということです。

コメントを残す

one × two =