アンジェスがわずか1日で+9.5%!ウルフ村田の上昇銘柄の見つけ方

 | 0件のコメント
ウルフ村田 アンジェス

ウルフ村田さんが3月26日にツイートしたアンジェス(4563)が、翌日には+9.5%まで上昇しました。

ウルフ村田さんの上昇銘柄の見極め方が分かれば、アンジェスのように上がる銘柄を見つけることもできるのでは?

そこで、ウルフ村田さんがアンジェスを見つけるために行った情報収集の仕方をお伝えしますので、ウルフ村田さんの手法から上昇銘柄の見つけ方を学びましょう。

 

ウルフ村田のツイート翌日にアンジェス上昇。どんな内容?

アンジェスは「継続的な営業損失の発生」「営業キャッシュフローのマイナス」の状況に陥っていたことで、株価も伸び悩んでいました。

しかし、3月26日にHGF治療薬の製造販売承認を取得 し、アンジェスが公式に損失問題の解消予定を発表 したことで、株価は上昇しました。

ウルフ村田さんは3月26日からアンジェス関連のツイートをし、結果的に3月27日には前日比+9.5%の終値1,223円まで急伸することができたのですが、この時、ウルフ村田さんはこんなつぶやきをしていました。

 

3月26日:大引け後にアンジェスのツイート

アンジェス公式の発表を見て、ウルフ村田さんも期待したのがツイートの☺でわかりますね。

 

 

月刊ウルフでも臨時動画の配信を行ったようです。

 

 

3月27日:アンジェスの問題解消後の可能性をツイート

3月27日の前場前にも再度アンジェスの公式発表について触れ、アンジェスの問題が解消されると、どのような可能性が生じるかを「知人からの意見」という形でツイートしています。

 

ウルフ村田さんはアンジェスが将来的に期待できる可能性をツイートし、ウルフ生やフォロワーの投資家へ教えてあげていたのでしょう。

 

ウルフ村田から学ぶ 第二のアンジェスの見つけ方

では、ウルフ村田さんはどのようにしてアンジェスような銘柄を見つけ出しているのでしょうか。アンジェス関連のツイートより見つけ方を分析します。

 

ウルフ村田 急騰株を発掘できる理由

特筆すべきは、ウルフ村田さんが明言していないとはいえ、大口の機関投資家の動向を知る術があるということです。

先述のアンジェスに関しても「知人からの意見」としたツイートがあったように、ウルフ村田さんは大口投資家の動向を把握していると感じます。

実際に大手の投資顧問やファンドなどは、このような思惑をもとに相場を作っていきます。

したがって、大口の思惑・動向を把握しているのといないのとでは、投資判断に大きく関わってくるということですね。ウルフ村田さんが急騰株をいくつも発掘できたのは、このような強みがあるからなのでしょう。

 

テクニカル分析から、アンジェスを選べた理由を読み取る

結論から言うと、テクニカル分析からアンジェスの買い判断をするのは難しかったでしょう。

なぜなら、ウルフ村田さんが3月26日にツイートしたのは、テクニカル分析により騰がる想定を見出していたのではなく、「公式発表の材料」と「大口投資家の情報」の2点に期待した可能性が高いです。

 

ウルフ村田 アンジェス ツイートと株価

ウルフ村田ツイートとアンジェス株価

ウルフ村田さんがアンジェスのツイートをした3月26日は、アンジェスの株価は直近安値から既に3.5倍にも膨れ上がっている局面でした。それにもかかわらずこの時点で「初動の玉」と発言しているのは、ここから更なる買いが入る自信があったのでしょうか。

しかし、アンジェスの株価上昇は3月27日の1日だけで終息し、完全にデイトレ相場となりました。

ウルフ村田さんはダブルトップを形成した後の公式発表を、今後も株価が高値を上抜ける材料と考えていたのか、初めから3月27日のデイトレ相場用と考えていたのかは分かりませんが、売り圧力は強く、トリプルトップを形成し下落をしていきました。

