注目のキーワード株探TMJ投資顧問503.7%上昇↑

熊谷亮氏の評判や経歴は高評価?2chで話題の○○も検証

 | 0件のコメント

熊谷亮氏の評判や経歴はどう?

熊谷亮氏は「マエストロ株式ボナセーラ」代表、且つ投資分析者・助言者を務めています。

テクニカル分析を重視しており、主に短期上昇期待銘柄を提案するアナリストです。

また驕りの無い謙虚な姿勢も人物像として好感されており、現在まで発売された株関連の書籍は全て記録的ベストセラーを叩き出しています。

 

熊谷亮氏による著書『株ドカン: あなたの人生を劇的に変える株の本』

熊谷亮氏による著書

やはり書籍の内容に関しても大きな利益が期待される銘柄の見つけ方から、買い方・売り方まで全てをルール化し、非常にシンプルかつ実践的であると言われているようですね。

 

株式投資を始めたのは1992年からで、短期売買で儲けるためにテクニカル分析に傾倒している模様です。

アグレッシブなトレードというよりは、欲をかかない着実性の高いスタイルをモットーとしているとの事で、それは現在も熊谷亮氏の成功の基礎となっているようです。

 

現在は「マエストロの株式ボナセーラ」の運営者として、大型銘柄から中小型銘柄に至るまで短期上昇が期待される値動きのよい銘柄をピックアップし、同サービスの会員会員向けに推奨を行っています。

もう少し具体的な部分を見ると、銘柄推奨時には利益確定とロスカットの株価を明記している事。

さらに顧客には、日々フォローを親切丁寧に行う姿勢が好感を呼んでいます。

 

2chで話題のYahooファイナンスMVPは本当?

 

熊谷亮氏のテクニカル分析による的中率は高いため、Yahoo!ファイナンスの投資の達人といった株価予想サイトにおいても多くの個人投資家から支持を得ています。

具体的な実績としては、2012年に初代年間MVPに輝き、翌2013年もMVPを2年連続で受賞。さらに2014年も勝率&連勝1位を達成。76連勝という記録を打ち立てています。

 

一見素晴らしい実績ですが、2chの板での評価は異なるようで・・

どうやら8:59に予想に入り、薄い板で一気に株価上昇。

その繰り返しで連勝記録を上げていったとの投資家の声がスレッドで荒れていました。

事実であれば輝かしいMVPも偽ブランドのようなものですからね、謙虚なイメージがあるだけに残念な点です。

 

 

熊谷亮氏とマエストロの株式ボナセーラとの関連性

熊谷亮氏は投資顧問サイト「マエストロ株式ボナセーラ」の運営会社である「株式会社クマガイサポート」の代表取締役を務めています。

熊谷亮氏による投資顧問サイト『マエストロ株式ボナセーラ』

マエストロ株式ボナセーラ

このサイトの中でもコンセプトとして熊谷亮氏の「着実な利益を積み重ねる」という考え方が反映されていますね。

2倍や3倍といった大きい利益を狙うのではなく、あくまで短期で8%程の利益を狙っていくという事です。

 

利益獲得に対する考え方として間違ってはないでしょうが、有料で利用する投資顧問サービスである事を鑑みると、いまいち消極的ではないかと感じてしまいます。

マエストロ株式ボナセーラの利用料は業界水準から見てもさほど高いわけではありませんが、間違いなくインパクトには欠けますね。

 

助言者である熊谷亮氏の実績があるからこそ説得力は保たれていますが、ここは利用者の好みは分かれそうなところです。

サイト内のブログやレポートを読んでみると、たしかにシンプルで読み易い内容とはなっているものの、その反面独自性の乏しさも感じる事となりました。

 

他の投資顧問サイトや株情報サイトでも載っていそうな内容なので、イマイチ同業他社と比較して優位性を感じ難いところです。

 

 

謙虚な姿勢で好感も持てるが・・・

着目すべき点は、銘柄推奨実績のコメントでしょう。

これも基本的に「目標を達成出来たか否か」というシンプル極まりないものですが、その中に幾つか「その上での反省点」が書かれている銘柄も見受けられます。

多くの投資顧問サイトがドヤっ気満載で実績を押し出してくるのに対し、熊谷亮氏は謙虚に自身に対する反省点も挙げています。こういった姿勢が、熊谷亮氏が人格者として世間から好評価を得ている点なのでしょう。

 

そもそも多くの投資顧問サイトの実績は、買い推奨した後、その取引に対しどのようなイグジットをしたのかが記されていない事が多いですね。ただ気になるのが、マエストロ株式ボナセーラの推奨銘柄実績が訂正されている事です。

推奨銘柄実績が訂正される。

推奨銘柄実績の訂正

 

しかし「表記に誤りがあった」という報告はあるものの、4銘柄も間違うものかと思ってしまいます。まあ訂正した事により、実績は総体的にさらに良くなっていますので、故意に良く見せようと偽造したというわけではなさそうですね。

 

これが逆であれば、「偽造をどこからか指摘された事により訂正をした」とも思われかねませんが・・・

何にしても故意であろうが無かろうが、実績の誤表記があった点はマエストロ株式ボナセーラのマイナスポイントである事には変わりありません。

 

 

シルバーホーク総括

熊谷亮氏の評判を見てみようと口コミや検証サイトを覗いたところ、最近の実績に対してネガティブな書き込みが散見されました。

いわゆる芳しくないという事ですね。冒頭でも申し上げた2chの件も引っかかります。

 

Yahoo!ファイナンスの投資の達人では、勝率が一時30%程まで落ち込んた時もあったようです。マエストロ株式ボナセーラのサイト上にもありますが、熊谷亮氏は基本的なエントリー方法を公開しています。

といってもそれは「順張りの押し目買い」「下落後の逆張り」「ブレイク狙いの追撃」といった基本的なものですが、恐らく熊谷亮氏のパフォーマンスが落ち込んだのは、2017年1月後半からの日経平均株価の急落時期によるものでしょう。

むしろそういった局面では8%抜きというのは、逆張り時等には優位性を持つかもしれません。しかしこの時期は戻りも殆ど無かったので、小反発を狙ったとしてもことごとく逆行してしまう事となるでしょう。

まして目論み利益を8%とするなら、ロスカットも必然的に近くなるため勝率が落ち込むのは自明の理です。

 

 

不自然に感じる原資の上昇率と勝率

また熊谷亮氏の過去のパフォーマンスに関しても、高過ぎであったり数字として不自然である点も指摘されています。

基本的に8%で利益確定をするはずなのに3ヶ月で原資が500%近くになっているという表記もありました。その上で勝率が約5割となっていたので、計算上不自然です。

 

マエストロ株式ボナセーラの評判を見ている限り、悪徳投資助言サイトの印象はありませんが、推奨銘柄実績の誤表記の件もあったため、残念な気持ちにはなります。

仮に実績が事実であったとしても、所々に詰めの甘さが散見されるため熊谷亮氏は余計なところで自身の評価を落としてしまっていると言わざるを得ません。

その面安定した高評価を得ている高見英治氏が代表を務める投資顧問ベストプランナーや、大口投資家も絶賛する中野稔彦が代表の雅投資顧問がおすすめできるでしょう。

コメントを残す

4 × three =