ウルフ村田 アンジェス ツイートと株価推移

ウルフ村田ツイートとアンジェス株価推移

 

[必見] ウルフ村田がチェックしている情報源5選

長年相場と向き合っているウルフ村田さんの様に、大口投資家の動向を個人の投資家が掴むのは現実的に難しいかもしれません。

ただ、ウルフ村田さんが日々使う情報源は、何も特別ではありません。ウルフ村田さん自身がツイッターや出演メディアで公開していた情報源5つです。

POINT
ストックボイス
https://www.stockvoice.jp/
ラジオNIKKEI
http://www.radionikkei.jp/
みんかぶポートフォリオ
https://minkabu.jp/portfolio
株マップ.COM マーケット情報
http://ur0.work/thcV
松井証券
https://www.matsui.co.jp/

 

もちろん先に述べたような人とのつながりによって、一般の投資家には入手困難な情報も持ち合わせているかもしれませんが、上記のラインナップを見ると誰でも使えるものばかりです。

ウルフ村田さんの銘柄発掘の源は、やはり日々の地道な情報収集が大事ということでしょう。

 

あなたにもできる、上昇銘柄の見つけ方

まずはウルフ村田さんの「情報収集先をマネてみる」ことで、銘柄の選び方を学ぶことが良さそうです。

上昇銘柄の見つけ方については、その時の話題性・株価水準など、見立てるポイントは数えたらキリが無いほどあります。

そして実際の取引で上昇に乗るためには、初動を掴むことが重要です。これはウルフ村田さんのツイートだけでなく、ウルフ村田さんが日々チェックしている情報源や、著名な投資家のツイートからもヒントが落ちているので、いつか紹介をします。

 

補足:ウルフ銘柄は素早く買って、素早く売るべし

ウルフ村田さんは以前に「高値を取った後の銘柄については出来高やチャートを常にチェックしていくしかない」とツイートしています。

もちろん正論なのですが、そのような判断がつかない初心者の投資家には難易度が高いかもしれません。ウルフ村田さんがツイートするのは大口参加銘柄が多く、アンジェスのように急落というのも珍しくありません。

加えてウルフ村田さんは高速で多くの銘柄についてツイートしています。ウルフ村田さんがつぶやいた銘柄に片っ端から手を出して、気づいたら長期保有になって自滅…、とならないように注意したいところです。

いわゆるウルフ銘柄に手を出した方にとっても思惑は同じはずなので、周囲も便乗して煽ることが多く見られます。なので、煽り系のツイートはデイトレやスイングの短期売買と認識して素早く買って素早く売るのが良さそうです。

株式投資は、ひとつの噂が株価を大きく動かすことがあり得る世界です。良くも悪くも、ウルフ村田さんの一声で相場が動くこともあります。ツイートから情報を得る際は、利確・ロスカットラインはしっかり決めたうえで、ぜひ投資に活かしてみてください。

 

※過去のアンジェス関連のツイート

ウルフ村田 2017年6月にツイート

前回、ウルフ村田のニチダイの推奨で被害を紹介しましたが、ニチダイ以外にも芳しくない結果となった銘柄の書き込みが見つかりました。

ニチダイのように報道というほど大っぴらなことにはなっていませんが、被害者がいるのは間違いなさそうです。

今回はその問題の銘柄、ウルフ村田がセミナー参加者達に推奨したアンジェスの取引指示を検証していきます。

ウルフ村田推奨銘柄 アンジェス(4563)

ウルフ村田がセミナー参加者に推奨したとツイートにも残っています。

アンジェスはマザーズに上場している創薬ベンチャーです。遺伝子治療薬を開発した実績を持っており、現在は難病治療薬も販売しています。

まずはアンジェスの株価急伸の理由から解説していきます。

 

材料は無く株価は突然動意!

アンジェスが話題の銘柄となったのは、2017年6月の株価急伸によるものですね。当初は特段の材料も無く6月6日に突然株価が躍進し、一気に年初来高値の更新しました。

事後にアンジェス側が「開発中の血管の遺伝子治療向け薬剤の製造販売承認申請のメドが立った」という声明を出していたことが明かされましたが、特に直近の業績に変化が表れるというほどの内容ではありませんでした。

 

遺伝子治療薬の販売承認で2日ストップ高

しかし、6月8日から株価上昇はさらに加速し、12日には具体的に国内初の遺伝子治療薬「ベペルミノゲン」について、10月を目途に製造販売の承認を行うと一部で伝えられました。

2018年にも遺伝子治療薬「ベペルミノゲン」の発売を目指すとしており、アンジェスの実際の収益拡大を期待した買いがさらに活発化しました。

その後株価は2日間ストップ高となり、仕手的なものも含めた買いがさらに盛り上がる格好となります。

ウルフ村田 銘柄 アンジェス(4563)株価

ウルフ村田推奨銘柄 アンジェス(4563)株価

アンジェスの最初の材料が出たのは6月6日の急動意後です。したがって好材料が出ることを事前に把握していた投資家が買いを入れたのでしょう。

情報収集に長けた投資顧問であれば、アンジェスの買い推奨を同タイミングに出せると考えられます。

今回の材料は画期的で、実際に販売時期に対する言及もあったため、アンジェスの業績にも大きく寄与するというリアルな見通しが蔓延したことによるでしょう。

 

仕手的な買い注文が発生!

しかし、それ以外にも活発的な値動き自体が買い材料化している節もあります。

東証はアンジェスを6月13日からの日々公表銘柄に指定したものの、具体的な信用規制がかかったわけでもないため、短期資金の買いが継続していたりと急騰する要素は存在していました。

しかし、この上昇には仕手的な買い注文がところどころで見られたため、一定以上の分析力と判断力があれば初動に出遅れても買いに入るポイントは多くあったはずです。

 

買いの推奨日はいつだった?

ウルフ村田 銘柄 アンジェス(4563)株価

ウルフ村田 銘柄 アンジェス(4563)株価

ウルフ村田がセミナー参加者にアンジェスを推奨した明確な日付は不明ですが、口コミの多くが7月13日時点でまだホールドさせられていたと述べています。

その日はアンジェスの株価が25日移動平均線を割り込んだ日ですね。通常であれば25日線を下抜けるのは売りポイントのサインですので、この事実は市場心理に悪影響を及ぼします。

この後株価が一時反転して7月24日まで上昇しますが、これは横ばいの相場をブレイクするための売りの誘いであることが見て取れます。

その後の株価jmcは8月9日にネックライン割れを起こすほどに下降していますね。取引指示としては失敗しています。

 

セミナー生が損失を含んでいた可能性も・・

以前騒ぎとなったニチダイもそうですが、ウルフ村田は急伸した株価に投資家にあおりを入れて、買い推奨を行うことが多いですね。

今回のアンジェスに関する口コミを見ていてもその傾向がうかがえます。決定的な下落をしていなかったとはいえ、6月6日以降に見られた200円のボラティリティは小さくありません。買い株数によっては巨額の損失を含むこととなります。

一部の検証記事には、仕手筋や空売りトレーダーの売り玉にぶつけるために、ウルフ村田が手先となってセミナー参加者に買いを煽っているという情報も見つけました。

たしかに相場の世界で似たようなことは頻繁に起こっています。しかしこれが事実であればウルフ村田は知名度を利用し、リテラシーの低い初心者の金銭を吸い上げる悪徳行為を行っていることになります。

 

まとめ

相場の世界は非常にシビアでこのように他人を食い物にしようとする輩が多く存在していますので、せめて自身が餌食にならないように注意することが重要です。

情報を利用して投資で儲けるには、情報元のこれまでの実績に焦点を当てて考えてみるのも一つの手です。

例えば雅投資顧問は直近の推奨銘柄は+164.7%上昇し、これまでの実績も高いです。決して知名度があり有名がすべてではないということです。

コメントを残す

one × 2 =